龍村製緻密な織りの色打掛一式【utk04】

【着物のプロが監修】打掛の色で印象が変わる!結婚式にぴったりな色の選び方

はじめに

結婚式は、人生における最も特別な瞬間の一つであり、その中心となるのが新郎新婦の衣装選びです。特に日本の伝統的な結婚式においては、和装が大きな役割を果たします。和装婚では、新婦の装いとして選ばれることが多いのが「打掛」です。打掛は、色鮮やかで華やかな外套の一種であり、白無垢や色打掛の上から羽織ることで、結婚式の華やかさと格式をさらに高めてくれます。

ここでは、打掛とその重要性、そして色選びの基本について紹介します。結婚式を控えた方々が打掛選びに迷われないよう、基礎から応用まで幅広く解説していきますので、この機会に打掛という伝統衣装の魅力に触れ、自分にとって最適な一着を見つける参考にしていただければ幸いです。

打掛とは?和装婚におけるその役割

打掛は、日本の伝統的な結婚式において新婦が着用する外套です。豪華な刺繍や染めが施された打掛は、新婦の美しさを一層引き立てるとともに、結婚式の重要なシンボルとしても機能します。伝統的な白無垢から色打掛への衣替えは、新婦が新しい生活を始めることを象徴しており、多くの結婚式で最高潮の瞬間を飾る衣装にふさわしい衣装です。

打掛の役割は、単に美しい衣装を提供することだけではありません。打掛は、結婚式という一生に一度のイベントをより格式高く、思い出深いものにするための重要な要素です。打掛を選ぶ際には、その色やデザインが結婚式全体のテーマや新婦の個性とどのように調和するかを考えることが大切です。

色選びの基本:結婚式での打掛の意味

打掛の色選びは、結婚式の雰囲気やテーマに大きく影響を与えます。伝統的な赤は、幸福や繁栄を象徴し、結婚式において最も一般的に選ばれる色の一つです。一方で、白は純潔や新たな始まりを意味し、白無垢から色打掛への衣替えは、新婦の人生における大きな変化を表します。

近年では黒や紺、緑など、伝統的な色以外の打掛も人気を集めています。これらの色は、新婦の個性や結婚式のテーマに合わせて選ばれ、唯一無二の結婚式を創出するための要素となり得ます。また、小物や髪型との組み合わせによっても、打掛の印象は大きく変わります。たとえば、赤い打掛に緑の小物を合わせることで、より華やかで伝統的な雰囲気を演出することができます。

打掛の色選びは、結婚式を彩る重要な要素です。色の意味や象徴性を理解することで、自分たちの結婚式に最適な打掛を選ぶことができるでしょう。

ここでは、打掛の基本から応用まで、色選びのポイントをわかりやすく紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。打掛の選び方やその意味についての理解を深め、結婚式での和装選びに役立てていただければと思います。

打掛の色の基礎知識

結婚式における打掛選びは、新婦にとって楽しみでありながらも重要な決断の一つです。打掛の色は、結婚式全体の雰囲気やテーマ、さらにはカップルの個性を映し出すポイントとなります。ここでは、色が持つ意味やどのような影響を与えるのか、そして定番の色について解説していきます。色選びに迷っている方や、自分たちの結婚式にふさわしい打掛を見つけたい方に向けて、打掛の色の基礎知識をご紹介します。

何色を選ぶべき?色の意味とその影響

打掛の色一つを選ぶことで、結婚式の雰囲気は大きく変わります。色にはそれぞれ異なる意味が込められており、結婚式という特別な日において、幸福や繁栄などの願いを象徴する重要な役割を担います。

  • 情熱、幸福、そして繁栄を象徴する色で、多くの結婚式で好まれる選択肢です。
  • 純潔、新たな始まりを意味し、白無垢から色打掛への衣替えは、新しい人生のスタートを象徴します。
  • :格式高い印象を与え、落ち着いた雰囲気の中にも深い愛や絆を表現します。
  • 自然と調和、新生活の成長と発展を願う気持ちを表す色です。

色選びは個人の好みだけでなく、結婚式の場所や季節、そして何よりもカップルの物語や願いを反映させることが大切です。打掛の色を選ぶ際には、これらの意味を心に留め、自分たちの結婚式に何を伝えたいのかを考えることが重要です。

定番の色とは?赤・白地・紺・緑・黒の解説

打掛にはさまざまな色がありますが、特に定番とされる色にはそれぞれ独特の魅力と意味があります。ここでは、赤、白地、紺、緑、黒に焦点を当て、それぞれの色が持つ象徴と結婚式における役割について紹介します。

  • : 赤い打掛は、その鮮やかさと華やかさで、結婚式に幸福と繁栄をもたらすとされています。伝統的な結婚式では特に人気の高い色で、新婦を一層引き立てる色として選ばれます。
  • 白地: 白地の打掛は、純潔と新たな始まりの象徴です。白無垢からの衣替えで使用されることも多く、新生活への清らかなスタートを意味します。
  • : 紺色の打掛は、深い信頼と安定した愛を象徴します。格式高く落ち着いた印象を与えるため、シックな結婚式にぴったりです。
  • : 緑色は自然との調和や新しい生活の成長を象徴する色です。春や初夏の結婚式に選ばれることが多く、新鮮で明るい印象を与えます。
  • : 黒い打掛は、他の色と組み合わせることで、その美しさが際立ちます。落ち着いた雰囲気の中にも、強い絆や深い愛を象徴する色として選ばれることがあります。

色選びは、結婚式の雰囲気を決定づける重要な要素の一つです。定番の色を選ぶことも、自分たちの個性や物語を反映させる一つの方法です。色の意味を理解し、自分たちの結婚式に合った打掛を選ぶことで、忘れられない一日を演出することができるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやの龍村製緻密な織りの色打掛一式【utk04】は、着物愛好家の憧れである龍村美術織物が作った色打掛です。数えきれないほどの種類の色糸を使い、無数の鳥が織り出されています。

能舞台の感動が蘇る色打掛一式【utk05】は、オレンジの背景に、緑や青の松が描かれ、能を舞う様子が織り出された、アンティーク色打掛です。すべて織りで表現された、一点もののきものです。

和装に合わせる小物の選び方

和装での結婚式では、打掛だけでなく、それに合わせる小物選びも非常に重要です。小物は打掛との調和はもちろん、新婦の個性や結婚式全体のテーマを反映させるためのキーアイテムとなります。ここでは、和装に合わせる小物の選び方と、小物を用いて加える色のニュアンス、さらには髪型と打掛の色との調和について解説します。これらのポイントを押さえることで、結婚式の和装スタイルを一層引き立てることができるでしょう。

小物で加える色のニュアンスとは?

小物を選ぶ際には、打掛の色とのバランスを考えることが大切です。打掛がシンプルな色合いの場合は、小物で色を加えることで全体の印象にアクセントをつけることができます。逆に、打掛が華やかな色や柄である場合は、小物を控えめにすることで、洗練された印象に仕上げることが可能です。

  • 赤の打掛金色や銀色の小物を合わせることで、華やかさをさらに引き立てることができます。
  • 白の打掛パステルカラーの小物を取り入れることで、柔らかく優しい雰囲気を演出することが可能です。
  • 黒や紺の打掛赤や白などの明るい色の小物を合わせることで、モダンな印象に仕上がります。
  • 緑の打掛黄色やオレンジの小物を加えることで、自然と調和した明るいスタイルを作ることができます。

小物で色を加える際には、色の意味や季節感も考慮すると、より一層結婚式のテーマや雰囲気に合ったスタイリングを楽しむことができます。

髪型と打掛の色の調和:選び方のポイント

髪型と打掛の色の調和も、和装スタイルを決める上で重要な要素です。打掛の色やデザインに合わせて髪型を選ぶことで、結婚式の装いが一層引き立ちます。

  • シンプルな色の打掛華やかな髪飾りや大きめの簪(かんざし)を使って、髪型に華やかさを加えることができます。
  • 華やかな色の打掛髪型をシンプルにまとめ、控えめな髪飾りを選ぶことで、打掛が主役のスタイリングになります。

打掛の色に合わせて、髪飾りの色を選ぶこともポイントです。例えば、赤の打掛には白や金色の髪飾りを合わせることで、和装の美しさを際立たせることができます。

髪型と打掛の色との調和を考える際には、全体のバランスを見ながら、結婚式の場所や季節、そして自分自身が最も輝けるスタイルを選ぶことが重要です。小物や髪型を上手に組み合わせることで、和装婚の魅力を最大限に引き出し、忘れられない結婚式にすることができるでしょう。

お色直しにおける打掛の役割

結婚式において、新婦が行う「お色直し」は、ゲストに新たな印象を与える大切な演出の一つです。お色直しで着替える打掛は、結婚式の雰囲気を一新させるだけでなく、新婦の魅力を再度際立たせる役割を果たします。ここでは、お色直しにおける打掛の選び方と、その役割について解説します。お色直しを通じて、新婦がさらに輝く瞬間を演出するためのポイントをご紹介しましょう。

お色直しは、新婦が結婚式でもう一度中心となり、注目を浴びる機会です。最初に白無垢などの伝統的な衣装を着用した後、色打掛に着替えることで、新たな魅力をゲストに見せることができます。お色直しに選ばれる打掛の色やデザインは、結婚式のテーマや季節、会場の雰囲気によっても変わりますが、新婦の個性を表現するための絶好の機会とも言えるでしょう。

お色直しで考えるべき打掛の色選び

お色直しでの打掛の色選びは、結婚式の印象を大きく左右します。第一印象とは異なる雰囲気を演出したい場合は、初めに着た衣装とは対照的な色やデザインを選ぶことが一般的です。例えば、最初が白無垢であれば、お色直しでは鮮やかな赤や華やかな金彩が施された打掛を選ぶことで、ゲストに新鮮な驚きを提供できます。

  • 季節に合わせた色選び: 春には桜や淡いピンクを、夏には爽やかな緑や青を、秋には落ち着いた紅葉の色やゴールドを、冬には雪の白や深みのある紺や紫を選ぶと良いでしょう。
  • テーマに合わせた色選び: 結婚式のテーマが和モダンであれば、伝統的な色合いにモダンなデザインを取り入れた打掛を、ロマンティックなテーマであれば、愛や幸福を象徴する色を選ぶと統一感が出ます。

二次会やお色直しでの色の選び方とその意味

二次会やお色直しでは、もう少しカジュアルな雰囲気や、パーティーのムードに合わせた打掛を選ぶことができます。この場合、打掛の色選びにおいては、より自由度が高まり、新婦の個性や好みを反映させやすくなります。

  • 楽しく明るい雰囲気に明るい黄色やオレンジ、ピンクなどは、パーティーの楽しい雰囲気を盛り上げてくれます。
  • シックでモダンな印象に黒や紺、グレーなどの打掛は、二次会の洗練された雰囲気に合わせやすく、モダンな印象を与えます。

お色直しや二次会での打掛選びは、新婦にとって二度目の主役となるチャンスです。色の意味を考えながら、自分らしさを表現できる打掛を選ぶことで、結婚式や二次会をさらに特別なものにすることができるでしょう。

打掛選びにおける費用と相場

結婚式の和装選びにおいて、打掛の費用は新郎新婦にとって非常に気になる点の一つです。打掛は結婚式のスタイルを大きく左右するため、予算内で最適な選択をすることが望ましいです。ここでは、打掛の費用を抑える方法と和装衣装の費用相場について解説します。費用に関する知識を持つことで、結婚式の準備をよりスムーズに進めることができるでしょう。

打掛の費用を抑える方法とは?

打掛の費用を抑えるためには、いくつかの方法があります。予算を効率的に使い、理想の結婚式を実現するためのポイントを紹介します。

  • レンタルを検討する: 新品を購入するよりも、レンタルの方が費用を大幅に抑えることができます。最近では、高品質でデザイン性に富んだ打掛をレンタルできるサービスも増えています。
  • 期間限定のキャンペーンを利用する: 結婚式場やレンタルショップでは、時期によってキャンペーンを行っていることがあります。打掛レンタルの割引など、お得な情報をチェックしましょう。
  • セットでのレンタルを検討する: 打掛だけでなく、小物や髪飾りも含めたセットでレンタルすることで、トータルでのコストを抑えることが可能です。
  • 中古品を検討する: 中古の打掛も一つの選択肢です。使用された回数が少なく、状態の良いものを選べば、コストパフォーマンスに優れた選択ができます。

和装衣装の費用相場とその内訳

和装衣装の費用は、選ぶ打掛の種類やレンタル、購入の選択によって大きく変わります。一般的な相場としては、レンタルであれば30万円から300万円程度、購入であればさらに高額になります。和装衣装の費用相場を知ることで、予算計画を立てやすくなります。

  • レンタルの場合の相場: 打掛のレンタル費用は、デザインや素材によって異なりますが、一般的には30万円から300万円程度が相場です。高級感のあるものや人気デザイナーのものは、それ以上になることもあります。
  • 購入の場合の相場: 打掛を購入する場合は、新品であれば数十万円から数百万円と幅広い価格帯があります。中古品であれば、費用を抑えることができますが、状態をしっかりと確認することが重要です。
  • 内訳: 和装衣装の費用には、打掛のほかに小物や髪飾り、着付けやヘアメイクの費用も含まれます。全体のコストを考える際には、これらの費用も考慮に入れる必要があります。

打掛選びにおける費用と相場について理解することで、予算内で理想の和装を選ぶための参考になるでしょう。費用を抑えつつも、結婚式のスタイルに合った打掛を見つけるために、上記のポイントを活用してください。

打掛と結婚式場の調和

結婚式の準備を進める中で、打掛と結婚式場の調和は非常に大切な要素です。結婚式場の雰囲気と打掛が一致していると、結婚式全体の印象が一層美しく、統一感のあるものになります。ここでは、結婚式場の雰囲気に合わせた打掛の色の選び方と、場所によって選ぶべき打掛の色がどのように変わるかについて解説します。打掛選びの際には、これらのポイントをぜひ参考にしてください。

結婚式場の雰囲気と打掛の色の合わせ方

結婚式場の雰囲気は、自然光の多いオープンエアの場所から、格式高いホテルのバンケットルーム、歴史ある神社やお寺などさまざまです。これらの場所の特徴を生かした打掛の色選びが、結婚式の美しさを引き立てます。

  • 自然光の下での結婚式: 自然光の下では、明るい色やパステルカラーの打掛が映えます。特に春や夏には、ピンクや水色などの爽やかな色がおすすめです。
  • 格式高い場所での結婚式: ホテルの豪華なバンケットルームなどでは、赤や黒などの深みのある色の打掛が、その場の雰囲気にマッチします。
  • 歴史的な場所での結婚式: 神社やお寺での結婚式には、伝統的な白無垢や純和風のデザインの打掛がふさわしいです。白無垢から色打掛への衣替えをする場合も、場所の雰囲気に合った色選びが重要です。

場所によって選ぶべき打掛の色は変わる?

結婚式場の特徴に合わせて打掛の色を選ぶことは、結婚式の雰囲気を左右する重要なポイントです。結婚式場の雰囲気やテーマ、季節感にマッチした打掛を選ぶことで、ゲストにも美しい印象を与えることができます。

  • アウトドアやガーデンウェディング: 明るい日差しと緑豊かな景色には、明るく華やかな色の打掛がマッチします。自然との調和を考えた色選びがポイントです。
  • ナイトウェディング: 夜に行われる結婚式では、ゴールドやシルバーのアクセントが効いた打掛や、光の反射を美しく見せる色がおすすめです。
  • 伝統的な和婚: 神社やお寺での結婚式では、日本の四季を感じさせる色選びが良いでしょう。例えば、秋には紅葉をイメージした色、春には桜を連想させる淡いピンクなどが適しています。

結婚式場の雰囲気と打掛の色を上手に合わせることで、一生の記憶に残る美しい結婚式を実現することができます。結婚式の場所やテーマ、そして自分たちの好みを反映させた打掛選びを楽しんでください。

こだわりの打掛選び

結婚式の和装選びにおいて、打掛は新婦の個性とスタイルを最も表現するアイテムの一つです。こだわりの打掛を選ぶことで、一生に一度の結婚式をより特別なものにすることができます。ここでは、自分だけの個性を出すための色選びのポイントと、素敵な打掛を見つけるために活用できるサービスについて解説します。

個性を出す!こだわりの色選び

打掛の色選びは、新婦の個性や結婚式のテーマを表現する絶好の機会です。伝統的な赤や白以外にも、さまざまな色から自分らしい一着を選ぶことができます。

  • 自分の好きな色を選ぶ: 個性を出す最も簡単な方法は、自分の好きな色を選ぶことです。好きな色の打掛を着ることで、自然と笑顔が増え、結婚式の雰囲気も明るくなります。
  • 季節感を取り入れる: 結婚式の季節に合わせて色を選ぶのも一つの方法です。春なら桜のピンク、秋なら紅葉の赤やオレンジといったように、季節感を取り入れることで、ゲストにも季節の移り変わりを感じてもらえます
  • テーマや会場に合わせる: 結婚式のテーマや会場の雰囲気に合わせた色選びも、こだわりの表現方法です。例えば、ナチュラルウェディングなら緑やベージュ系クラシカルな雰囲気なら濃い紺や黒を選ぶと良いでしょう。

サービスを活用して素敵な打掛を選ぶ方法

素敵な打掛を見つけるためには、専門のサービスを活用するのがおすすめです。以下に、打掛選びに役立つサービスを紹介します。

  • レンタルサービスを利用する: 最新のトレンドや多様なデザインの中から、自分に合った打掛を選べるレンタルサービスは、こだわりの打掛選びには欠かせません。専門スタッフのアドバイスを受けながら、理想の一着を見つけましょう。
  • オーダーメイドサービスを検討する: 完全オリジナルの打掛を作りたい場合は、オーダーメイドサービスが適しています。自分だけのデザインや色で、世界に一つの打掛を作ることができます。
  • 着物専門のイベントに参加する: 着物や和装に関するイベントでは、多くの種類の打掛を一度に見ることができます。実際に色々な打掛を見て触れることで、自分の好みをより明確にすることができるでしょう。

こだわりの打掛選びでは、自分の個性や結婚式のコンセプトを大切にしながら、最適な色やデザインを選ぶことが重要です。上記のポイントやサービスを活用して、結婚式で輝く自分だけの打掛を見つけてください。

まとめ

結婚式の準備中でも特に心を込めて選びたいのが、新婦を彩る打掛です。色やデザインの選択は、結婚式のテーマや新婦の個性を表現する重要な要素となります。この記事では、打掛の選び方から、色の意味、結婚式場との調和、費用の抑え方に至るまで、幅広く解説しました。打掛の色選びで迷ったときのアドバイスと、あなたに合った打掛を選ぶためのチェックリストを最後にお伝えします。これらを参考にして、あなたらしい最高の一着を見つけてください。

打掛の色選びで迷ったときの最終アドバイス

打掛の色選びで迷ったときは、まずは自分の直感を信じることが大切です。自分が直感的に惹かれる色やデザインは、あなたの個性や好みを反映している可能性が高いです。また、結婚式のテーマや季節、会場の雰囲気を考慮し、それらと調和する色を選ぶことも重要です。さらに、専門家の意見を参考にするのも良いでしょう。ウェディングプランナーや和装コンサルタントなど、プロの視点から最適なアドバイスをもらうことができます。

あなたに合った打掛を選ぶためのチェックリスト

打掛を選ぶ際には、以下のポイントをチェックリストとして活用してください。

  1. 自分の好きな色は何か:まずは自分の好みを優先しましょう。
  2. 結婚式のテーマや雰囲気:テーマに合った色を選ぶことで、結婚式全体の調和が取れます。
  3. 季節感:春夏秋冬、それぞれの季節に合った色を選ぶと、季節感を演出できます。
  4. 会場の雰囲気:結婚式場の特徴に合わせた色選びをしましょう。
  5. 費用と予算:レンタルや中古、キャンペーンを利用するなど、予算内で選ぶ方法を考えます。
  6. 専門家のアドバイス:迷ったときは、プロの意見を参考にするのも一つの方法です。

打掛選びは、結婚式の準備過程で最も楽しい瞬間の一つです。自分らしさを表現するためにも、こだわりを持って選びたいものです。この記事が、あなたが理想とする打掛を見つけるお手伝いができれば幸いです。あなたの結婚式が、心に残る美しい一日になりますように。

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

錦紗縮緬の水色に花丸紋様の色振袖【fui114】

アンティーク振袖で成人式をおしゃれに&レンタルで準備を便利に!

はじめに 成人式は、若者が成人として社会に一歩を踏み出す大切な節目です。この特別な日にふさわしい装いを選ぶことは、多くの女性にとって一生の思い出となるものです。その中でも振袖は、成人式にふさわしい衣装の一つとして人気が高 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!