婚礼イメージ

【花嫁必見】黒引き振袖×洋髪でモダンな和装スタイリングを叶えるコツ

はじめに

結婚式は、人生の中で最も記憶に残る瞬間の一つです。特に、花嫁にとっては、その日のために何カ月も前から準備を重ね、自己の人生で最も美しい姿を追求します。最近では、伝統的な和装に現代的な洋髪を組み合わせたスタイルが、多くの花嫁から注目を集めています。特に、黒引き振袖と洋髪の組み合わせは、その魅力とともに、和装結婚式の新たなトレンドになってきています。

黒引き振袖と洋髪スタイルの魅力

黒引き振袖は、その深みのある色合いと豪華な柄で、花嫁をいっそう引き立てる衣装です。伝統的な美しさを保ちつつ、洋髪と組み合わせることで、モダンな雰囲気をプラスすることができます。このスタイルの最大の魅力は、和と洋のバランスが絶妙にマッチしている点にあります。洋髪にすることで顔周りがすっきりと見え、より洗練された印象を与えることができます。また、振袖の華やかさと洋髪のシンプルさが相まって、花嫁の個性を際立たせることが可能です。

和装結婚式のトレンド:黒引き振袖と洋髪

和装結婚式において、黒引き振袖と洋髪の組み合わせは、近年特に人気を集めています。このスタイルが選ばれる理由は、伝統的な和装の格式高さと、現代的な洋髪の融合により、時代を超えた美しさを表現できるためです。また、フォトウエディングや前撮りなど、写真に残る大切な瞬間においても、黒引き振袖と洋髪の組み合わせは、その魅力を最大限に引き出してくれます。撮影時のロケーションや背景にもより合わせやすく、和洋折衷の雰囲気を演出するのに最適です。

黒引き振袖と洋髪の組み合わせというすてきなスタイルを選ぶことで、花嫁は自身の個性とともに、日本の美しい伝統を次世代に伝える役割も果たすことができます。次は、黒引き振袖の基礎知識洋髪との組み合わせ方結婚式での着こなし方など、より詳細な情報を紹介します。

黒引き振袖の基礎知識

黒引き振袖の深みのある色合いと格式高いデザインは、多くの女性が憧れる結婚式の衣装として、長い間親しまれてきました。ここでは、黒引き振袖の歴史やその意味、そして振袖と引き振袖の違いについて詳しく解説します。

黒引き振袖の歴史と意味

黒引き振袖の起源は、江戸時代までさかのぼることができます。黒引き振袖は、当時の武家の御殿女中の正装でしたが、御殿女中は当時の若い女性たちの憧れの職業だったことから、豊かな商家や富農などの富裕層の娘たちの花嫁衣装として着用され広まりました。

一般の女性たちが花嫁衣装として着用するようになったのは、昭和初期になってからのことです。戦争の時代には贅沢な装いは禁止されましたが、戦後、日本が復興するにつれて、挙式には白無垢を着用し、披露宴には色打掛を着て、お色直しに黒引き振袖に着替えるという婚礼スタイルが一般化しました。ただ、このころの黒引き振袖は、引きずるほど裾は長くなかったそうです。

いったん黒引き振袖が着られなくなった時代を経て、昭和50年頃、引きずるほど長い裾を持った黒引き振袖が、優雅で格式高い花嫁衣装として復活してきました。それからは、豪華な刺繍や現代的なデザインを取り入れたものなど多種多様な黒引き振袖が登場し、伝統と現代性を融合した華やかな婚礼衣装としての地位を築き上げました。

黒引き振袖の特長は、衣装の地色が黒であること、裾が引きずるほど長いこと、また、別名「大振袖」と呼ばれるように袖が長いことが挙げられます。黒い色の持つ厳格なイメージや格式とともに、裾を引きずりながら歩く優雅な姿から、黒引き振袖は格式高い婚礼衣装として認められてきました。

振袖と黒引き振袖の違い

振袖と黒引き振袖は、見た目が似ているため混同されがちですが、いくつかの明確な違いがあります。まず、最も大きな違いは裾の長さです。振袖は通常の着物と同じく足首近くで裾が終わりますが、黒引き振袖は裾が床を引きずるほど長く設計されています。この裾の長さが、特別な日に着用される衣装としての黒引き振袖の豪華さを際立たせています。

次に、袖の長さが挙げられます。黒引き振袖は別名「大振袖」と言われるように、「中振袖」ともいわれる通常の振袖より、袖が長いのが特徴です。「大振袖」の袖の長さは115cm以上あり、「中振袖」は95〜115cm、「小振袖」は60〜85cmで「二尺袖」ともいわれます。袖の長さは長いほど格式が上とされ、振袖の中で「大振袖」が一番格上とされています。

さらに、使用される場面です。振袖(中振袖)は成人式や卒業式など、若い女性が晴れの節目に着用する衣装として知られています。一方、黒引き振袖は主に結婚式で花嫁が着用する衣装であり、より格式高い場面で選ばれます。そして、引き振袖はその豪華さから、フォトウエディングや前撮りなど、特別な撮影の際にも好んで選ばれます。

加えて、振袖と黒引き振袖では、着用したときに身に付ける小物類がまるで違います。帯揚げと帯締めはどちらにも共通して用いられますが、黒引き振袖ではさらに抱え帯(かかえおび)が使われます。振袖の時はバッグを持ちますが、黒引き振袖の時に持つのは「末広」(すえひろ)と呼ばれる扇子です。ほかにも、黒引き振袖のときは筥迫(はこせこ)、懐剣などの小物を見せるように身に付けます。

また、装飾の細部にも違いがあります。黒引き振袖は、結婚式という一生に一度の大切な日にふさわしい、より細やかで豪華な装飾が施されていることが特徴です。伝統的な柄や、幸せを願う意味を込めた吉祥文様のデザインが用いられることが多く、花嫁の美しさをいっそう引き立てます。

左が黒引き振袖、右が色振袖です。

このように、黒引き振袖はその歴史と意味、振袖との違いを知ることで、その魅力をより深く理解することができます。結婚式やフォトウエディングでの衣装選びにおいて、黒引き振袖を選ぶことは、伝統を重んじつつも現代的な美しさを追求する花嫁にとって、すてきな選択肢の一つとなるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは100年以上の歴史がある、白無垢・色打掛・引き振袖といった多彩な婚礼衣装をご用意しています。高度な染色技術や繊細な手刺繍など、今では再現できない職人技の粋を極めたアンティークの婚礼衣装は全て貴重な一点ものです。正絹の着物ならではの柔らかさ軽やかさに身を包み、一生に一度の花嫁姿を心ゆくまでお楽しみください。

洋髪と和装の組み合わせ

和装結婚式や前撮りにおいて、黒引き振袖を選ぶ花嫁は多いです。その際、伝統的な髪型だけでなく、洋髪を取り入れることで、より現代的な雰囲気を演出することができます。ここでは、洋髪と和装を組み合わせる魅力と、和装に合う洋髪スタイルの選び方について解説します。

洋髪で和装を現代的にアレンジ

洋髪を和装に取り入れることで、花嫁の個性や現代的な美しさを表現することができます。特に黒引き振袖は、その豪華さと格式の高さで知られており、洋髪との組み合わせによって、伝統的な美しさと現代のエレガンスが融合したスタイルを創出することが可能です。

  • 髪型の選び方: 洋髪であっても、和装の雰囲気を壊さないように、シンプルで上品なスタイルを選ぶことが重要です。例えば、ローポニーテールやゆるふわのカールを加えたアップスタイルなどが、黒引き振袖によく合います。
  • アクセサリーの使用: 和装に合わせる洋髪スタイルには、繊細なパールのヘアアクセサリーや、和モチーフのヘアピンを取り入れると、よりいっそうの華やかさをプラスすることができます。ただし、振袖の柄や色とのバランスを考えて選ぶことが大切です。

和装に合う洋髪スタイルの選び方

和装に合わせる洋髪スタイルを選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 衣装とのバランス: 黒引き振袖の豪華さや色、柄と洋髪スタイルが調和するかどうかを考えます。振袖が非常に華やかな場合は、シンプルな洋髪スタイルを選ぶことで、全体のバランスを取ることができます。
  • 顔立ちとの相性: 自分の顔立ちに合った洋髪スタイルを選ぶことも大切です。例えば、顔が丸い方は、顔の周りにボリュームを持たせることで、より顔がすっきり見えるスタイルがおすすめです。
  • 撮影場所との調和: フォトウエディングや前撮りのロケーションによっても、選ぶべき洋髪スタイルは変わってきます。自然光の下での撮影では、よりナチュラルなスタイルが映えるでしょう。

和装と洋髪の組み合わせは、伝統と現代の美を融合させる素晴らしい方法です。黒引き振袖を着る際には、これらのポイントを参考に、自分にとって最適な洋髪スタイルを見つけてください。それによって、結婚式やフォトウエディングでのあなたの姿が、よりいっそう魅力的に、そして記憶に残るものになるでしょう。

結婚式での黒引き振袖の着こなし方

結婚式は、人生の中でも特別な日の一つです。特に和装での結婚式は、伝統と格式を重んじる日本の文化を象徴しています。黒引き振袖は、花嫁の優雅さと凛とした美しさを際立たせる衣装として、多くの女性に選ばれています。ここでは、結婚式での黒引き振袖の着こなし方について、シーン別のスタイリングのポイントと体型に合わせた振袖の選び方を紹介します。

シーン別スタイリングのポイント

結婚式と一口に言っても、挙式、披露宴、前撮り、フォトウエディングなど、さまざまなシーンがあります。それぞれのシーンに合わせたスタイリングを心がけることで、黒引き振袖の魅力を最大限に引き出すことができます

  • 挙式:挙式では、格式高い伝統的なスタイルを意識します。黒引き振袖には、紋付きのものを選び、角隠しや重要な和装小物をしっかりと合わせましょう。洋髪でも、和装に合うような上品なアレンジを選ぶことが重要です。
  • 披露宴:披露宴では、少し華やかなスタイリングが求められます。黒引き振袖に色鮮やかな帯を合わせたり、洋髪に和装小物を取り入れることで、華やかさをプラスしましょう。
  • 前撮り・フォトウエディング:ロケーション撮影では、背景との調和を考えたスタイリングが必要です。自然光の下での撮影では、黒引き振袖の素材感や柄が際立つように、シンプルながらも印象的なアクセサリーを選ぶと良いでしょう。

体型に合わせた振袖の選び方

振袖を選ぶ際には、自分の体型を考慮することが大切です。黒引き振袖は、その色味からスリムな印象を与えることができますが、柄の大きさや配置、帯の結び方によっても印象が変わります

  • スリムな体型:大きめの柄が入った振袖を選ぶと、体型にボリュームを持たせることができます。また、帯結びを少し下の位置で結ぶことで、バランスの良いスタイルを作り出すことができます。
  • ふくよかな体型:小さめの柄や縦のラインが強調されたデザインの振袖を選ぶと、スタイルがすっきり見えます。帯結びは高めの位置で結ぶと、脚長効果が期待できます。
  • 背が高い・低い:背が高い方は、帯結びを少し幅広にすることでバランスを取ることができます。背が低い方は、帯結びを細めにして脚の長さを強調しましょう。

スリムな体型の方におすすめの黒引き振袖です。「梅と菊の花に檜扇の黒引き振袖」檜扇や松、梅や菊を所狭しと描いた、艶やかなアンティーク黒引き振袖。紅白のおめでたい色を基調としたボリューム感のある色柄は、細身の方にバランスよく着こなしていだけます。

ふくよかな体型の方におすすめの黒引き振袖です。「熨斗目に百花繚乱の五つ紋付黒引き振袖」熨斗や花々を色鮮やかに描いた、五つ紋付きアンティーク黒引き振袖。無地場を活かし上下に柄をあしらったデザインは、縦ラインを強調してすっきりとした着姿を叶えます。

背が低い方におすすめの黒引き振袖です。「扇に御所車の手描き友禅五つ紋付黒引き振袖」雲取り模様を背景に松や檜扇、古典紋様を細やかに描いた、五つ紋付きアンティーク黒引き振袖。帯の高い位置に柄があしらわれているため、上方向に視線を誘導して背を高く見せてくれます。

背が高い方におすすめの黒引き振袖です。「鹿の子模様の傘と扇、雲取の黒引き振袖」右肩と上前に大きな傘を描いた、アンティーク黒引き振袖。背が高い方にお召しいただくと、ストーリー性のある絵柄が映え特別感のある花嫁姿を演出します。

結婚式での黒引き振袖の着こなし方には、多くのポイントがありますが、最も大切なのは自分らしさを表現することです。シーンに合わせたスタイリングのポイントを押さえつつ、自分の体型に合った振袖を選ぶことで、結婚式の日を最高に輝かせることができるでしょう。

撮影でのポイント

フォトウエディングは、結婚式の記憶を美しく残すための大切なイベントです。特に、黒引き振袖を選んだ花嫁にとって、和装の魅力を最大限に引き出す撮影テクニックとヘアスタイルの選び方は、その日の印象を大きく左右します。ここでは、フォトウエディングでの撮影テクニックと、写真写りを良くするヘアスタイルのコツについて紹介します。

フォトウエディングでの撮影テクニック

フォトウエディングでは、振袖の美しさと花嫁の魅力を引き立てるために、以下のポイントに注意して撮影を行います。

  • ロケーション選び: 和装に合うロケーションを選ぶことが重要です。伝統的な日本庭園や古民家、神社などが、黒引き振袖の雰囲気を引き立てます。ロケーションの雰囲気が衣装とマッチすることで、よりいっそう写真の印象が深まります。
  • 光の使い方: 自然光を上手に使うことで、振袖の質感や色味を美しく映し出すことができます。特に、朝早くや夕方の柔らかい光は、肌の質感や衣装の細部まで美しく撮影するのに適しています。
  • ポーズと表情: 和装は姿勢が美しく見えるように作られています。直立した姿勢で、落ち着いた表情を心がけましょう。また、振袖の柄や色、衣装のディテールを生かすために、さまざまな角度からの撮影を試みてください。
  • 小物の活用: 扇子や花かんざしといった和装小物を上手に取り入れることで、写真に深みと物語性を加えることができます。小物の選び方や持ち方一つで、写真の雰囲気は大きく変わります。

写真写りを良くするヘアスタイルのコツ

黒引き振袖に合わせる洋髪スタイルは、和装の伝統的な美しさと現代的なエレガンスを融合させることがポイントです。

  • バランスの良いヘアスタイルを選ぶ: 振袖の豪華な装飾や柄とバランスを取りながら、顔周りをすっきりと見せるヘアスタイルを選びましょう。高さのあるアップスタイルや、顔周りを柔らかくフレームするようなダウンスタイルがおすすめです。
  • アクセサリーでアクセントをつける: 和装に合わせる洋髪スタイルには、シンプルながらも存在感のあるアクセサリーを選びましょう。派手すぎないパールの髪飾りや、小さな花をあしらったヘアピンなどが、洗練された印象を与えます。
  • ヘアスタイルと振袖の色の相性を考える: 黒引き振袖を着る場合、ヘアスタイルに使うアクセサリーの色は、振袖の色や柄との相性を考えて選びましょう。黒や白、赤など、振袖の色を引き立てる色を選ぶと、全体の印象が統一されます。
  • 事前の試着と相談: 撮影当日を迎える前に、振袖とヘアスタイルの試着を行い、スタイリストと相談することが大切です。衣装とヘアスタイルが一体となった姿を事前に確認することで、当日の準備もスムーズに進みます。

フォトウエディングは、結婚式の中でも特に記憶に残る瞬間を切り取る大切な時間です。黒引き振袖と洋髪スタイルで、自分らしさを表現しながら、美しい写真を残しましょう。

ゆめやの「和装レンタル前撮りプラン」は着付け・ヘアメイクからロケーション撮影まで、すべて含まれたお得なプランです。白無垢をはじめ打掛や振袖、引き振袖など、多彩なアンティーク着物からお気に入りの婚礼衣装をお選びいただけます。洋髪のほか日本髪風のヘアセットにも対応し、お好みのコーディネートで撮影に臨んでいただけます。いつ撮っても、何を着ても、すべて込みの明瞭な価格設定で、お二人の晴れ姿をカタチに残していただけます。

黒引き振袖のレンタルと購入

黒引き振袖は、結婚式や前撮りなど特別な日に花嫁が着る和装衣装の一つです。その深い色合いと格式高いデザインは、挙式や披露宴で注目を集めること間違いなしです。しかし、そんな黒引き振袖をどうやって手に入れるか、レンタルと購入のどちらを選ぶかは、多くの女性にとって大きな悩みの一つです。ここでは、レンタルするメリットと注意点、そして購入を考える際のポイントについて解説します。

レンタルするメリットと注意点

メリット

  • コストパフォーマンス: 黒引き振袖を購入するとなると、衣装本体に加えて小物一式も必要になり、総額は非常に高額になりがちです。レンタルであれば、一式セットで利用できるため、大幅にコストを抑えることができます。
  • 多様な選択肢: レンタルショップやスタジオでは、さまざまな種類の黒引き振袖を取りそろえています。そのため、自分の理想とするスタイルや柄、色合いが選びやすくなります。
  • 準備の手間が少ない: 衣装の準備や後処理はレンタル会社が行ってくれるため、結婚式の準備で忙しい中、衣装に関する手間を省くことができます。

注意点

  • 予約のタイミング: 人気の衣装は早い段階で予約がうまってしまうことがあります。希望する黒引き振袖をレンタルするためには、早めの予約が必要です。
  • サイズや状態の確認: レンタル衣装は多くの人が着用するため、サイズがぴったり合わない場合や、使用感がある場合があります。試着をして、納得のいく衣装を選ぶことが大切です。
  • 追加費用の確認: レンタル料金には含まれていない追加費用(例:クリーニング代、小物のレンタル代など)が発生する場合があります。事前にしっかりと確認しましょう。

ゆめやでは、貴重なアンティーク婚礼衣装をお得な価格でレンタルしていただける「結婚式向け和装プラン」をご用意しています。ご新郎様は羽織袴、ご新婦様は白無垢や色打掛、引き振袖からお好きな婚礼衣装をお選びいただけます。抱え帯・草履・筥迫・末広といった婚礼小物もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでお貸出しいたします。一生に一度の花嫁衣装にふさわしいアンティーク着物で、特別感のある晴れの日をお迎えください。

購入を考える際のポイント

購入を検討する際には、以下のポイントを考慮することが大切です。

  • 長期的な視点: 黒引き振袖を着用するのは、結婚式や披露宴に限られます。一度限りの着用が予想される場合は、レンタルを選んでも良いでしょう。
  • 完全オーダーメイド: 自分の体型にぴったり合わせて作ることができるため、着心地や見栄えが格段に良くなります。また、自分だけの特別な一着を持つ喜びも大きいです。
  • 家族への思い出の継承: 購入した黒引き振袖は、将来的に娘や孫へと受け継ぐことができます。衣装を通じて家族の絆を深めることもできるでしょう。

購入する際は、予算だけでなく、将来的にどのように衣装を活用できるかを考えることが重要です。また、購入後の保管方法やメンテナンスについても事前に調べておくと良いでしょう。

黒引き振袖をレンタルするか購入するかは、個人の予算や価値観、将来の計画によって異なります。どちらの選択も、花嫁が最高に輝く特別な日を演出するための大切なステップです。自分にとって最適な選択をするために、しっかりと情報を収集し、検討することが大切です。

和装小物とのコーディネート

和装小物とのコーディネートは、黒引き振袖を着用する際に非常に重要な要素です。和装小物は、振袖の美しさを引き立てるだけでなく、花嫁の個性や結婚式のテーマに合わせて、全体の雰囲気を調和させる役割を果たします。ここでは、黒引き振袖に合わせる和装小物と、洋髪に合わせるアクセサリーの選び方について、具体的なアイデアとともに紹介します。

黒引き振袖に合わせる和装小物

黒引き振袖は、その深みのある色合いと格式高い雰囲気で、多くの花嫁から選ばれています。振袖の黒は、どんな色とも相性が良く、特に白や金、銀の小物と組み合わせることで、華やかさと上品さを同時に演出できます。

  • 帯締めと帯揚げ:帯締めや帯揚げは、振袖の印象を大きく左右するアイテムです。黒引き振袖には、金や銀の糸が織り込まれた帯締めを選ぶと、格式高い雰囲気をよりいっそう引き立てることができます。帯揚げには、淡い色を選ぶことで、顔映りを明るく見せる効果があります。
  • 抱え帯:振袖の時には使いませんが、黒引き振袖の時は必需品なのが「抱え帯(かかえおび)」です。裾をはしょって歩くときに、はしょった裾を挟んでおくのに使います。
  • 草履と扇子:黒引き振袖に合わせる草履は3段重ねのものになります。色は、金色や銀色が婚礼にはふさわしいです。扇子は「末広」(すえひろ)と呼ばれるもので、地紙が金色や銀色で骨は漆塗りのものが婚礼で用いられます。末広がりで、開運や招福を意味します。
  • 筥迫と懐剣:筥迫(はこせこ)は、胸に差しておく小物入れで、鏡や懐紙、化粧品などを入れておきます。懐剣(かいけん)は、元は護身用の剣でしたが、今は厄除けの意味が込められています。
  • 髪飾り:洋髪に和装小物を取り入れる場合、髪飾りは重要なアクセントになります。黒引き振袖には、赤やピンクの花をあしらった髪飾りや、パールやビーズで装飾された簪(かんざし)を選ぶと、和洋折衷のスタイルを美しく表現できます。

ゆめやでは美しい花嫁姿を完成させる婚礼小物も、こだわりの逸品を取り揃えています。アンティークの婚礼小物は贅沢な素材を用い、大変な手間暇をかけて作られています。単に婚礼衣装を引き立てるものとしてだけではなく、手仕事の精緻さや時代を経た深い味わいを感じていただけます。

洋髪に合わせるアクセサリーの選び方

洋髪と和装を組み合わせることで、伝統的なスタイルに現代的なエッセンスを加えることができます。洋髪に合わせるアクセサリー選びは、全体のバランスを考えながら、振袖の雰囲気に合うものを選ぶことが大切です。

  • ヘアアクセサリー:洋髪には、シンプルなデザインのヘアアクセサリーを選ぶことがおすすめです。黒引き振袖には、パールやクリスタル、金属製の繊細なヘアピンやヘアバンドがよく合います。和装の要素を取り入れたい場合は、小さな簪をアクセントとして使用するのも良いでしょう。
  • イヤリングやネックレス:和装に洋装のアクセサリーを取り入れる際は、過度に派手にならないように注意が必要です。黒引き振袖には、パールやダイヤモンドのスタッドイヤリングや、細身のネックレスが相性が良いです。これらのアクセサリーは、上品さを保ちつつ、洋髪との調和を図ることができます。

和装小物と洋髪に合わせるアクセサリーの選び方には、振袖の色や柄、結婚式のテーマなど、多くの要素を考慮する必要があります。これらのポイントを押さえることで、花嫁は自分らしいスタイルを完成させ、結婚式当日をより特別なものにすることができるでしょう。

ゆめやでは婚礼衣装だけでなく、髪飾りもご用意しています。日本髪に映える伝統的なべっ甲調や蒔絵調のほか、ビーズが輝く現代的なデザインの髪飾りもご提案しています。ヘアアクセサリーを存分に活用することで、より自分らしい花嫁姿をお楽しみいただけます。

まとめ

結婚式は、人生の中でも特別な日の一つです。特に和装での結婚式は、その伝統と美しさで多くの花嫁に選ばれています。黒引き振袖と洋髪の組み合わせは、伝統的な和装の魅力を現代的な美しさで表現する素晴らしい方法です。ここではまとめとして、黒引き振袖と洋髪で理想の花嫁姿を叶えるためのポイントと、結婚式前に確認すべき最終チェックリストを挙げます。

黒引き振袖と洋髪で叶える理想の花嫁姿

黒引き振袖は、その深みのある色合いと豪華な柄で、花嫁をよりいっそう引き立てます。一方、洋髪は、和装に新しい風を吹き込み、個性を表現する絶好の機会を提供します。この組み合わせで、伝統と現代の美が融合した、忘れられない結婚式を実現することができます。

  • 衣装の選び方: 黒引き振袖を選ぶ際は、挙式や披露宴の雰囲気、ロケーション、そして何よりも自分が心から引かれるデザインを選びましょう。衣装レンタル店やスタジオでの試着を通じて、自分にとって最適な一着を見つけることが大切です。
  • 洋髪のスタイル: 洋髪は、和装に合わせることで、より現代的な花嫁のイメージを創出します。髪型は、振袖の柄や色、そして自分の顔立ちに合わせて選び、小物を加えることで、さらに個性を際立たせることができます。

最終チェックリスト:結婚式前に確認すべきこと

結婚式の準備は、細部にわたり多くのことを考慮する必要があります。以下のチェックリストを参考に、忘れがちなポイントを再確認しましょう。

  • 衣装と小物の最終確認: 振袖と洋髪アクセサリーが予定通り準備されているか、改めて確認してください。特に、レンタルの場合は、使用日の数日前には手元に届いていることを確認しましょう。
  • 前撮りと当日の撮影準備: フォトウエディングや挙式当日の撮影に向けて、必要な準備は整っているか、撮影スタジオやカメラマンとの最終打ち合わせを行ってください。
  • 美容院やメイクアップの予約確認: 洋髪スタイルに合わせたヘアセットやメイクの予約が完了しているか、再確認しましょう。また、当日のスケジュールに余裕を持たせておくことも大切です。
  • 当日のタイムスケジュールの再確認: 挙式や披露宴、撮影など、当日のスケジュールを再度確認し、関係者全員が同じ理解を持っていることを確認してください。

結婚式は、準備を重ねることで、より思い出深いものになります。黒引き振袖と洋髪で、あなたらしい美しさを表現し、一生の思い出を作りましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

黒留袖イメージ

【完全ガイド】結婚式の母親にふさわしい!留袖とバッグの組み合わせ方

はじめに 結婚式は、新郎新婦にとって人生の中で最も輝かしい瞬間の一つです。もちろん、それを支える家族にとっても、忘れられない大切な日となります。特に母親にとっては、お子さまの新たな門出を祝うと同時に、自らも格式高い装いで […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!