結婚式向け和装プラン

【着物のプロ監修】和装で結婚式の前撮りを!|着物選び・撮影ガイド

はじめに

結婚式の前撮りは、特別な瞬間を永遠に残すための大切な機会です。特に和装での前撮りは、その美しさと伝統を通じて、ふたりの絆と愛を象徴する素晴らしい方法となり得ます。

この記事では、和装での前撮りの魅力や、美しい写真を残すためのポイント、撮影場所の選定方法、プランと費用の解説、よくある悩みと解決策、成功事例を通じて学ぶ前撮りのコツまで、幅広くご紹介していきたいと思います。

結婚式における和装での前撮りの基本

和装での前撮りは、結婚式の準備過程において特別な瞬間を捉える大切な機会です。伝統と現代が融合した美しい和装を身に纏い、ふたりの愛を形に残すことは、日本の文化を尊重し、未来へと継承していく行為です。

ここでは、和装での前撮りの意義を考察し、結婚式の前撮りの流れと準備について具体的なアドバイスをご紹介します。

和装での前撮りの意義とは?

結婚式における和装での前撮りは単に美しい写真を残すだけではなく、日本の伝統文化への敬意を表し、結婚という人生の新たな章を迎えるカップルにとって特別な意味を持ちます。

和装、特に白無垢や色打掛などの伝統的な衣装を着用することで、祝福と幸福を象徴する伝統的な価値観を表現することができます。さらに、これらの衣装は、日本の自然や季節の美しさと調和し、写真に独特の雰囲気をもたらします。

たとえば、春の桜の下での撮影や、秋の紅葉を背景にした写真は、日本の四季の魅力を捉えた、時間を超えて価値のある作品になることでしょう。

和装での前撮りは、結婚式の準備過程においても、カップルにとって深い絆を育む時間となり、結婚式当日の忙しさの中で忘れがちな、二人の愛の本質を再認識する機会を与えてくれます

結婚式の前撮りの流れと準備

結婚式の前撮り撮影を成功させるには、しっかりとした計画と準備が不可欠です。以下のポイントを念頭に準備を進めてください。

  • 和装の選択:まず最初に行うべきは、カップルがどのような和装を着るかを決定し、それに合わせた撮影スタイルやテーマを選ぶことです。
  • ロケーションや日時の選択:次に、撮影場所を選び、季節や天候、撮影の時間帯を考慮する必要があります。日本には美しい自然景観や歴史的建造物が多く存在し、それぞれがユニークな背景を提供してくれます。たとえば、京都の古い神社や庭園、または東京近郊の自然公園などが人気の撮影スポットです。
  • 専門家の選定:プロのカメラマン、ヘアメイクアーティスト、和装スタイリストといった専門家を選び、事前に打ち合わせを行うことが大切です。これらの専門家たちは、カップルの希望を形にし、和装の美しさを最大限に引き出すための貴重なアドバイスを提供してくれます。

美しい和装での撮影のために

結婚式の前撮りでは、和装を通じてふたりの特別な瞬間を切り取ります。和装での撮影では、着物選びから小物のコーディネート、さらにはヘアメイクに至るまで、細部に渡りこだわりを持つことが重要です。この章では、美しい和装撮影のための具体的なポイントをご紹介します。

着物と小物の選び方

結婚式の前撮りで着用する和装を選ぶ際、着物とそれに合わせる小物の選び方は、撮影の印象を大きく左右します。以下に選び方のポイントをご紹介します。

  • 着物の選び方:まず、着物を選ぶ際には、季節感を反映させることが重要です。たとえば、春ならば桜や梅の花柄、秋には紅葉や菊の柄を選ぶことで、季節の美しさを写真に映し出すことができます。また、色選びも大切で、新婦の肌色や好みに合わせて、温かみのある色や淡い色を選ぶと良いでしょう。
  • 小物の選び方:小物に関しては、着物とのバランスを考えながら選びます。たとえば、帯締めや帯揚げは、着物の色と対照的な色を選ぶことで、装いにアクセントをつけることができます。また、簪(かんざし)や扇子などのアクセサリーは、和装の雰囲気をより一層引き立てる重要な要素です。簪には、季節の花や伝統的な模様が施されたものを選ぶと、より一層華やかな印象を与えます。

ここでのポイントは、全体のバランスを考えながら、細部にまでこだわりを持つことです。バランスを考慮しながら、個性や好みに合わせた着物・小物選びが大切です。

ここで、ゆめやで取り扱っている前撮り用のお着物レンタルプランから、「着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)」をご紹介します。

こちらは、「一生残る婚礼写真」だから、着物にこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。※本プランは衣装レンタルのみとなります。撮影は含まれません。ご注意下さい。

プロが教える髪型とメイクのコツ

和装での前撮りにおいて、ヘアスタイルとメイクはとても重要な役割を果たします。まずヘアスタイルに関しては、着物の種類や新婦の顔立ちに合わせて選ぶことが肝心です。

衣装に白無垢などを選んだり、伝統的なスタイルを好む場合は、文金高島田などの伝統的な日本髪がおすすめです。これらのスタイルは、和装の美しさを際立たせ、格式高い雰囲気を演出します。

また、衣装に黒引き振袖や色打掛を選んだり、より現代的なアレンジを好む場合は、ルーズなアップスタイルやハーフアップがおすすめです。これらのスタイルは、和装に柔らかい印象を与え、自然体でリラックスした雰囲気を演出できます。

メイクについては、ナチュラルで上品な仕上がりを心がけることが大切です。肌は清潔感がありつつも、自然なツヤを保つようにしましょう。アイメイクは控えめにしつつも、目元をしっかりと際立たせることで、写真映えする顔立ちを作り出します。

リップカラーは、着物の色に合わせて選ぶと良いでしょう。淡いピンクや赤を選ぶことで、和装に合った上品な美しさを表現できます。

これらのポイントを押さえることで、和装での前撮りをより美しく、そして印象深いものにすることができます。専門家のアドバイスを参考にしつつ、新婦自身の個性や好みを大切にすることが、最も重要です。

撮影場所の選定とロケーション撮影の魅力

和装での前撮り撮影では、ロケーション選びが非常に重要です。美しい風景の中で撮る写真は、結婚式の思い出をより鮮やかに残します。東京近郊には、自然の美しさ、歴史的建造物、モダンな景観が融合する多様なロケーションがあり、それぞれが和装の美しさを引き立てます。ここでは、特におすすめの撮影スポットとロケーション撮影時の注意点をご紹介します。

東京近郊のおすすめ撮影スポット

東京近郊は、和装での前撮りに最適なロケーションが豊富にあります。各スポットはその独自の魅力を持ち、特別な日の記憶を美しく残してくれます。ここでは、特に印象的な撮影が期待できるスポットを詳細にご紹介します。

  • 新宿御苑:新宿御苑は、日本庭園、英国式庭園、フランス式庭園と多様な景観が共存する広大な公園です。四季折々の花々が咲き誇り、和装との調和が素晴らしい写真を残せます。特に春の桜や秋の紅葉の季節は、圧倒的な美しさです。
  • 浅草と隅田川周辺:浅草の雷門や浅草寺、そして隅田川の周辺は、東京の古き良き時代を感じさせるロケーションです。伝統的な和装と浅草の街並みは、日本の美を象徴する写真を残すのに最適です。夜にはライトアップされたスカイツリーを背景に、幻想的な撮影も可能です。
  • 六義園:江戸時代に造られた歴史的な庭園で、特に春のしだれ桜や秋の紅葉が有名です。池や小川、古い茶屋を背景に、和装が映える落ち着いた写真が撮影できます。六義園特有の日本の伝統美を背景にした撮影は、結婚式の前撮りにふさわしい選択肢と言えます。
  • 代々木公園:広大な緑地として知られる代々木公園は、自然豊かな背景の中でリラックスした雰囲気の写真を撮ることができます。春には桜、秋には紅葉が公園を彩り、和装との組み合わせが自然の美しさを引き立てます。

これらのロケーションは、和装での前撮り撮影に理想的な環境を提供してくれます。撮影場所を選ぶ際には、ふたりの個性や結婚式のテーマ、季節を考慮して、最も心に残る場所を選びましょう。

ロケーション撮影のための注意点

ロケーション撮影では、素晴らしい写真を残すために考慮すべきいくつかの重要なポイントがあります。ここでは、撮影をスムーズに進め、期待通りの結果を得るための具体的なアドバイスをご紹介します。

  • 撮影許可の確認:多くのロケーションでは撮影前に許可が必要です。特に公共の場所や歴史的建造物では、撮影が制限されていることがあります。撮影を計画する際には、事前に許可を取得することが重要です。
  • 光の管理:自然光を利用するロケーション撮影では、時間帯が写真の質に大きく影響します。一般に、早朝や夕方の柔らかい光は、和装をより美しく見せるのに最適です。撮影日の天候と光の状態を事前に確認し、最良のタイミングを選びましょう。
  • 衣装の管理:屋外での撮影では、和装を清潔に保つことが必須です。特に地面が濡れている場所や自然の中では、衣装が汚れないよう特別な注意が必要となります。敷物を用意するなど必要に応じて、衣装を保護するための準備をしましょう。
  • 緊急時の対応計画:天候不順やその他の予期せぬ事態に備えて、撮影の予備日を設けることをおすすめします。また、小道具や衣装の予備を準備しておくことで、万が一の時にも対応できます。

これらの注意点を念頭に置きながら計画を立てることで、和装での前撮り撮影を成功に導くことができます。撮影はふたりの大切な思い出作りですから、万全の準備で臨みましょう。

ウェディングフォトプランと費用の解説

和装でのウェディングフォトは、結婚式の大切な記念になります。しかし、多くのカップルが気になるのは、どのようなプランを選べば良いのか、そして予算内で理想の写真を残せるかという点です。

この章では、ウェディングフォトプランの種類と選び方、さらには費用を抑えるための秘訣について解説します。

プランの種類と選び方

ウェディングフォトを撮影するにあたり、最初に選ぶべきは撮影のスタイルです。これには、大きく分けて、スタジオ撮影とロケーション撮影の2種類があり、和装に特化したプランも多数存在します。

スタジオ撮影は、撮影環境がコントロールされているため、安定した品質の写真を撮影できるメリットがあります。

対照的に、ロケーション撮影は、自然の光や風景を背景にすることで、より生き生きとした写真を撮ることができますが、天候や季節に左右されるデメリットもあります。

和装撮影を選ぶ際には、以下の点を検討しましょう。

  • 季節とロケーション:特定の季節にしか撮影できない風景を背景にしたい場合、ロケーション撮影が適しています。たとえば、桜の下での撮影は春限定のプランになります。
  • 撮影の雰囲気:伝統的な和装が映える古い神社や庭園、またはモダンな雰囲気の中での撮影を希望するかによって、撮影場所を選びましょう。
  • プランに含まれるサービス:メイクアップや着付け、アクセサリーのレンタルが含まれているかも、選択の重要なポイントです。全てのサービスが一括で提供されるパッケージプランの方が、個別に手配するよりもコストパフォーマンスが良い場合があります。

費用を抑えるための秘訣

ウェディングフォトの撮影費用は、選ぶプランやサービスによって大きく異なります。費用を抑えるためには、以下のポイントが役立ちます。

  • オフシーズンに撮影する:撮影業界には繁忙期と閑散期があります。一般的に春や秋は繁忙期に数えられ、それ以外のオフシーズンに撮影を行うと、プランの料金が割引されることが多いです。特に、冬季は割引率が高いことがあります。
  • パッケージプランを選ぶ:撮影だけではなく、着物レンタル、ヘアメイク、アルバム作成など、必要なサービスを全て含んだパッケージプランを選ぶことで、それぞれ単体で利用するよりも総コストを下げることができます。
  • 早期予約の割引を利用する:早期に予約をすることで、割引を受けられる場合があります。計画的に行動することで、お得に撮影を行うことが可能です。
  • 必要最低限のアイテムに絞る:アルバムや大判プリントなど、撮影後に提供されるアイテムは選択肢によって費用が大きく変わります。本当に必要なアイテムだけを選択し、余計なオプションはカットしましょう。

これらのポイントを抑えることで、和装ウェディングフォトの撮影を予算内で実現することができます。計画的に行動し、事前に多くの情報を集めることが、費用を抑える上で最も重要です。

ここで、ゆめやで取り扱っているフォトウエディングプランから、着物選びからロケーション撮影まで全て揃ってとてもおすすめの、「着物を自由に選べるフォトウェディングプラン(ロケーション撮影)」をご紹介します。

こちらは、「一生残る婚礼写真」だから、着物にこだわりたい方におすすめのフォトウエディングプランです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、カメラマン・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。ゆめや提携先のカメラマンと事前にしっかり打ち合わせ。ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「着物専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずはご試着をお申し込みください。

和装での前撮りにおけるよくある悩みと解決策

和装での前撮りは、結婚式の大切な一瞬を美しく残すためのものですが、準備や実施過程でさまざまな悩みが生じることがあります。特に、天候の不安定さや、こだわりの撮影をどのように実現するかという点が大きな悩みとなることが多いです。

ここでは、これらの悩みに対する有効な対策をご紹介します。

気になる天候問題と対策

結婚式の前撮りは、特に和装を選ぶ場合、その繊細な素材や色合いを最大限に活かしたいと考える方が多いでしょう。しかし、計画を立てていても、気になるのはやはり天候の問題です。

予期せぬ雨や強い日差しは、撮影のスケジュールに影響を与えるだけでなく、和装の素材を傷める可能性もあります。以下では、天候に左右されずに撮影を成功させるための具体的な対策を紹介します。

  • 屋内外の選択肢を持つスタジオの予約:撮影スタジオやロケーションを選ぶ際には、屋内での撮影が可能な場所を選ぶことが重要です。万が一の悪天候でも撮影を続行できるよう、屋内ロケーションのあるスタジオを予約しましょう。また、屋内撮影でも自然光を取り入れられるスタジオを選ぶと、より美しい写真を撮ることができます。
  • 天気予報のチェックと柔軟な計画変更撮影日の1〜2週間前から、定期的に天気予報をチェックし始めましょう。天候が不安定な場合は、スタジオや撮影スタッフと連絡を取り合い、スケジュールの変更が可能か事前に確認しておくと安心です。撮影日が近づいた時点で、最終的な天気予報を基に撮影の可否を決定します。
  • 撮影用アクセサリーの準備:撮影当日、もし雨が降るようであれば、透明な傘や、和装に合わせた雨具を準備しておくと良いでしょう。これらのアクセサリーは、雨が降っても撮影を続けることができるだけでなく、撮影のアクセントとしても機能します。また、日差しが強い場合は、和装に合う日傘を用意しておくことで、直射日光から和装を保護するとともに、撮影に独特の雰囲気を加えることができます。

こだわりの撮影を叶えるためのポイント

和装での前撮りでは、ふたりの個性やこだわりを表現することが重要です。和装自体が持つ伝統的な美しさに加え、撮影のテーマやロケーション選びにもこだわりを持つことで、より印象深い写真を残すことができます。以下に、こだわりの撮影を叶えるためのポイントを紹介します。

  • 撮影コンセプトの明確化撮影する和装の種類や色、撮影のテーマを事前に決定しましょう。たとえば、自然の中で四季の変化を感じさせるような撮影や、歴史的建造物を背景にした格式高い撮影など、撮影テーマに合わせた和装を選びます。撮影のテーマやイメージを明確にすることで、計画や準備がスムーズに進みます。
  • 専門家の意見を取り入れる:和装や撮影に関して専門家の意見を積極的に聞きましょう。特に、経験豊富なカメラマンやスタイリストは、撮影のアイデアや和装の着こなし方について貴重なアドバイスを提供してくれます。また、撮影の際の細かなポーズの指示や表情の作り方についても、専門家の指導が非常に役立ちます。
  • 細部にこだわる:和装の美しさは、細部に宿ります。アクセサリーや小物の選び方一つにもこだわりを持ちましょう。また、撮影場所の選定においても、和装とのバランスや光の当たり方を考慮することが大切です。季節に合わせた風景を背景にすることで、和装の美しさが一層際立ちます。

これらのポイントを抑えることで、和装での前撮り撮影において、ふたりだけのこだわりが反映された、美しく意味深い写真を残すことができるでしょう。

成功事例から学ぶ!前撮りのコツ

和装での結婚式の前撮りは、多くのカップルにとって一生に一度の特別な体験です。成功事例を参考にすることで、自分たちの前撮りをより印象的で感動的なものにすることが可能です。ここでは、感動を呼ぶ撮影の秘訣とプロによる印象的な一枚の作り方を紹介します。

感動を呼ぶ撮影の秘訣

感動的な前撮り写真は、見る人の心に深く残ります。そのためには、撮影にあたっていくつかのポイントを押さえておく必要があります。成功事例を分析すると、以下のような秘訣が浮かび上がります。

  • ストーリー性を持たせる:写真には、カップルの愛の物語を反映させることが大切です。どのように出会い、どのように愛が育まれてきたか。これらの物語は、撮影の構成やシーン選びに深く影響します。
  • 感情を捉える:真の感動は、純粋な感情の表現から生まれます。カメラを意識しすぎずに、自然体でいることが、感動的な写真を生み出します。
  • 光の魔法:光は、写真の雰囲気を大きく左右します。自然光を活用することで、柔らかく温かみのある雰囲気を演出できます。特に、朝早くや夕暮れ時の柔らかな光は、感動的な写真には欠かせません。
  • ロケーションの選定:撮影場所は、写真に深みを加える重要な要素です。カップルにとって特別な意味を持つ場所や、自然の美しさが際立つ場所は、写真に感動を与えます。

プロによる印象的な一枚の作り方

プロフェッショナルな撮影は、ただ美しい写真を残すだけでなく、その瞬間の感情や雰囲気を永遠に封じ込めます。プロによる印象的な一枚を創出するためのテクニックは多岐にわたりますが、以下のポイントが特に重要です。

  • 構図の工夫:写真の構図には無限の可能性があります。プロは、伝統的な構図から現代的なアングルまで、さまざまな構図を駆使して、話題性や芸術性の高い一枚を創り出します。
  • 細部へのこだわり:和装の繊細な装飾や素材の質感は、細かな注意と技術を要します。プロは、これらの細部に焦点を当てることで、和装の美しさを最大限に引き出し、撮影の質を高めます
  • 瞬間を捉える技術:感動的な一枚は、予期せぬ瞬間にしばしば現れます。プロは、その一瞬を逃さないように、常にアンテナを張り、準備をしています。
  • 編集技術:撮影後の編集もまた、写真に深みを加える重要なプロセスです。色調の調整や細かな補正を行うことで、写真に最終的な仕上がりを与え、感動的なエフェクトを加えます。

これらの技術を駆使することで、プロはカップルの大切な瞬間を、忘れがたい記憶として残すことができます。自身の前撮りにおいてこれらのポイントを念頭に置くことで、より深い感動と記憶に残る写真を実現することができるでしょう。

まとめ

ここでは、和装前撮りを成功させるための最も重要なポイントを再確認し、美しい一日を最大限に楽しむためのヒントをご紹介します。

  • 和装選び:和装は、撮影の主役とも言えるアイテムです。季節やロケーション、そしてカップルの個性に合わせた和装を選ぶことが重要です。伝統的な白無垢や色打掛から、現代的なデザインの着物まで、選択肢は多岐にわたります。
  • 専門家の活用:経験豊かなカメラマンやスタイリストの力を借りることで、撮影の質は格段に向上します。プロの技術を活かして、美しいポーズや表情、光の使い方で、一生の思い出に残る写真を残しましょう。
  • ロケーション選定:撮影場所は写真の雰囲気を大きく左右します。自然豊かな場所や、歴史的な建物、カップルにとって意味のある場所など、ロケーション選びには特にこだわりましょう。
  • 天候対策:屋外での撮影では、天候が予測不可能な要素となります。天気予報のチェックはもちろん、雨天時でも撮影が可能な屋内のプランBを用意しておくことが賢明です。
  • ストーリー性を持たせた撮影:写真を通じてカップルのストーリーを語ることで、より深い感動を呼び起こします。出会いから結婚に至るまでのエピソードを写真に込めて、特別な記念にしましょう。

和装での前撮り撮影は、準備と計画が成功の鍵です。この記事で紹介したポイントを参考に、美しい和装での一日を存分に楽しんでください。そして、その特別な瞬間を、最高の形で残していくための準備をしましょう。

〈参考記事〉
https://tokyo-wedding.online/tokyophotocat/photoweddingspot/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/photo-wedding/basic/base/01/
https://wakon-style.jp/iroha/8228/
https://www.weddingnews.jp/magazine/368
https://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/pro_01.html
https://www.tokyo-park.or.jp/park/rikugien/index.html
https://www.tokyo-park.or.jp/park/yoyogi/index.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

黒留袖イメージ

【着物のプロが監修】留袖とは何か?色の違いやマナーなどの基礎知識

はじめに:留袖とは何か 留袖は、日本の伝統的な礼装として長い歴史を持つ着物の一種です。特に結婚式などのフォーマルな場において、既婚女性の正装として重宝されています。黒地に家紋を配し、下半身にのみ柄付けした落ち着いたデザイ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!