卒業式イメージ_ham

【2024年版】卒業式を彩る小学生向け袴レンタル|最新トレンドスタイル

はじめに

小学生の卒業式は、お子さまにとっても親御さんにとっても大きな節目です。この特別な日に、多くの女の子が選ぶのが「袴」という伝統的な衣装です。は、美しい色とデザインで、卒業式に彩りを添えます。本記事では、袴の種類サイズの選び方着付けの基本ステップ小物選びおしゃれなコーディネート例など、小学生の卒業式に向けた準備を詳しく解説します。

袴の種類と特徴

小学生の卒業式のためにを選ぶ際には、デザインや色、柄など多くの選択肢の中から選ぶ必要があります。ここでは、お子さまにぴったりの選ぶためのポイントを詳しく解説します。

小学生の女の子向け袴のデザイン(桜、梅、椿の刺繍入り)

小学生の女の子向けの袴は、伝統的な美しさがありながらも、子どもらしいかわいらしさを兼ね備えたデザインがおすすめです。特に人気のあるデザインとしては、桜、梅、椿の刺繍が施されたものがあります。これらのデザインは、卒業式という晴れの日にふさわしい華やかさと品位を与えてくれます。

  • 桜の刺繍:春の象徴である桜の刺繍は、卒業式にぴったりのデザインです。淡いピンクや白の花びらが舞う様子が描かれており、柔らかく優しい印象を与えます。
  • 梅の刺繍: 冬の終わりから春にかけて咲く梅の花は、新しい門出を祝うのにふさわしいモチーフです。赤や白の梅の花があしらわれたデザインは、清楚で上品な雰囲気を醸し出します。
  • 椿の刺繍::椿の花は、大きくて華やかな花びらが特徴です。赤やピンク、白などの色とりどりの椿の刺繍は、鮮やかでありながら落ち着いた印象を与えます。

これらの刺繍入りの袴は、伝統的な美しさと現代的なセンスを融合させたデザインで、小学生の女の子たちからの人気が高いです。また、刺繍のディテールが細かく、見た目も豪華です。刺繍の色や柄は、袴の基本色や袴に合わせる着物と調和するように選ぶと、一層華やかでまとまりのある装いになります。

色で選ぶ袴:赤、紺、水色、緑

袴の色は、全体のコーディネートの中で非常に重要な役割を果たします。ここでは、小学生の卒業式にふさわしい代表的な色とその特徴を紹介します。

  • 赤:赤は、元気で活発な印象を与える色で、卒業式という晴れの日にふさわしい華やかさを持っています。赤い袴には、白や金の刺繍がよく映え、全体的に明るく鮮やかなコーディネートになります。
  • 紺:紺色の袴は、落ち着いた印象を与えます。上品で知的な雰囲気を持つ紺は、卒業式という厳かな場にもぴったりです。紺色には、白や銀の刺繍がシンプルに映え、洗練されたスタイルを演出します。
  • 水色:水色は、清涼感があり、爽やかな印象を与えます。特に春先の卒業式にふさわしい色であり、若々しさを引き立てます。水色の袴には、淡いピンクや白の刺繍がよく合い、優しく可憐なスタイルになります。
  • 緑:緑色の袴は、自然を感じさせる色で、リラックスした雰囲気があります。エネルギッシュでありながら落ち着いた印象を与える緑は、卒業式という特別な日に新鮮さをもたらします。緑の袴には、金や白の刺繍がよく合い、自然でありながら華やかな装いになります。

色選びのポイントは、お子さまの好みや肌の色卒業式のテーマに合わせることです。の色と着物の色や柄、そして帯や小物の色をバランスよく組み合わせると、全体のコーディネートが引き立ちます。色や柄の組み合わせで、同じ袴でも異なる印象を楽しむことができます。

卒業式の袴選び:サイズとスタイル

小学生の卒業式で袴を選ぶ際には、サイズやスタイルが重要です。これによって印象が大きく左右されるため、適切な選択をしましょう。ここでは、袴のサイズの選び方と、スタイルのバリエーションについて詳しく解説します。

体型に合わせた袴サイズの選び方

袴のサイズ選びは、見た目の美しさだけでなく、着心地にも大きく影響します。適切なサイズを選ぶことで、お子さまが一日中快適に過ごせます。以下に、体型に合わせた袴のサイズの選び方を紹介します。

  • 身長に合わせる:
    袴の長さは、身長に合わせて選びます。一般的には、くるぶし程度の長さが理想です。袴が短すぎたり長すぎたりすると、見た目に違和感が出るため注意しましょう。具体的な長さの目安は以下の通りです。
    身長 (cm) :袴の長さ (cm)
    140以下:65〜80
    140〜145:81〜90
    146〜150:90〜95
    151〜155:95〜99
    156〜165:100〜102
  • 帯の位置:
    帯は、アンダーバストの下あたりで結びます。この帯の位置が、袴全体のバランスを決めます。帯が正しい位置に結ばれているかどうかは、自分では確認しづらいので、誰かに見てもらうことが大切です。
  • 着物との調和:
    袴を選ぶときは、着る着物とのバランスも考えます。着物の柄や色に合う袴を選ぶと、全体の印象がまとまります。例えば、華やかな柄の着物にはシンプルな袴を合わせるとバランスが良くなります。色の組み合わせも大事で、赤い着物には紺色の袴を合わせると、引き締まった印象になります。

レトロモダンから伝統的なスタイルまで

袴のスタイルには、レトロモダンから伝統的なスタイルまで、幅広い選択肢があります。

  • レトロモダンスタイル:最近のトレンドは、古典的な要素にモダンなデザインを取り入れたレトロモダンスタイルです。鮮やかな色合いや現代的な柄が特徴で、若々しく活動的な印象を与えます。例えば、鮮やかな赤やブルーの袴に、モダンな花柄の着物を合わせるといったコーディネートが考えられます。
  • 伝統的なスタイル:伝統的なスタイルは、古典的な美しさと格式を重んじる選択です。落ち着いた色合いと繊細な柄が好まれ、格式ある卒業式にぴったりです。例えば、黒や紺、紫といった色が使われることが多く、シンプルながらも上品な印象になります。黒い袴に伝統的な模様が入った着物を合わせると、落ち着いた高級感が漂います。

ゆめやで取り扱っているアンティークの着物に合わせる袴スタイルは、伝統的で上品な雰囲気を醸し出すことができます。小学生の卒業式にぴったりの袴スタイルです。

大正時代から昭和にかけての一つ紋付きアンティーク小振袖です。御簾、桐、橘の花が織り出された正絹の地が薄紅色に染められ、丸紋の中には水仙、菊、牡丹などが手描きされています。

袴のスタイル選びは、卒業式の雰囲気や家族の希望を考えつつ、お子さまの個性を表現することが大切です。レトロモダンスタイルには現代的なヘアスタイルや髪飾りを、伝統的な和服スタイルには古典的なヘアスタイルや髪飾りを合わせると、すてきなコーディネートが完成します。

小学生でもわかる袴の着付け方法と必要な小物

小学生の卒業式を着る際、正しい着付け方法と必要な小物を理解しておくことはとても大切です。ここでは、袴の基本的な着付け手順と、その際に必要となる小物についてわかりやすく説明します。

着付けの基本ステップ

袴の着付けは、順番に従って丁寧に行うことで、美しい仕上がりになります。初めての方でも、以下の手順を守ればスムーズに行えます。

  1. 着物を正しく着る着物を羽織り、衿元をしっかりと整えます。衿元が緩いと全体の見た目が崩れるため、きちんと締めることが大切です。
  2. 帯を締める:帯を締め、形を整えます。結び方はリボン結びにします。このリボン結びに袴の紐を掛けて固定します。
  3. 袴を固定する:袴の紐をリボン結びに巻きつけ、しっかりと固定します。このとき、袴の丈がくるぶしまで隠れるように調整します。
  4. 袴の位置を調整する:袴の位置がずれないように確認し、全体のバランスを見ながら最終調整を行います。

腰紐、半衿などの着付け小物の役割

を着る際には、腰紐半衿などの小物が欠かせません。これらの小物は袴の着付けをスムーズにし、美しい見た目に着付けるために重要な役割を持っています。

  • 腰紐着物をしっかりと固定し、形を整えるために使います。腰紐がしっかりしていないと、着物がずれてしまい、見た目が崩れてしまいます。
  • 半衿:着物の下に着る長襦袢の衿元に付ける布で、首元を清潔に保ちつつ、華やかさを演出します。半衿は白系が一般的ですが、色や柄を選んで個性を出すこともできます。

これらの小物を正しく使うことで、全体的なバランスが保たれ、長時間着用しても美しい状態を維持できます。特に卒業式のような長時間のイベントでは、小物の正しい使い方が重要です。

着付けは難しく感じるかもしれませんが、基本的な小物の使い方を覚えることで、誰でも美しく袴を着こなすことができます。自分で着付けに挑戦するという方は、事前に練習を積んでおいてください。卒業式という特別な日に向けて、しっかりとした準備をしておきましょう。

袴レンタルの選び方と利用のポイント

袴レンタル卒業式に袴を着用したいと思う小学生と親御さんに最適です。袴や着物を購入するよりも安価で、準備と後片付けの手間を省きつつ、多種多様なスタイルから選べるため非常に便利です。ここでは、袴レンタルのメリットと、おすすめの着物レンタルサービスについて詳しく説明します。

袴レンタルのメリットとは何か?

袴レンタルの最大のメリットは、コストパフォーマンスと便利さです。特に、以下の点が挙げられます。

  • コスト削減袴を購入する場合、高額な出費が必要ですが、レンタルなら一定の料金で最新のデザインを着用できます。
  • 多様な選択肢:いろいろな色やデザインの中から選べるため、自分の好みや卒業式のテーマに合わせやすいです。
  • メンテナンス不要:着用後のクリーニングや保管の手間が不要で、利用後は返却するだけです。

ゆめやでは小学生におすすめの袴のレンタルサービスを扱っています。初めての方でも安心の、プロによるコーディネートと、クリーニング不要で返却も簡単です。美しいアンティークの着物と共に、袴を楽しんでみてください。

椿色に牡丹、橘などの花が織り込まれた、大正から昭和初期の手描き友禅のアンティーク一つ紋付き小振袖です。椿色の地色に、梅、橘、菊、牡丹、蘭などが丁寧に手描きされています。

おすすめの着物レンタルサービスと特徴

袴レンタルサービスを選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえておきましょう。以下に、サービス選びのポイントを詳しく説明します。

  • 品質の高い袴を選ぶ
    袴の素材にはさまざまな種類がありますが、特におすすめなのは正絹や高品質なポリエステル素材です。正絹は伝統的な素材で、美しい光沢としなやかさが特徴です。ポリエステル素材は扱いやすく、手入れが簡単なので、小学生が着る袴にはぴったりです。
  • デザインの豊富さ
    袴のデザインは、伝統的な柄から現代的なデザインまで幅広くあります。好みや卒業式のテーマに合わせて、色や柄を選びましょう。例えば、華やかなグラデーションが入ったものやシンプルな無地の袴など、さまざまな選択肢があります。
  • サイズの豊富さ
    子どもは成長が早いので、サイズが豊富に揃っているレンタルサービスを選ぶと安心です。細かいサイズ調整が可能なサービスを選ぶことで、ぴったりの袴を見つけることができます。
  • 着付けサポート
    初めて袴を着る場合、着付けのサポートがあると非常に便利です。着付けの方法を教えてくれるサービスや、着付けのプロがサポートしてくれるサービスを選びましょう。
  • 利用者の口コミや評価
    実際に利用した人の口コミや評価をチェックすることで、サービスの品質や信頼性を確認できます。口コミを参考にすることで、安心してレンタルサービスを利用できます。

これらのポイントを押さえたレンタルサービスを選ぶことで、お子さまの卒業式が素晴らしい思い出になるはずです。

卒業式当日の準備と進行

卒業式当日は、主役となる小学生とその家族にとって特別な一日です。この大切な日をスムーズに過ごすためには、事前の準備が欠かせません。ここでは、卒業式前の最終チェックリストと、当日の袴のマナーとエチケットについて詳しく説明します。

卒業式前の最終チェックリスト

卒業式当日を迎える前に、しっかりと準備を整えることが大切です。以下に、卒業式前に確認しておくべきポイントをリストアップしました。

  • 袴と着物の準備:
    前日に袴と着物を準備しておきます。しわや汚れがないか確認しておきましょう。また、着付けに必要な小物(腰紐、帯、半衿など)も揃えておきます。
  • 小物類の準備:
    髪飾りやバッグ、靴などの小物類も前日に用意しておきます。忘れ物がないようにリストを作成して確認しましょう。
  • ヘアスタイルの確認:
    当日のヘアスタイルを決めておき、美容院の予約が必要な場合は早めに予約しておきます。自宅でセットする場合は、事前に練習しておくと安心です。
  • スケジュールの確認:
    卒業式当日のスケジュールを確認し、着付けや移動の時間を考慮して余裕を持った行動計画を立てましょう。
  • 持ち物の確認:
    スマートフォンやカメラなど、当日に必要な持ち物をチェックリストにまとめて前日に準備しておきます。

卒業式での袴のマナーとエチケット

卒業式で袴を着る際には、基本的なマナーとエチケットを守ることが大切です。ここでは、袴を着る際の注意点やマナーについて説明します。

  • 正しい姿勢を保つ:
    袴を着ているときは、背筋を伸ばして正しい姿勢を保ちましょう。姿勢が良いと、袴の美しさが引き立ちます。
  • 歩き方に注意:
    袴を着ているときは、通常の歩幅よりも少し小さめに歩くと動きやすいです。階段を上り下りする際は、袴を軽く持ち上げて足元に注意しましょう。
  • 座り方の工夫:
    袴を着て座るときは、ゆっくりと腰を下ろし、袴が乱れないように気をつけます。
  • 写真撮影のポイント:
    写真撮影の際は、自然な笑顔と共に正しい姿勢を心がけましょう。袴と着物の美しさが引き立つように、背景やポーズにも気を配るとよいです。
  • 周囲への配慮:
    卒業式は多くの人が参加する式典ですので、周囲の人への配慮を忘れずに。例えば、移動時に他の人の袴を踏まないように気をつけましょう。

これらのマナーとエチケットを守ることで、卒業式がより素晴らしい思い出になります。

小学生の女の子向け:袴と合わせる小物とコーディネート

小学生の女の子の卒業式は、一生に一度の大切なイベントです。袴を選ぶ際には、ブーツなどの小物選びも非常に重要です。適切な小物を選ぶことで、袴姿をより華やかで個性的に演出できます。ここでは、ショートブーツやリボン帯飾りなどの選び方と、おしゃれでモダンなコーディネート例を紹介します。

ショートブーツ、リボン、帯飾りなどの小物選び

小学生の袴姿に合わせる小物類は、見た目の美しさだけでなく、一日中快適に過ごせるようなものを選びましょう。ここでは、具体的な小物類の選び方をいくつかご紹介します。

  • ショートブーツ:
    袴には草履ではなくショートブーツを合わせることもできます。ショートブーツは足首までしっかりとサポートしてくれるため、小学生には特におすすめです。色や素材にもこだわり、袴の色と調和するものを選びましょう。例えば、赤や紺の袴には、黒や濃茶のショートブーツが相性抜群です。
  • リボン:
    髪飾りの一つであるリボンは、色や大きさがポイントです。袴の色と同系色を選ぶことで、統一感のあるコーディネートになります。また、リボンの材質や形状を変えることで、さまざまな表情を楽しむことができます。桜や梅の刺繍が入ったリボンは、春の卒業式にぴったりです。
  • 帯飾り:
    帯飾りは袴の結び目部分につける飾りのことです。造花やリボンのコサージュなど、華やかなものが多いのが特徴です。袴と着物と調和するような帯飾りを選びましょう。

おしゃれでモダンな袴コーディネート例

袴のコーディネートを考える際には、伝統的な要素を尊重しつつも、現代的なセンスを取り入れることができます。以下に、おしゃれでモダンな袴コーディネートの例をいくつか紹介します。

  • クラシック&モダン:
    紺や黒の袴に白や灰色の刺繍が施されたものは、クラシックでありながらモダンな印象を与えます。これに合わせて、シンプルな白の着物を着用することで、上品さを保ちつつ現代的な感覚もプラスできます。例えば、ネイビーの袴に白い着物、そして黒のショートブーツを合わせるスタイルは、落ち着いた中にも洗練された雰囲気があります。
  • ビビッドカラー:
    赤や青などのビビッドな色の袴は、卒業式の日に華やかさを演出します。これに対照的な色の小物を加えることで、元気で明るい印象になります。例えば、赤の袴に白のリボンや銀の飾り帯を合わせると、鮮やかな色合いが引き立ちます。
  • ナチュラルスタイル:
    淡い色の袴にナチュラルカラーの小物を合わせることで、柔らかく優しい印象に。例えば、水色の袴に白いリボンやナチュラルウッドの髪飾りを合わせると、春らしい爽やかなスタイルになります。さらに、ショートブーツも淡いベージュを選ぶことで、全体的に統一感のあるコーディネートが完成します。

袴と小物の組み合わせには、無限の可能性があります。お子さまの個性や好みに合わせて、一緒にコーディネートを楽しむことで、さらに卒業式の思い出が深くなるでしょう。

まとめ

本記事では、小学生の女の子卒業式袴を美しく着こなすための情報を幅広く紹介しました。袴の種類、サイズの選び方、着付けの基本ステップ、アクセサリー選び、おしゃれなコーディネート例を詳細に解説しました。この記事が、卒業式の準備を進める際の参考となり、素晴らしい一日を迎えるお手伝いになれば幸いです。

〈参考記事〉
https://www.maimu.co.jp/contents/hakama/42331/
https://obebeya.jp/column/column03/
https://www.selfit-hakamarental.com/contents_h/detail424/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅と菊の花に檜扇の黒振袖【fuk28】

【初めてでも安心】成人式の黒振袖レンタル完全攻略マニュアル

はじめに 成人式は日本の若者にとって人生の大きな節目です。女性がその重要な日を華やかに彩るには、振袖選びは大切なポイントです。そんな振袖の中でも、特に黒の振袖は、古典的かつ現代的な美しさの両方を兼ね備えていることから、多 […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ

【2024年最新版】プロが教える女学生の袴選びと卒業式の装いのヒント

はじめに 卒業式という特別な日の衣装として、多くの女学生が袴を選んでいます。女学生とは、一般的に戦前の日本で中等教育を学んでいた女子学生や生徒のことを指します。現代の感覚でいえば、初等教育から高等教育まで、学ぶ全ての女性 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!