衣桁に晴れ着が掛けられた五つ紋付黒留袖【tom46】

【着物のプロ監修】比翼とは?留袖の着用シーンとお手入れ方法完全ガイド

着物は日本の伝統的な衣装であり、その中でも「留袖」は特に格式の高い着物として知られています。この着物は、結婚式などの特別な場面で着用されることが多く、特に新郎新婦の親族が着用します。留袖は「黒留袖」と「色留袖」に種類が分かれますが、黒留袖は最も格式が高い着物として知られています。

黒留袖や色留袖には、その他の着物にはない特徴があります。それは、比翼と呼ばれるものです。聞きなれない言葉であるため、初めて耳にする方も多いかもしれません。比翼は、フォーマルな場面にふさわしい留袖には欠かすことができない重要なものです。

この記事では、これから黒留袖や色留袖を着用される方に事前に知っておいていただきたい、留袖の特徴や比翼についての基礎知識を解説します。また、留袖の選び方や保管方法など知っておきたい情報も紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な黒留袖・色留袖をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。

\最高の一日に最高の留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/ 

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

留袖の基礎知識

留袖は、日本の伝統的な着物の中でも特に格式高い位置づけにあります。結婚式などの正式な場において、既婚女性が着用することが一般的なこの着物は、豪華な装飾や繊細な柄が特徴です。留袖にはさまざまな種類があり、それぞれに独特の美しさと意味が込められています。また、留袖には家紋が入ることが多く、これは日本の伝統的な文化や家族の歴史を象徴しています。ここでは、留袖の種類とその特徴、そして家紋の意味と重要性について詳しく解説します。

留袖の種類と特徴

留袖には大きく分けて「黒留袖」と「色留袖」の二種類が存在します。黒留袖は、その名の通り、基本的に黒色の布に豪華な柄が描かれた着物で、結婚式の披露宴などで新郎新婦の親族が着用することが一般的です。黒留袖の柄は、裾に向かって広がるように描かれており、季節の花や古典的な意匠が用いられることが多いです。

これに対して、色留袖は黒以外の色で仕立てられた留袖で、親族の中でも新郎新婦からやや遠い血縁関係にある女性や、親族の中でも未婚女性が着用することができます。色留袖は、黒留袖ほどの格式はないものの、よりバリエーション豊かな色や柄を楽しむことができます。なお、色留袖でも家紋を5つ入れると、黒留袖と同様の格式になります。

留袖における家紋の意味と重要性

留袖に家紋を入れる習慣は、日本の歴史や文化に深く根ざしています。家紋とは、家系を象徴する印であり、留袖には通常、背中と両胸、両袖の計五か所に入れられます。これを「五つ紋」と呼び、留袖を着る際の最も正式な形とされています。家紋は、その家の歴史や伝統、家族の結束を象徴するものであり、結婚式などの重要な場面でこれを着用することは、自分たちの家族を尊重し、家族や先祖に守られているという意味が込められています。

家紋が入った留袖を着ることは、単に美しい伝統的な衣服を着るということ以上の意味を持っています。それは、長い歴史の中で受け継がれてきた家族のバトンを次世代に渡す行為であり、その家族独自の文化や伝統を尊重し、継承するという重要な役割を果たしています。また、家紋を入れることによって、留袖は一層格式高い装いとなり、特別な場にふさわしい威厳と美しさを持ちます。

留袖とその家紋は、日本の伝統文化の中でも特に重要な位置を占めており、結婚式などの大切な場面でこれらを着用することは、家族の絆を確認し、未来へとつなげていくための大切な儀式と言えるでしょう。留袖に関する知識を深めることは、日本の伝統や文化をより深く理解することにもつながります。

\最高の一日に最高の留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/ 

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

比翼仕立ての留袖とは

留袖の比翼仕立ては、着物の格式を高めるための重要な要素の一つです。特に正式な場での着用が求められる留袖において、比翼仕立てはその装いを一層特別なものにします。ここでは、比翼仕立ての基本構造から、比翼仕立てが選ばれる主な理由までを詳しくご紹介します。

比翼仕立て留袖の基本構造

比翼仕立てとは、着物の衿元、袖口、振り、裾回しの部分に白い布を重ねて縫い付け、着物を2枚着ているように見せる仕立て方を指します。この重ね布を比翼地と言います。比翼地は着物の内側に縫い付けられ、衿元や袖口からちらりと見えるようにします。しかし、裾の下から比翼地がはみ出て見えることはふさわしくありません。着用の前に比翼地が裾からはみ出ていないか、注意して確認しましょう。

比翼仕立てが選ばれる主な理由

本来、留袖は「祝いを重ねる」という意味で、白羽二重の着物を重ねて着用していました。留袖と白羽二重の着物を重ねて着ることを、比翼重ねといいます。現在は簡略化され、2枚の着物を重ねて見えるように比翼仕立てにしているのです。この歴史と伝統が、留袖に比翼仕立てが選ばれる理由です。

比翼仕立ての留袖は、美しく見えるだけではなく、歴史の中で育まれてきた伝統を持っています。それこそが、特別な場での装いとして選ばれる理由なのです。このような細部へのこだわりが、日本の伝統衣装である着物の魅力をより深く、そして豊かにしています。

\最高の一日に最高の留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/ 

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

留袖の色の選び方

留袖の色はその場の格式や着用者の立場を表すための重要な要素であるため、選ぶ際には気をつけたいものです。また、留袖の布の種類は着心地や見た目に大きく影響します。ここでは、留袖の色、特に黒留袖と色留袖の違い、そして布の種類である正絹とその他の布地の特性について詳しく解説します。

黒留袖と色留袖の違い

留袖には大きく分けて「黒留袖」と「色留袖」があり、着用する場での自分の役割や立場によって選びます。黒留袖は、その名の通り、基本的に黒色が基調となっており、結婚式などのフォーマルな場で新郎新婦の母親や近しい親族が着用するのが一般的です。黒留袖の特徴は、豪華な柄が裾にあしらわれていることです。

色とりどりの鶴舞う黒留袖」深い黒地に赤い鶴や梅、竹などのおめでたい柄を描いたアンティーク黒留袖です。手刺繍や金彩がたっぷりと施された豪華な一枚は、晴れの日にふさわしい華やかさです。

江戸友禅に手刺繍の南蛮船、大彦製五つ紋付黒振袖」大海原を進む南蛮船を描いた、大彦のアンティーク黒留袖です。南蛮船は細やかな刺繍で立体的に表現され、圧倒的な存在感を放ちます。順風満帆に進む南蛮船に、二人の人生の門出を祝福する気持ちを込めた装いです。

一方、色留袖は、黒以外のさまざまな色で仕立てられた留袖で、黒留袖ほどの格式はありませんが、結婚式で新郎新婦から遠い血縁の親族や、未婚の親族が着用します。結婚式以外でもその他のフォーマルな場で着用されます。色留袖は、黒留袖よりもカラーバリエーションが豊富で、個々の好みや季節に合わせて選ぶことができるため、より個性的な装いを楽しむことができます。

ジャスパーグリーンに扇の手刺繍の色留袖」裾に大きくぼかしを入れたジャスパーグリーン地に、たくさんの扇を描いた現代物の一つ紋付き色留袖です。ドロンワークの手刺繍を用いて模様を艶やかに表現し、おめでたい席に華やぎを添えます。

スイートグレー地に鳳凰や橘の一つ紋付色留袖」花菱を織り出したスイートグレーの地に、鳳凰や吉祥柄を横ラインに描いた一つ紋付きアンティーク色留袖です。古典的なモチーフを現代風にアレンジしたデザインは、正統派の装いのなかにさりげなく個性を加えられます。

正絹とその他の布地の特性

留袖の布地として最も一般的なのは「正絹」です。正絹は天然のシルクから作られており、美しい光沢としなやかな質感が特徴です。正絹の留袖は、高級感があり、特別な場での着用にふさわしい格式を持っています。また、正絹は保湿性と通気性に優れているため、長時間着用しても快適さを保ちやすいという利点もあります。

その他の布地には、ポリエステルや合成繊維などがあります。これらは正絹に比べて手入れが容易で、価格も比較的手頃であるため、普段使いや比較的カジュアルな場での着用に適しています。しかし、合成繊維の留袖は、正絹のものに比べると質感が劣る他、通気性や保湿性も正絹のものに劣ります。さらに、静電気が起きやすいという点もあります。

留袖を選ぶ際には、着用する場の性質や自分の役割、そして個人の好みを考慮して、色と布の種類を慎重に選ぶことが重要です。黒留袖や色留袖、正絹やその他の布地など、それぞれに適した場があり、これらを適切に選択することで、留袖の美しさを最大限に引き出すことができます。

\最高の一日に最高の留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/ 

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

留袖の適切な着用場面

留袖は日本の伝統的な衣装であり、特にフォーマルな場面での着用が一般的です。留袖の着用は、その場の格式や着用者の立場を表すために重要な意味を持ち、特に結婚式では非常に重要な役割を果たします。しかし、結婚式以外の場面でも留袖を着用する機会があります。ここでは、結婚式での留袖の役割と、その他の場面での留袖の着用機会について解説します。

結婚式での留袖の役割

結婚式は、留袖を着用する最も一般的な場面の一つです。特に新郎新婦の母親など直系の親族は、格式を示すために黒留袖を着用することが一般的です。黒留袖は、裾に豪華な柄が入った黒い着物で、結婚式のような正式な場で非常に重要な役割を持っています。

結婚式において留袖を着用する際には、家紋を入れることが一般的です。家紋は、その家族の歴史や伝統を象徴する印であり、留袖に家紋を入れて着用することは、家族の誇りを示すとともに、家族や先祖に守られているという意味も込められています。

その他の場面での留袖の着用機会

留袖は基本的に「おめでたい日」を祝うための衣装です。そのため、着用する機会は非常に限られています。結婚式が一般的ですが、結納式でも着用することがあります。結納式とは、両家の親族と仲人が顔をあわせる儀式のことです。この際、両家の母親と仲人夫人が黒留袖を着用します。

一方、黒留袖よりも格が低い色留袖も、基本的には親族の結婚式の際に着用します。ゲストとして結婚式に参列する時に、三つ紋や一つ紋で格式を低くして着用することはできます。しかし、一般的に留袖は新郎新婦の親族が着用する着物と見なされますので、親族と間違われてしまうかもしれません。ゲストとして結婚式に参加する時には、訪問着や振袖を着用するのがおすすめです。

左が黒留袖「大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖」、右が色留袖「牡丹の大彦に鶴松扇の龍村の帯、三つ紋付色留袖」です。実はこちら、同じ絵柄で仕立てられた非常に珍しい留袖です。お母様は一番格の高い黒留袖、ご親族は控えめな色留袖でコーディネートすると大変おしゃれですよ。このような特別感のある着こなしを楽しめるのも、多様な留袖を取り揃えているゆめやならではの魅力です。

留袖は、日本の伝統と文化を象徴する美しい衣装です。結婚式を中心としたフォーマルな場面で留袖を適切に着用することで、その場の格式を高め、日本の伝統を守り続けることができます。留袖の着用は、単なるファッションではなく、日本の美しい文化を表現する重要な手段であると言えるでしょう。

\最高の一日に最高の留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/ 

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

比翼仕立ての留袖のクリーニングと保管

比翼仕立ての留袖は、特別な場で着用する格式高い衣装です。そのため、クリーニングや保管には特別な注意が必要です。正しい方法でクリーニングと保管を行うことで、留袖の美しさと品質を長く保つことができます。ここでは、比翼仕立ての留袖のクリーニング時の注意点と、正しい保管方法について解説します。

クリーニング時の注意点

比翼仕立ての留袖をクリーニングする際には、いくつかの重要なポイントがあります。まず、クリーニングに出す前に半日から一日、陰干しをしましょう。また、留袖はデリケートな正絹でできていることが多いため、水洗いは避け、ドライクリーニングを選択することが一般的です。しかし、すべてのドライクリーニング店が着物専門のクリーニングを行っているわけではないため、事前に着物クリーニングの経験があるかを確認することが重要です。

着物専門のクリーニング店では、洗う前に生地の状態や刺繍、金箔などの状態を丁寧に確認してくれます。大切な留袖を長く愛用するために、クリーニングは着物専門のお店に預けることをおすすめします。

正しい保管方法とは

比翼仕立ての留袖の保管には、湿度の管理が非常に重要です。高い湿度や直射日光は、留袖の色褪せや生地の劣化を早めるため、避ける必要があります。留袖は通気性の良いたとう紙で包み、直接日光が当たらない場所に保管しましょう。

また、留袖を長期間保管する場合は、定期的に留袖を出して虫干しをし、風を通して生地についた湿気を取り除くことが重要です。これは、カビや虫食いを防ぐためにも効果的な方法です。

比翼仕立ての留袖は、適切なクリーニングと保管方法によって美しさを長く保つことができます。留袖は日本の伝統と文化を象徴する貴重な衣装であり、正しいケアによって次世代にもその美しさを受け継ぐことができるのです。

ゆめやのレンタルなら、貴重なアンティーク黒留袖をリーズナブルな価格でお召しいただけます。お選びいただいた黒留袖に合わせて、熟練のスタッフが帯や小物をコーディネートしてお届けいたします。また、ゆめやのレンタルなら着用後のお手入れや保管の心配もありません。着物を脱いだら、当日中に専用伝票で返送していただくだけでお片づけ完了です。格式高い黒留袖のコーディネートから面倒な後片づけまで、レンタルならではの気軽さで心ゆくまで着物をお楽しみください。

\最高の一日に最高の留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/ 

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

まとめ

この記事では、留袖と比翼仕立ての説明からクリーニング、保管方法に至るまで、留袖に関する基本的な知識とポイントを詳しく解説してきました。留袖は日本の伝統的な礼装であり、結婚式などの特別な場に着用されることが多い衣装です。そして比翼仕立ては、留袖の美しさと格式をさらに高めるための重要な要素です。ここで、これまでの要点をおさらいし、これから留袖を選ぶためのアドバイスをまとめます。

留袖と比翼仕立てのおさらい

  • 留袖の種類と特徴: 黒留袖は新郎新婦の母親など直系の親族の女性が結婚式で着用します。また、色留袖は新郎新婦からやや遠い血縁関係にある親族の女性や、親族の未婚女性が着用します。
  • 比翼仕立ての意義: 比翼仕立ては留袖の衿元、袖口、振り、裾回しに比翼地を重ねることで、2枚着物を重ねてきているように見せます。これには「祝いを重ねる」という意味があります。
  • クリーニングと保管: 正しいクリーニング方法と適切な保管方法を守ることで、留袖を長持ちさせることができます。

これから留袖を選ぶためのアドバイス

  • 目的に合った留袖を選ぶ: 結婚式などの場や立場に応じて、黒留袖や色留袖を選びましょう。
  • 比翼仕立てを理解する: 比翼仕立ての留袖を選ぶ際には、歴史や伝統を理解し、適切な場で着用しましょう。
  • クリーニングと保管に注意を払う: 留袖はデリケートな衣装なので、クリーニングや保管には特に注意が必要です。専門の業者に相談し、留袖を大切に扱いましょう。
  • 着物の専門家の意見を参考にする: 留袖選びや比翼仕立て、クリーニングと保管に関して不明点があれば、着物の専門家や信頼できる業者に相談することをおすすめします。

留袖は、日本の美しい伝統と文化を現代に伝える大切な衣装です。適切な留袖の選び方やケアを通じて、その美しさを長く保ち、特別な場をより格調高く彩りましょう。

\最高の一日に最高の留袖を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/ 

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/kurotomesodetoha/
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/hiyokujitatetoha/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/irotomesode/201/
https://kimono.support/hiyoku/
https://furisode-ichikura.jp/magazine/pure-silk-furisode/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/379/
https://yourstyle.net/column/irotomesode/06/
https://kimono-totonoe.jp/square/kimono-cleaning/kurotomesode-cleaning/
https://kimono-maruyama.com/tomesode.php
https://kimonoomohi.com/kind/kurotomesode/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖【tom42】

【親族の結婚式】黒留袖の基礎知識からレンタル方法まで留袖選び完全ガイド

はじめに:留袖選びの基本を理解する 留袖選びは、特に結婚式などのフォーマルな場において重要な役割を果たします。留袖は日本の伝統的な礼装であり、特にお母様や親族の女性が結婚式などのお祝い事で着用することが多い着物です。ここ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!