【レトロ感満載】アンティーク着物レンタルで大正ロマンを満喫!

【レトロ感満載】アンティーク着物レンタルで大正ロマンを満喫!

はじめに

着物は日本の伝統的な衣装であり、現代でもさまざまなシーンで着用されています。中でもレトロな雰囲気を湛えるアンティークの着物は、大正ロマンや昭和モダンな趣きがあり、古き良き時代への憧れを感じさせてくれます。そんなレトロな着物を、手軽にレンタルして特別な日の装いを楽しんでみませんか?

着物のレンタルは、購入するよりもリーズナブルに利用できるのが魅力です。本記事では、レトロな着物レンタルの魅力や選び方、着こなしのポイントなどを詳しくご紹介します。上品で粋な雰囲気を醸し出すアンティーク着物の風合いを楽しみながら、人生の特別な1日を演出してみてはいかがでしょうか。

アンティーク着物のレンタルで大正ロマンを体験

レトロな着物の中でも、特に人気が高いのがアンティークの着物です。大正時代から昭和初期にかけて作られた着物は、現代にはない独特の雰囲気を放っています。近年は、若い世代の間でもレトロファッションへの注目が高まっています。本物志向の人ほど、昔ながらの良さを感じられるアンティーク着物に惹かれるのかもしれません。う。

絹100%の正絹に宿るレトロな趣き

アンティーク着物の大きな特徴は、贅沢な素材にあります。今も昔も変わらず、最高級の着物の素材といえば正絹。絹100%の滑らかな質感とまろやかな光沢は、まさに繊維の女王と称されるゆえん。肌に触れるたびに、その柔らかな肌触りに虜になりそうです。アンティークの着物は、そんな正絹が持つ気品をたっぷり湛えているのです。

また正絹は、丈夫で長持ちするのも大きな魅力で、大切に受け継がれてきた着物は、まるで時が止まったかのようなクラシカルな佇まいです。脈々と紡がれてきた歴史に思いを馳せると、着物の魅力がより一層深まります。

古典柄の振袖や昭和モダンな小紋で粋な装いを

アンティーク着物の醍醐味は、何といっても柄の美しさにあります。「吉祥柄」や「古典柄」と呼ばれる伝統的な意匠は、一つひとつに込められた想いに胸を打たれずにはいられません。

例えば、振袖には華やかな古典柄がよく用いられています。

  • 枝垂れ桜:優美にしなやかに枝を垂らした桜。可憐な花びらが着物全体に咲き誇る。
  • 檜扇:神聖な木とされる檜と、祝いの席に欠かせない扇を組み合わせた縁起の良い柄。
  • 流水文様:絶え間なく流れる水をダイナミックに表現。生命の源や円滑さを象徴。

一方、一般的に普段着にあたる小紋の魅力は、なんといってもモダンなデザイン性にあります。江戸の町人文化から生まれた小紋は、大正・昭和初期に入ると斬新な意匠を続々と生み出します。
椿や桜、菊などの花柄から、幾何学的な抽象柄まで。シンプルな中に粋なセンスが光る意匠は、着る人の個性を引き立ててくれるはず。

ここでゆめやのモダン着物の中から「青海波柄の紫苑色に菊や紅葉の小振袖」をご紹介しましょう。
濃いブルーノ小振袖に袋帯を合わせることで結婚式やパーティーにも着用できますし、卒業式には袴を合わせ大正ロマン風のコーディネートを楽しむことができます。

モダンテイストあふれるアンティークの小紋は、カジュアルなお出かけにぴったり。現代的な粋を表現しています。

レトロな着物に合わせる小物選びのポイント

小物選びの最大のポイントは、何と言っても着物の柄や色味に合わせること。統一感のある組み合わせを心がけることで、まるで大正や昭和にタイムスリップしたような、粋でおしゃれな着こなしが叶うのです。

柄の統一感が決め手!帯と帯締め・帯揚げの組み合わせ術

着物の印象を大きく左右するのが、帯と帯締め、帯揚げの組み合わせです。おしゃれ上級者になるための秘訣は、この着物の主役級アイテムの選び方にあります。特にレトロな雰囲気を狙うなら、柄の統一感が何よりも大切なポイントです。

着物の柄に合わせて、まずは帯の柄選びから始めましょう。例えば、枝垂れ桜の振袖なら桜の刺繍入りの帯を合わせれば、一気に統一感のある着こなしに。淡い色味の無地の帯なら、柄の邪魔をせず安心の選択肢と言えるでしょう。

着物と帯を繋ぐ帯締めと帯揚げは、コーディネートの方向性を大きく左右します。シンプルな着物と帯の組み合わせにはアクセントカラーでコーディネートはグッと締まります。柄の多い着物と帯でも、帯締めと帯揚げの選び方次第ではまとまり感が生まれます。

このようなコーデの最大のコツは、着物や帯の色柄に含まれる色を帯締め、帯揚げの色とすることです。色数が多く複雑になればなるほど、これを意識すると良いでしょう。

アンティークの簪や巾着でレトロ感を演出

せっかくのレトロな着物スタイルは、髪飾りや巾着など細部までこだわって仕上げたいですよね。そんな時は、アンティークの小物を取り入れて、レトロムードをさらに盛り上げましょう。

まず注目したいのは簪選び。大正ロマンを感じさせる、繊細で優美なデザインの簪を選ぶのがポイントです。花や蝶をあしらった簪は、それだけでどこかノスタルジックな雰囲気をまとってくれます。パールをあしらった上品なデザインなら、クラシカルな着こなしにぴったりです。

振袖スタイルなら、簪と一緒につまみ細工の花飾りやリボンカチューシャを合わせるのも素敵です。また、バッグ代わりの巾着も、レトロな着こなしには欠かせないアイテムです。昔ながらの縮緬や銀通しからは、当時の風合いが感じられるはずです。レトロ感だけでなく、七宝や雪輪などの有職文様はコーディネートの質を向上させます。

その他、外出着には帯留めや根付けなどの小物にもこだわりを持ちたいところです。マットな質感のパーツやビンテージライクな雰囲気のあるモチーフを選んで、とことんアンティークスタイルに徹するのも粋ですね。

レトロな着物レンタルでおしゃれに彩る人生の節目

人生には、卒業式や成人式、結婚式など、特別な日が訪れるものです。そんな人生の大切な節目を、レトロな着物を纏っておしゃれに彩ってみませんか?大正ロマンあふれるアンティークの着物は、現代にはない味わい深さと華やかさを兼ね備えているので、晴れの日のシーンにぴったりですよ。それも、レトロな着物のレンタルサービスなら誰もが憧れるおしゃれな和装姿に、気軽に袖を通せるのが嬉しいポイントです。

卒園・卒業・入学式…晴れの日に相応しいレトロ和装

我が子の卒園・入学式は、親にとっても人生の節目となる大切な日。そんな記念すべき1日のために、ママもいつもとは違う特別なおしゃれを楽しみたいですよね。レトロな着物を選べば、品格と個性が同居する、唯一無二の装いが叶うはずです。

卒園式や入学式のママの装いには、気品あふれる訪問着がおすすめ。淡いブルーやラベンダー、抹茶色など柔らかな色調の生地に、風格のある古典柄や愛らしい花柄が映える訪問着なら、ママの晴れ姿にぴったりです。

小学校の卒業式には、清楚で凛とした佇まいの付け下げもおすすめ。上品なグレーやベージュの地に、金銀の煌めく意匠をあしらえば、格も保ちながら晴れやかに仕上がります。

結婚式やパーティーのお呼ばれシーンに昭和モダンな装い

結婚式やパーティーなど、人生の晴れやかな舞台へのお呼ばれも、レトロな着物で粋に決めてみませんか?特別な日のゲストだからこそ、いつもと違うアンティーク着物姿に挑戦するのにぴったりのチャンスです。

格式高い結婚式に親族として参加するなら、品格漂う黒留袖がおすすめ。クラシカルな黒地に、ゴールドやシルバーの華やかな意匠が煌めく黒留袖なら、会場の着物姿をリードする存在感が手に入ります。松竹梅や鶴亀などの慶びの吉祥柄を選べば、おめでたい席の雰囲気作りにも一役買えるはず。

ここではアンティーク黒留袖「花とアラベスク模様の五つ紋付黒留袖」をご紹介します。
現代にはない、個性的なアラベスク模様。着る機会の少ない黒留袖だからこそ、お気に入りの1着を見つけたいものです。

友人の結婚式には、訪問着もおすすめです。深みのある淡い地色に、モダンテイストを感じさせる柄行きを組み合わせた訪問着なら、個性的な着こなしを楽しめます。アンティークならではの重厚な色合いと、時を超えて愛される意匠の妙味を、ぜひお呼ばれの席で堪能してみてください。

結婚式のお呼ばれやパーティーにおすすめの訪問着「淡い杏色に牡丹や菊の春秋紋様の訪問着」杏色のグラデーションがとても華やかで綺麗ですね。さりげない牡丹や菊の紋様。上品さのある1着です。

カジュアルなパーティーには、可憐な雰囲気の小紋や、洗練された色無地がぴったり。椿や桜、橘など愛らしい花柄を散りばめた小紋なら、レトロでモダンなムードたっぷりの装いに。上品なグレーやネイビーの無地は、シンプルな中にも粋な個性を感じさせてくれます。

着物初心者でも安心!レトロ着物レンタルの流れ

憧れの高価なレトロ着物を購入するのは、着物初心者にはハードルです。しかし、そんな時に手軽に夢を叶えてくれる着物レンタルですが、それさえも初めては不安だらけでしょう。ここでは、レンタルの流れに関して解説していきます。

手軽にフルセットで揃うレンタルプランがおすすめ

着物をレンタルするとき、着物と帯だけでは着付けられません。お古の着物を持ってるなどで、バラバラでレンタルや購入というのもよいですが、レンタル店の多くは着物一式フルレンタルプランを用意していることが多いです。これらは、全部借りたからといって決して高額なレンタル代金になる訳でもありません。むしろ、揃え忘れなどもない上に、着用シーンにばっちりな着物で本番に臨めます。

また、レンタルショップの中には、ヘアセットまで付いていたり、着付けが無料であったりと嬉しいプランを用意しているところもあります。ヘアメイクと着付けだけで数万円かかることが多いですので、それ込みでレンタル内容を確認すると、とてもお得だということが分かると思います。

セットの中身は以下のものが基本となります。

  • 着物、帯、襦袢などの基本的な着付けアイテム一式
  • 足袋、腰紐、伊達締めなどの着付け小物類
  • 草履やバッグなどのお出かけ和装小物
  • 簪や髪飾りなどのヘアアクセサリー

レンタルプランを選ぶ際は、しっかりとセット内容をチェックして、必要アイテムがどこまで揃っているかを確認しましょう。

レンタルの手順

レンタルを利用する流れは以下になります。

①レンタル店のリサーチ:インターネットなどで口コミを確認して比較をしておくと良いです。また、ホームページがある場合は、サービス内容の確認をしておくと安心です。

②商品選定:実店舗の場合は、来店して商品を直接選んでいきます。この時、明確に希望の着物があるのであれば、事前に店舗に連絡をしておくと在庫切れなどの心配がありません。インターネット店舗の場合は、画面で選ぶことになるので、なるべく画像点数が多い店舗で選ぶと実物のイメージが掴みやすいです。

③試着:実店舗であれば必ず試着しましょう。着物はあまり体型に左右されない衣装ではありますが、実際に着てみないことには柄の出方などが分かりません。また、小物合わせも同時に行うことで、プロの意見を取り入れたより良いコーディネートを実現できます。オンラインの場合も、可能な限り試着をしましょう。

④手続き:レンタル内容が決まったら予約を行います。レンタル期間や返却方法、キャンセルポリシーは確実に確認しておくことが大切です。

⑤イベント当日:レンタル店で着付けも行う場合は当日店舗に向かい、着付けてイベントに参加します。他会場での着付けの場合は、事前に着物を受け取り着付け師に渡す流れになります。その場合は、前もって着付け師に予約をしておく必要があります。オンラインの場合はイベントの2日ないし前日に着物が届くので、内容を確認しましょう。万が一、不備があれば早急にレンタル店に連絡を取り、対応してもらいましょう。

⑥返却:イベント後は多くの場合で、着物はそのままレンタル店に返却します。オンライン店の場合も指定の方法で返却します。ただ、返却前に汚れや破損がないことを確認してから返却すべきです。返却後に汚れなどが発覚した場合、追加料金が発生することがあります。

良質なレトロ着物をレンタルできる専門店の見極め方

着物選びの成否は、レンタルショップ選びの時点である程度決まってしまうと言っても過言ではありません。とりわけアンティークのような繊細な着物を扱うお店選びは、慎重の上にも慎重になるべき大事なポイントとなります。ここでは、上質なレトロ着物を借りられる専門店の特徴を、着物屋の目線からご紹介します。

ゆめやは「アンティークきものレンタルゆめや東京店」「アンティークきものレンタルゆめや山梨店」2つの店舗がございます。プロフェッショナルなスタッフがアンティーク着物の良さを伝え、おきゃウサマのニーズに合わせたコーディネートをご提案させていただきます。

豊富な品揃えと丁寧な接客が専門店の証

上質なレトロ着物が揃う専門店の第一の条件は、アンティーク着物へのこだわりの深さと言えるでしょう。着物の点数が多いということは、お客様の選択肢が広いと同時に、スタッフ側もお客様のニーズに最適な着物を提案できるチャンスが多いということです。加えて、豊富な着物を取り扱うということは、それだけ着物に通じていないと接客が成り立ちません。そういったことからも、豊富な品揃えの店舗のスタッフは知識が豊富であることが多いです。

もう一点大切なことは、接客の質です。売上ばかりを意識している店舗は、安い商品、プランを選ぶお客様には冷たいです。例えば、足袋などの小物の接客をスタッフに依頼しても、売上至上主義の店舗は恐らく冷たい対応をする印象があります。こういった小物品でも、専門店としての誇りを持つ店舗であれば細かく接客してくれます。

また、住所や連絡先など個人情報ばかりを聞いてくる店舗も注意です。そのスタッフは、お客様のニーズは聞いていません。折角、最高の着物をレンタルするのであれば、このような点にご注意ください。

着付けやヘアセット、小物の充実レンタルサービスも重要

レンタルプランの決め手は、サービスの豊富さで決めても良いと思います。前述の通り、着物の着付けだけでも1万円以上かかることがままあります。ヘアメイクもそれぞれで行うと同様かそれ以上の金額となります。その代金も込みでのレンタル代金というのは大きなメリットです。

また、小物のグレードアップができるなどプランを多く持っていることも重要です。「もう少しここが、あそこが」という細かな要望を満たしてくれるのは、そのような細かなプランニングが可能な店舗です。

そうは言っても、着物初心者の場合は細かな着物のコーディネートというのは難しいものです。プロが間違いない小物合わせをしてくれる店舗というのは、安心感があります。目指す方向が詳細に思い描けるのでない限りは、プロにおまかせするというのも大切な判断なのかなとは思います。

まとめ

ここまでレトロな着物の奥深い世界をのぞいてみていかがでしたでしょうか。時代を重ねても色褪せない、アンティーク着物の魅力、そして現代にはない洗練された美意識と、どこかノスタルジックな雰囲気を醸し出す佇まい、そんな特別な一枚を身にまとい、非日常の一日を過ごす喜びは、きっと忘れ難い思い出になるはずです。

しかし、着用機会の少なくなってきた現代において着物は購入しても、箪笥の肥やしになる場合が多いことでしょう。それならば、一生モノを購入するよりもずっとお手軽に、本格的なアンティーク着物を堪能できる着物のレンタルを利用する方が、よっぽど賢い選択だと言えます。豊富な品揃えはもちろん、プロの着付けやヘアセット、小物合わせまで、トータルでサポートしてくれる頼もしい専門店も全国的に増えているので、着物初心者の方にこそぜひおすすめしたいサービスです。

この機会に、特別な瞬間をぜひ特別な着物で彩っていただければと思います。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

成人式・振袖を自由に選べる前撮りプラン(ロケーション撮影)【set09】

【成人式】振袖前撮り|撮影プランや東京都内のおすすめスポットなど

はじめに 振袖を身に纏い、20歳という人生の節目を祝う成人式。そんな記念すべき瞬間を記録に残すために、多くの方が選んでいるのが成人式の前撮りです。東京都内には伝統と現代が融合する街並みが至る場所に存在し、振袖姿をより一層 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!