組み合わせ自由な婚礼・打掛・黒引き振袖プラン(新婦2着・新郎1着)【set02】

【着物のプロが監修】明治神宮での結婚式向け、和装貸衣装完全ガイド

はじめに

結婚式は人生の中で最も記憶に残る瞬間の一つです。特に、日本の伝統美と自然の美しさが調和する明治神宮での挙式は、多くのカップルにとって憧れの場所となっています。この記事では、明治神宮での結婚式を考える際に知っておきたい基本情報と、結婚式の貸衣装選びの重要性について解説します。明治神宮での結婚式は、日本の伝統文化を体験しつつ、二人の絆を深める貴重な機会です。万全な事前準備と情報収集をして結婚式に臨むことがとても大事です。

明治神宮での結婚式を考える際に知っておきたい基本情報

明治神宮は、東京都渋谷区にある神社で、祭神として日本近代化の先頭に立った明治天皇と昭憲皇太后を祭った、日本で最も重要な神社の一つとされています。広大な敷地内は自然が豊かで、都心にいながらも静寂を感じることができるため、結婚式の会場としても人気があります。明治神宮での結婚式を検討する際には、以下の点を把握しておくことが重要です。

  • 予約:明治神宮での結婚式は大変人気が高く、特に春や秋などの良い季節には予約が集中します。希望する日に挙式を行うためには、早めの予約が必須です。
  • プラン:明治神宮では、挙式のみのシンプルなプランから、披露宴を含む豪華なプランまで、さまざまな結婚式プランが用意されています。また、神宮外苑の一角にある明治神宮の結婚式場である明治記念館での披露宴も人気があります。
  • 挙式の流れ:明治神宮での挙式は、神道式の厳かな儀式です。事前に流れや必要な準備を理解しておくことで、当日をスムーズに迎えることができます。
  • 料金:挙式や披露宴の料金は、選択するプランやサービス内容によって異なります。明確な予算計画を立てるためにも、事前に料金の詳細を確認しておくことが大切です。

結婚式の貸衣装選びの重要性とは?

結婚式での衣装選びは、花嫁にとって楽しみながらも重要な決断の一つです。特に、明治神宮での結婚式では、和装が選ばれることが多く、その美しさと格式が挙式の雰囲気をいっそう引き立てます。貸衣装を選ぶ際のポイントを以下にまとめました。

  • 和装の種類:結婚式用の和装には、白無垢、色打掛、引き振袖などさまざまな種類があります。それぞれの衣装には個別の意味が込められており、自分たちの挙式のスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。
  • サイズと着付け:身長や体形に合わせて衣装のサイズを選びます。着付けは難しいため、プロの着付け師により着付けてもらうのが一般的です。明治神宮での結婚式では、さまざまなプランの中に、着付けサービスが含まれています。
  • 料金:和装のレンタル料金は、衣装の種類や品質によって異なります。明治神宮の結婚式では、さまざまな挙式プランに婚礼衣装のレンタルも組み込まれています。事前に、詳細について打ち合わせておくのが良いでしょう。
  • 写真撮影:記念写真の撮影は、明治神宮での挙式プランの中に含まれています。専属のカメラマンによって撮影されるため、外部からカメラマンを連れてくることはできませんので、注意が必用です。個人的にスマホなどで撮影する分には問題ありません。前撮り等の別プランも用意してあります。

明治神宮での結婚式と貸衣装選びは、二人の新しい門出にふさわしい、忘れられない思い出を作るための大切なステップです。事前の準備と情報収集を通じて、最高の一日を迎えましょう。

明治神宮での結婚式の流れ

明治神宮での結婚式は、その歴史ある神聖な雰囲気と、都心にありながら豊かな自然に囲まれた環境で、多くのカップルに選ばれています。結婚式の流れは、一般的な結婚式と同様に、事前の準備から当日の進行まで細やかな計画が必要です。特に、明治神宮での挙式を希望される場合、とても人気のある式場なので予約は早めに行うことが推奨されます。ここでは、結婚式の予約から当日までのステップと、明治神宮での結婚式のプランについて詳しく解説します。

結婚式の予約から当日までのステップ

結婚式を明治神宮で挙げるには、まずは予約が必要です。予約は、シーズンによっては1年前でもうずまっていることもあるため、早めの予約が必要です。予約手続きには、挙式の日時の決定、挙式プランの選択、必要書類の提出などが含まれます。以下は、予約から当日までの一般的なステップです。

  1. 予約の申し込み:明治神宮の公式ウェブサイトまたは直接神宮の事務所に連絡し、希望の日時で予約を申し込みます。
  2. プランの選択:明治神宮では、挙式のスタイルや規模に応じた複数のプランが用意されています。プランには、挙式のみのシンプルなものから、参加人数に応じた披露宴や食事会を含むものまであるので、予算と規模に合わせて選べます。
  3. 衣装の選定:明治神宮の結婚式プランに、花嫁・花婿の婚礼衣装のレンタルが含まれているので、希望の婚礼衣装を選びます。
  4. 事前打ち合わせ:挙式の詳細、当日のタイムスケジュール、写真撮影の希望などを明確にします。
  5. リハーサル:挙式前には、実際の会場でリハーサルを行うことがあります。これは、当日の流れをスムーズにするために重要です。
  6. 当日:挙式当日は、着付けから始まり、指定された時間に挙式が行われます。挙式後は、記念撮影や披露宴などが続きます。

明治神宮での結婚式のプランとは?

明治神宮での結婚式プランは、挙式の形式や内容によって異なりますが、基本的には以下のような内容が含まれます。

  • 挙式プラン:神前式を中心に、厳かな雰囲気の中で行われます。挙式のみのプランから、披露宴や食事会を含むプランまで、カップルのニーズに合わせた選択が可能です。
  • 衣装レンタル:花嫁は白無垢や色打掛、または引き振袖、花婿は紋付袴など、伝統的な和装が中心です。衣装は、明治神宮の総合結婚式場である明治記念館の衣装室で選ぶことができます。
  • 着付けと美容:専門のスタッフによる着付けやヘアメイクサービスが提供されます。これにより、挙式当日は最高の状態で臨むことができます。
  • 写真撮影:挙式や披露宴の様子を撮影するプロのカメラマンがスタンバイしています。また、明治神宮の美しい建築や自然を背景にした記念撮影も人気です。

これらのプランは、カップルの希望や予算に応じてカスタマイズすることが可能です。料金は、選択するプランやサービスによって異なりますが、明治神宮での結婚式は、その特別な場所で行うにふさわしい価値があると多くのお客様に評価されています。事前の準備と計画をしっかりと行い、忘れられない一日を実現させましょう。

組み合わせ自由な婚礼・打掛・黒引き振袖プラン(新婦2着・新郎1着)【set02】
「ゆめや」が提供する、和装婚礼セットです。ご新婦様のお好きな打掛(1点、打掛の下に着る掛下きものが含まれます)、お好きな黒引き振袖(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。
明治神宮の結婚式では、持ち込み料がかかりますので、事前にご確認ください。

明治神宮でのウエディングプランの種類

明治神宮での結婚式は、その歴史的背景と神聖な雰囲気で、多くのカップルにとって一生に一度の特別な日を彩る理想の場所です。ここでは、明治神宮で可能なウエディングプランの種類と、それぞれの特色について詳しく紹介します。明治神宮での結婚式は、主に神道式の挙式が中心となりますが、多様なプランが提供されており、各カップルのニーズに合わせた選択が可能です。挙式だけでなく、衣装レンタルから着付け、写真撮影、そして披露宴会場の選択に至るまで、一連の流れが一貫して提供されるため、結婚式の準備をスムーズに進めることができます。

明治神宮のウエディングプランの種類

明治神宮での結婚式の費用は、選択するプランやサービス内容によって異なります。参考として、記事執筆(2024年2月)時点でのプランの一例を表にまとめてみました。

明治神宮での神前挙式プラン

  • 内容:挙式のみ。初穂料15万円や衣装レンタル(新郎新婦各1点)、記念写真等を含む。
  • 料金:694,830円/2名~

明治神宮での神前挙式+披露宴プラン

  • 内容:挙式、衣装レンタル(新郎新婦各一式)、美容着付け、ウエディングケーキ、記念写真撮影、引き出物、他。
  • 料金:2,344,524円/30名~

フォトウエディング:1dayフォトプラン

  • 内容:明治記念館の素晴らしいロケーションでの撮影になります。新郎新婦和装各1点、ヘアメイク&着付け、小物、台紙付き写真1点。
  • 料金:146,300円~

これ以外にも参加人数や内容に応じたさまざまなプランがあり、内容はカスタマイズも可能ですので、お二人のニーズに合わせて相談の上決めることができます。

神道式結婚式の特徴と流れ

神道式結婚式は、日本の伝統的な結婚式の形式であり、明治神宮での挙式はその最も象徴的な形の一つです。この式は、自然崇拝と祖先への敬意を基本とした神道の教えに基づいて行われます。挙式は、神前で二人の結婚を神に報告し、誓紙を交わし、祝福を受けるという、厳かで心温まるものとなります。

挙式の流れは以下の通りです。

  1. 入場:新郎新婦が神前に進みます。
  2. 斎行:神職による祝詞(のりと)奏上があります。
  3. 三三九度(三献(さんこん)の儀):日本の伝統的な儀式で、大中小の盃で三回ずつ口を付け杯を交わします。
  4. 指輪の交換:西洋式の結婚式と同様、指輪を交換します。
  5. 誓詞奏上:夫婦になる誓いの言葉を読み上げる儀式です。
  6. 玉串拝礼:玉串を巫女から受け取り、神前に供えて、二拝二拍手一拝をして席に戻ります。

この流れには、日本の伝統と文化が色濃く反映されており、参列者にとっても忘れられない体験となります。

明治記念館の紹介

明治記念館は、明治神宮の敷地内にある総合結婚式場です。日本最初の迎賓館という歴史を誇り、洗練された雰囲気と卓越したサービスで知られています。和装や洋装を問わずさまざまなスタイルの結婚式に対応可能で、美味しい料理と上質なサービスで、特別な日をひときわ鮮やかに彩ります。明治記念館では、結婚式のプランに応じて、さまざまなサイズの宴会場を用意しており、少人数から大人数までの結婚式に対応することが可能です。

明治神宮での結婚式は、日本の伝統と文化を体験し、二人の絆を深める貴重な機会です。明治記念館は、晴れの日を最高のものにするために、婚礼衣装のレンタルから披露宴会場、記念写真の撮影まで、総合的なサービスを提供しています。

明治神宮での結婚式における料理と料金

明治神宮での結婚式は、その歴史ある神聖な雰囲気と共に、挙式後のお食事会も大きな魅力の一つです。明治記念館をはじめとする披露宴会場では、伝統的な日本料理からモダンなフュージョン料理まで、多彩なメニューが用意されており、結婚式の料理としての品質と味わいは、参列者の記憶に長く残ることでしょう。ここでは、明治神宮での結婚式で提供される料理の種類とその料金、さらに結婚式の費用を抑えるポイントについて詳しく解説します。

明治神宮での結婚式で提供されるおいしい料理とその料金

明治神宮で挙式した場合、披露宴や食事会は明治記念館を利用するのが一般的です。それ以外にも、フォレストテラス明治神宮などを利用することもできます。明治記念館で提供される結婚式の料理は、伝統を誇る日本料理、国内外の賓客にも定評あるフランス料理、両方の特質が味わえるフランス懐石膳から選ぶことができます。美しい盛り付けと繊細な味わいが特徴です。料理のプランは、一般的にコース料理で提供され、その内容によって料金が異なります。

結婚式の費用を抑えるポイント

結婚式の費用は、挙式や衣装、写真などさまざまな要素によって変動しますが、料理と飲物に関しては、以下のポイントを押さえることで、費用を抑えることが可能です。

  • ゲストの人数を見直す:結婚式の費用を大きく左右するのが、招待するゲストの人数です。親しい人だけを招待する小規模な結婚式にすることで、会場費や料理の費用を大幅に削減できます。
  • コース料理の内容を調整する:コース料理の中で、特定の料理を省略したり、よりコストパフォーマンスの良い食材に変更することで、料金を抑えることができます。料理の内容については、事前に会場側と相談して調整しましょう。
  • 飲物プランを見直す:アルコール類を含む飲物は、結婚式の費用を大きく増加させる要因の一つです。アルコールの種類を限定したり、ノンアルコールドリンクを中心にすることで、費用を抑えることができます。
  • 平日やオフシーズンを狙う:土日や祝日、または結婚式のハイシーズンに比べて、平日やオフシーズンに挙式を行うと、料理や会場の費用が割安になる場合があります。可能であれば、日程の調整を検討しましょう。

結婚式は人生の大切な一日ですが、その準備には多くの費用がかかります。明治神宮での結婚式を検討している方は、上記のポイントを参考にしながら、予算内で最も美しい一日を実現させてください。

組み合わせ自由な婚礼・打掛・白無垢プラン(新婦2着・新郎1着)【set03】
「ゆめや」がご用意した、和装婚礼セットです。ご新婦様のお好きな打掛(1点、打掛の下に着る掛下きものが含まれます)、お好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下きものが含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。
明治神宮の結婚式では、持ち込み料がかかりますので、事前にご確認ください。

明治神宮での写真・記念撮影について

明治神宮での結婚式は、その神聖な雰囲気と美しい自然環境で、多くのカップルにとって一生に一度の特別な日になります。特に、明治神宮内での写真撮影は、結婚式の記憶を美しく残すための重要な部分です。ここでは、明治神宮内での写真撮影の魅力について詳しく紹介します。

明治神宮内での写真撮影の魅力

明治神宮は、東京の中心にありながら豊かな自然に囲まれ、四季折々の美しさを見せています。結婚式の記念写真には、この神聖な場所の雰囲気を生かしたいものです。明治神宮内での写真撮影は、以下のような魅力があります。

  • 自然美:明治神宮の広大な敷地は、緑豊かな木々や季節の花々であふれており、自然の中での撮影に最適です。
  • 歴史的建造物:明治記念館をはじめとする歴史的な建造物が、写真に格式高い背景を提供します。
  • 神聖な雰囲気:神社特有の荘厳な雰囲気は、写真にも神聖さを加え、結婚式の記念にふさわしいものにします。
  • 衣装の選択:和装や振袖、その他の衣装を選ぶ際には、撮影場所の雰囲気に合わせることが大切です。明治神宮や明治記念館での撮影には、伝統的な和装が特におすすめです。
  • 専属カメラマンによる撮影:明治神宮の結婚式では、結婚式当日や前撮りのために、専属のカメラマンがいます。専属のカメラマンによる撮影は、プロの技術により一生の思い出を美しく残すことができます。

明治神宮での結婚式で記念写真を撮る場合は、撮影が各種プランに含まれているため、専属のカメラマンと詳細な打ち合わせをするようにしましょう。明治神宮での結婚式と記念撮影は、特別な日を神聖な雰囲気の中で永遠に残す素晴らしい方法です。計画を丁寧に進め、一生の思い出を美しく残しましょう。

まとめ

結婚式は人生の中で最も記憶に残るイベントの一つです。特に、歴史と自然の美しさに囲まれた明治神宮での挙式は、多くの花嫁にとって憧れの場所です。最後に、明治神宮での結婚式と貸衣装選びの重要ポイントをまとめます。

明治神宮での結婚式と貸衣装選びのポイント再確認

明治神宮での結婚式を計画する際、最初に考えるべきは挙式の予約です。とても人気のある結婚式場のため、早めの予約が必要です。明治記念館では、多種多様な挙式プランを提供していますので、ご自身とお相手の希望に最も合ったプランを選びましょう。挙式の日程が決まったら、次に重要なのが衣装選びです。和装、特に花嫁の着物選びは、結婚式の印象を大きく左右します。

貸衣装の選び方には、いくつかのポイントがあります。まず、白無垢や色打掛、そして引き振袖の中から、挙式のテーマや会場の雰囲気に合わせて、気に入った色柄のものを選びます。また、サイズや着心地も重要な要素です。試着をして、動きやすさや着付け後の見た目を確認しましょう。

明治神宮での結婚式は、準備が大変な分、その価値は計り知れません。この記事を参考に、事前準備を万全にして、大切な日を迎えましょう。準備の過程も含めて、この特別な時を楽しんでください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

黒地に雪輪、菊、松、橘の総絞り色振袖【fui102】

【成人式】黒の絞り振袖の魅力に迫る|着物レンタルのすすめ

成人式は一生に一度の大切なイベントです。その特別な日に着る振袖は、女性にとってとても重要な選択です。 成人式にふさわしい振袖を選ぶ際、「絞り」の技術は特別な魅力を持っています。中でも「黒の絞り」が施された振袖は、シックで […]

ひとつ前の記事

織り出された鶴が輝く白打掛一式【utk09】

【2024年最新版】仏前式の流れを完全ガイド!結婚式の選ぶべきスタイル

はじめに 仏前式は、その深い歴史と伝統を重んじる新郎新婦にとって特別な意味を持ちます。仏教の教えに基づいたこの結婚式は、新郎新婦が仏前で誓いを立て、二人の絆を深めるとともに、家族や先祖への敬意を示す重要な儀式です。本記事 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!