桃から黄へのぼかしに絵羽模様の一つ紋付産着【kod144】

【初心者向け】お宮参りと100日祝い: 写真で記録する二つの行事

はじめに

赤ちゃんはこの世界に生まれてから、あっという間に成長していきますね。いくつもの行事を経験し、大人に近づいていきます。ママとして、その一瞬一瞬を大切にした記念写真をたくさん撮りたいものですよね。ですが、お宮参りや百日祝いといった行事は、それぞれの意味や流れ、準備の方法が異なるため、初めてのママは少し戸惑うかもしれません。このセクションでは、お宮参りと百日祝いの違いについて、お話しします。

赤ちゃんの記念日、何が違う?

「お宮参り」とは、赤ちゃんが生まれてから初めて神社にお参りする行事です。多くの地域で行われていて、赤ちゃんが無事に生まれたことを、神仏に感謝します。一方、「百日祝い」は、生後100日を迎えた赤ちゃんの健やかな成長を、家族や親族と一緒にお祝いする日本の伝統的な行事です。「お食い初め」とも呼ばれ、この日は赤ちゃんのために、特別な食事が用意されるでしょう。どちらも赤ちゃんの成長を喜ぶ大切な日ですが、意味や行う内容が異なります。

また、撮影のポイントもそれぞれ異なります。お宮参りでは、神社の境内での撮影がメインとなりますが、百日祝いは、家族と一緒にリビングやスタジオでの撮影が一般的です。衣装の選び方や、撮影の際のポイントも異なるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

この記事で学べること

この記事では、お宮参りと百日祝い、それぞれの意味から、どのように準備を行い、どのようなポイントで撮影を楽しめるのかを、詳しく紹介します。また、他のママたち経験した際の注意点やアドバイスも交えて、わかりやすく解説していきます。

お宮参りや百日祝いには、それぞれの地域や家庭によって異なる流れやマナーが存在します。そのため、どちらの行事も、あなたの家族に最適の方法で行いましょう。この記事を通して、最適な方法を見つけるお手伝いができれば嬉しいです。

というわけで、赤ちゃんの成長を祝う二つの記念日であるお宮参りと百日祝い。それぞれの行事の違いや、楽しみ方について、心を込めてお伝えしていきます。どうぞ最後までお付き合いくださいね。

お宮参りとは?

お宮参りの意味と行われる時期

お宮参りは、赤ちゃんがこの世に生まれてきたことを祝う行事です。お宮参りの主な意味は、無事に生まれてきたことを神さまに感謝し、赤ちゃんの健やかな成長と明るい未来を願うこと。日本の伝統的な行事として、多くの神社で行われてきました。お寺でも、「初参り」や「お礼参り」として、同じような行事が行わています。

「お宮参り」は、その名前からも分かるとおり、神社でのお参りがメインの行事となります。神社へのお参りの際には、親族や祖父母も一緒に参加することが多く、家族全員で赤ちゃんの誕生を祝う、とても大切な時間となります。

では、いつこのお宮参りを行うのでしょうか。その時期は、男の子の場合は生後31日頃、女の子の場合は生後33日頃とされています。ただし、地域や家庭によっては、このタイミングが異なる場合もあります。また、赤ちゃんやママの体調を考慮し、日取りをずらすケースも多いようです。生後〇日にとらわれず、お子さまの様子やママの体調を確認しながら、スケジュールを調整しましょう。

お宮参りの後には、100日を迎える「百日祝い」や、3歳、5歳、7歳のお子さまを祝う「七五三」など、さまざまな祝い事が待っています。これらの行事も、赤ちゃんの成長の節目として、家族みんなで祝う大切な日々の積み重ねです。そして、その後の成人式や結婚式といった、一生の中での大きなイベントへと続いていきます。

このように、お宮参りは家族の一員として迎えられた赤ちゃんの新たな人生の第一歩を祝う、とても特別な行事なのです。

おすすめのお宮参りの服装と持ち物

さて、そんな大切なお宮参りの日。どんな服装で、何を持って行けば良いのでしょうか。

お宮参りの祝い着については別の記事でも解説していますが、まずは赤ちゃんの衣装から。男の子も女の子も、ベビードレスや産着を着ます。和装の場合は、白羽二重と呼ばれる内着に、色とりどりの産着を羽織り、赤ちゃんを抱っこする人と紐で結んで祝い着とします。

もともとのお宮参りは、赤ちゃん・お父さま・父方のお祖母さまが、お父さまがお育ちになった地域の神社にご挨拶に伺う行事でした。赤ちゃんを抱くのはお祖母さまです。現代では、赤ちゃんとご夫婦だけでお宮参りを行う家族が増え、お母さまが赤ちゃんを抱かれることが多いようですが、まだ体調が万全でないこともありますので、どうぞご用心なさってください。また、古くからのしきたりを重んじるご家庭でしたら、祈祷の間はお祖母さまに抱いていただくとよろしいでしょう。

男の子には家紋の入った黒の羽織り風のもの、女の子には赤やピンク、朱色の地色に花柄をふんだんにあしらったものが人気です。羽二重の代わりにベビードレスを着せて、その上から祝い着を羽織るスタイルも増えています。ベビードレスと祝い着で赤ちゃんのお色直しができますね。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。大切に受け継がれてきた、女の子の産着をご紹介しましょう。

左端「深緋色にオレンジの雲取、四季の花薬玉の産着」は、柔らかくて軽い錦紗縮緬正絹地に、オレンジの雲取り紋様と花々が手描きされています。中央「桃から黄へのぼかしに絵羽模様の一つ紋付産着」は、裾のピンクから肩の黄色にかけてぼかしに花々が手描き・手刺繍されています。しっかりとしたお家柄がしのばれるデザインです。右端「サーモンピンクに檜扇、四季の花の産着」は、錦紗縮緬に、立涌に菊・牡丹・梅などが織り出され、花々が手描きされています。贅を尽くした、五つ紋付きの産着です。

最近では、レンタルを利用する家庭が増えていて、豪華な着物や可愛らしいベビードレスを自由に選べべるようになりました。

ゆめやには、男の子の産着もご用意しています。いずれも五つ紋付のアンティークです。

左端「流水に松竹梅の掛きもの」穏やかな風景が描き出され、お子さまの穏やかな人生を願う絵柄です。かなり厚めの羽二重ですので、冬のお宮参りにおすすめです。中央「雲海に龍の掛きもの」は、迷いのない筆致にたくましさを感じます。入子菱の地模様が織り出され、紐も共布となっていて、たいへん高級な作りです。右端「松と富士山の五つ紋付掛きもの」は、幻想的な松の姿が印象的です。

もちろん、家族が大切にしてきた衣装を受け継ぐという方法もすてきです。お好みや家族の伝統に合わせて、選び方はそれぞれ。ただし、赤ちゃんが快適に過ごせるよう、素材やサイズに注意しましょう。

ママの服装に関しては、着物を着る人が多いです。特に、初めてのお子さまの場合は、華やかな色の着物を選ぶのが一般的。ですが、現在はカジュアルな服装で参拝する方も増えてきました。神社によっては、服装のマナーが定められていることもありますので、神社のマナーを知ったうえで、自身の服装を選びましょう。

お宮参りの付き添いですので、あまりに派手な着物はマナー違反となりますが、「淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着」のような淡い色合いでしたら大丈夫でしょう。桜の花が描かれ春っぽい地色ですが、前身頃に描かれた花は・菊・牡丹。菖蒲などですので秋にもお召しいただけます。

パパやお祖父さまなど、お宮参りにおける大人の男性向け服装も忘れずに確認しておきましょう。

お宮参りの際には「お初穂料」が必要となります。お宮参りのお礼の金額は、5,000円~10,000円のことが多いですが、神社のホームページや電話で確認なさると安心です。また、記念写真を撮影するためのカメラやスマホも忘れずに。長時間の外出になりますので、赤ちゃんの授乳やオムツ替えのための準備も欠かせません。

お宮参りは、家族みんなが赤ちゃんの成長を祝う特別な日。流れやマナー、持ち物など、事前にしっかりと準備をして、心からその瞬間を楽しんでください。こちらの記事でもお宮参り用のレンタル着物に関するご紹介をしています

百日祝いとは?

赤ちゃんの誕生は、家族にとって最も幸せな瞬間の一つです。この小さな命の成長を祝うためのさまざまな行事がありますが、その中でも特に注目を集めるのが、「百日祝い」です。

百日祝いの意味と行われる時期

百日祝いは、赤ちゃんが生まれてから100日を迎える頃のお祝い事です。「お食い初め(おくいぞめ)」「箸揃え(はしそろえ)」とも呼びます。赤ちゃんが生まれて無事に100日を迎えたことを喜び、「一生食べる物に困らないように」とご馳走を食べる真似をする儀式です。

一汁三菜の祝い膳を用意し、家族みんなで赤ちゃんの初のお食事を見守ります。もちろん、赤ちゃんは食べられませんから、食べる振りだけさせ、儀式が終わってから家族みんなで祝い膳を頂いてください。

百日祝いでの服装やアイテムの選び方

百日祝いの日の服装は、何よりも赤ちゃんが主役です。ですが、これといって赤ちゃんに決まった衣装はありません。百日祝いは自宅や祖父母さまの家で行うのが一般的ですが、最近では料亭やホテル、レストランなどで行う家庭もあります。色付きの小袖や袴風のロンパースで、特別な日を祝ってはいかがでしょうか?

撮影を行う場合は、衣装はレンタルするのがおすすめです。家族全員の服装も統一感があると、写真が一層引き立ちます。例えば、赤ちゃんが着物を着る場合は、ママやパパ、祖父母さまも伝統的な衣装や色合いを意識して選ぶと良いでしょう。家紋入りの羽織、着物を着ると、家族の一体感が高まります。

また、百日祝いにはお食い初めの膳や、記念になる小物の用意が必要です。事前に準備しておくと当日がスムーズに過ごせます。

ここまで、赤ちゃんの100日を祝う「百日祝い」についての基本的な情報と、服装やアイテムの選び方を紹介しました。ここからさらに掘り下げていきましょう。

お食い初めとの関連性

お食い初めの基本的なしきたり

百日祝いは、お食い初めとも呼ばれます。赤ちゃんが生まれてから100日を過ぎたことを祝い、生まれて初めて食べ物を口にする儀式です。ここではお食い初めについて、もう少し詳しく解説しましょう。

赤ちゃんが生まれて100日を過ぎた頃、家族や両家の祖父母が集まって、お食い初めの儀式をします。全員の都合や、ママの体調、赤ちゃんの様子を考慮して都合の良い日、時間を選びましょう。

赤ちゃんが「一生食べる物に困らないように」「健康で幸福な一生を送れるように」と願いを込めて、祝い膳を用意します。祝い膳は一汁三菜、一汁はハマグリなどの汁物、三菜には尾頭付きの鯛に野菜の煮物、香の物(漬物)、そして赤飯を用意します。「丈夫な歯が生えるように」と固い物や歯固めの石を用意する地域もあるようです。正式には漆の食器やお膳を使いますが、簡単に重箱や祝い事用のお皿などでもかまいません。

お食い初めのメニューには、地域や家庭によって違いがあります。女の子にはお母さまやお祖母さま、男の子にはお父さまやお祖父さまが箸を取り、食べ物を少し取り分けて、赤ちゃんの口に運びます。赤ちゃんはご馳走を食べられませんが、ここがシャッターチャンス! 初めてのお食事シーンを、かわいく記念に残しましょう。

未知の食べ物を前にした赤ちゃんの表情や反応を撮影するのが、ママやパパ、祖父母さまにとっての楽しみの一つ。お食い初めの日は、記念写真を撮る絶好の機会でもあります。スタジオでの写真撮影も良いですが、家庭の中での自然な表情もまた、特別な思い出として残るでしょう。

お食い初めを行う際の注意点としては、赤ちゃんの体調をよく確認すること。100日頃とは言っても、実際の日取りは赤ちゃんの体調に合わせて調整するのがベストです。また、ご家族や親族が集まるので、予約や準備にも余裕を持って行うことがおすすめ。疲れやすい赤ちゃんのためにも、スムーズに進めることを心がけてください。

お宮参り、百日祝い、お食い初めの関係性

生まれてからの赤ちゃんの成長は、あっという間だと感じるもの。その中で、日本には赤ちゃんの成長を祝ういくつかの行事があります。その中でも、お宮参り、百日祝い、お食い初めは特に親しまれているものですね。

お宮参りは、赤ちゃんが生まれて初めて神社にお参りする行事です。家族一緒に、赤ちゃんの健やかな成長を神さまに願う大切な日。この日に撮る記念写真は、生涯にただ一度のシチュエーションです。そのため、記念写真を撮るファミリーも気合が入ります。神社の緑豊かな背景の中で、新しい家族の絆を写真に残すのは、一生の宝ものになります。

そして、百日祝い、こちらはお食い初めとして、自宅で記念写真を撮る場合が多くなります。アットホームで愛情あふれる写真を、たくさん撮影してください。ご両家のお祖父さま、お祖母さまにとっても、お孫さまとの大切な思い出の一枚になるでしょう。

それぞれの行事は意味や流れが異なりますが、共通して言えるのは、赤ちゃんの成長を祝い、家族の絆を深める行事であること。どちらも大切な瞬間を家族一緒に過ごすことができるものです。着物や特別な衣装を用意して、一生に一度の大切な日を、しっかりと記念に残しておきたいですね。

お宮参り、百日祝い(お食い初め)。どちらも赤ちゃんの成長を祝う日本の伝統的な行事です。それぞれの意味や流れを知り、しっかりと準備をして、ご家族一緒に楽しんでください。

お宮参りと百日祝い写真撮影のポイント

新しい命の誕生は、家族にとって何よりの祝い事。赤ちゃんが生まれ、少しずつ成長していく過程を写真に残すことは、親としての最高の喜びの一つですね。中でも「お宮参り」と「百日祝い」の記念写真撮影は、特に注目される時期でもあります。今回は、そんな二つの大切な行事の撮影のポイントと、撮影をよりすてきなものにするためのコツを紹介します。

おすすめの撮影スタジオと料金のチェックポイント

さて、赤ちゃんの成長の節目を迎える「お宮参り」と「百日祝い」の撮影。近年ではお宮参りをしない代わりに撮影だけ行うという選択もありますが、いずれにしてもどのスタジオで撮影を行うか、料金はどれくらいかかるのか、気になるポイントが多いはずです。

最近では、多くの写真スタジオがさまざまなメニューを用意しています。多くの写真スタジオでは、着物や、祝い着など、さまざまな衣装をレンタルできるメニューを取り揃えています。各種行事ごとの一覧や、料金情報などが詳しく掲載されているサイトもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

ですが、料金だけでスタジオは選べません。スタジオの雰囲気、カメラマンの技術や対応、衣装の種類や質など、多くのポイントを考慮する必要があります。何よりも、赤ちゃんが安心して撮影に臨める環境が整っているかどうかが大切。そこで、事前にスタジオを訪れて、実際の雰囲気やスタッフの対応を確かめるのも一つの方法ですね。

また、スタジオの場所やアクセスも大切なポイント。家族みんなでの移動を考えると、近場のスタジオや駐車場のあるスタジオが便利です。さらに、撮影後の商品やデータの受け取り方、料金の支払い方法など、細かい部分も忘れずに確認しておきましょう。

家族みんなで楽しむ記念撮影のコツ

写真撮影は、赤ちゃんだけでなく、家族揃っての楽しい時間にしたいもの。そこで、ご家族皆さまで楽しむ記念撮影のコツをいくつか紹介します。

まず、赤ちゃんの体調を最優先に。お参りや撮影は、赤ちゃんが元気な時に合わせるのがベストです。また、授乳やオムツ替えのタイミングも考慮に入れて、スケジュールを組むとスムーズに進むでしょう。

写真撮影のときだけでも掛け着物を掛けると、主役感が増すでしょう。お宮参り用の産着は、100日祝い、1歳祝い、3歳の七五三までお召しいただけます。女の子の着物で緑色や紺色は珍しいですよ。ぜひお召しになってください。

次に、ご家族の服装やメイク、ヘアスタイルなども事前に準備しておくと良いでしょう。特に、ママやパパ、祖父母さまなど、ご家族みんなのコーディネートを考えると、写真が一層華やかになりますね。撮影当日は、時間に余裕を持ってスタジオに向かい、リラックスした気持ちで臨んでください。

お宮参りよりも、もう少ししっとりとした控えめな着物がよろしいでしょう。「青磁色グラデーション辻が花の訪問着」は、久保田一竹作、辻が花の訪問着です。金糸が織り込まれた生地が美しいグラデーションに染め上げられ。さりげなく絞りの小花が浮かび上がっています。

また、撮影の際には、お気に入りのおもちゃやぬいぐるみを持参すると、赤ちゃんもリラックスして撮影に臨めます。その他、赤ちゃんの笑顔を引き出すための工夫や、ご家族皆さまの表情が自然になるためのアドバイスは、カメラマンの力量にかかっています。赤ちゃんが好きなものは何か? 何を嫌がるかを積極的に相談し、撮影に備えましょう。

最後に、撮影は一生の思い出。何よりも、ご家族皆さまで楽しむことが最も大切。緊張せず、楽しい笑顔で、赤ちゃんの成長の瞬間をしっかりと残していきましょう。

これからの家族の大切な時間を、最高の形で残すために、今回のポイントを活用して、すてきな撮影を楽しんでくださいね。

どちらの行事を重視すべきか?

赤ちゃんの成長の中で、特別な時期や行事を祝うことは、家族の大切な思い出を形にする一つの方法です。ここからは、生後の赤ちゃんを対象としたお宮参りと百日祝い、それぞれの行事の意味や特徴、違いを紹介していきます。

お宮参りと百日祝い、それぞれのメリットとデメリット

お宮参り

赤ちゃんが生まれてからお参りに行く最初の行事として、お宮参りはたいへん特別なもの。多くの家族は、新しい命の誕生と成長を神社でお祝いし、感謝の意を示します。この時期は、赤ちゃんはまだ小さいので、抱っこしながらの参拝が多くなります。

メリット

  • 伝統的な行事であり、家族や親族と一緒に赤ちゃんの無事な誕生を祝うことができます。
  • 産着や祝い着のレンタルサービスを利用して、おしゃれな家族写真を残すことができます。
  • 赤ちゃんの健やかな成長を祈願することができます。

デメリット

  • 赤ちゃんの体調や天気、神社のスケジュールに合わせて予約をする必要があります。
  • 費用がかかる場合があるので、事前に神社やスタジオでの料金を確認しておくことが大切。
  • 生後30日は、赤ちゃんだけでなく、ママの体調も万全とはいえません。各所の予約や支度がママの負担になる場合があります。

百日祝い

生後100日を迎えるころには、赤ちゃんはある程度大きくなり、家族としての日常も安定してきます。この時期に行われる100日の祝いは、「百日祝い」「お食い初め」と呼ばれ、赤ちゃんの健やかな成長を祝う行事です。

メリット

  • 家族や親族が集まり、赤ちゃんの成長を一緒に喜び合うことができます。
  • 家族写真や記念写真の撮影のチャンス。スタジオでの撮影や、お家でのカジュアルな撮影など、いろいろな方法で記念を残せるでしょう。
  • 特別なメニューやお祝いの食事を用意して、食の成長も祝うことができます。

デメリット

  • 100日の時期に合わせての準備やスケジュール調整が必要です。
  • 着物やベビードレスのレンタル費用、写真撮影の費用など、予算を考える必要があります。
  • 食べる真似だけの、特別メニューを用意しなくてはなりません。

赤ちゃんの状況や家族の状況に合わせて行事を選ぶポイント

赤ちゃんの行事は、とても楽しいもの。ですが、どちらの行事を重視すべきか、どのような準備をすれば良いのか、悩むママも多いでしょう。それぞれの行事には意味や魅力があります。赤ちゃんの体調や、家族のライフスタイルに合わせて最適な行事を選ぶことが大切です。

生後30日、100日と日数にこだわる必要はありません。最近ではお宮参りと百日祝いを、同日に行う家庭も増えています。生後30日では赤ちゃんにもママにも体力的な不安がありますが、百日祝いと同日に行えば、体調も安定している時期でしょう。家族のスケジュールも立てやすく、費用も若干抑えられます。

  • 赤ちゃんの体調を最優先に
    赤ちゃんの体調が良い時に、行事を楽しむことが最も大切。お宮参りや百日祝いは特別な日ではありますが、赤ちゃんの安全と健康を最優先に考えることが必要です。
  • 家族のスケジュールを考慮
    行事の日は、できるだけ家族や親族が集まれる日を選ぶと良いでしょう。日取りやタイミングを相談しながら、全員にとって最良の日を選ぶと、より特別な一日を迎えられます。
  • 予算をしっかりと確認
    行事にはそれなりの費用がかかる、と覚えておきましょう。着物のレンタルやスタジオでの写真撮影、特別な食事の準備など、事前に費用を確認しておくと、安心して当日を迎えられます。

最後に、行事を選ぶ際は、家族の価値観や状況を大切にすること。どちらの行事も、赤ちゃんの成長と家族の絆を深める大切な機会。二つの行事を赤ちゃんと存分に楽しみながら、貴重な思い出作りをしてください。

まとめ

お宮参りと百日祝い、どちらも特別な日! ふたつの行事を思い出に残す方法

お宮参りは、赤ちゃんが生まれてから初めて行う神社へのお参りです。日本の伝統においては、生後30日前後に行うのが一般的ですが、地域や家庭によってはそれぞれのタイミングで行われることも多いです。神社での参拝時には、特別な衣装を着て行きます。予約をしておくと、スムーズに式を進められるでしょう。

一方、百日祝いには「お食い初め」という伝統的な食事があります。この食事は、赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにとの願いが込められています。お食い初めのメニューは、地域や家庭によって異なりますが、基本的にはお祝いの気持ちを大切にした食事を用意します。

赤ちゃんが生まれてからの二つの行事。この撮影については、神社やスタジオでのフォト撮影がおすすめです。特に、スタジオでは専門のカメラマンが赤ちゃんの可愛らしい瞬間をキャッチしてくれるので、一生の思い出として残すことができます。撮影の際には、赤ちゃんの体調やスケジュールを考慮し、余裕を持った予約をすることがポイントです。

最後に、これらの行事の際には、詳しい情報やマナーなどを知っておくことで、より良い時間を過ごすことができます。ゆめやのサイトやコラム記事なども参考にして、赤ちゃんとの特別な時間を最大限に楽しんでください。

〈参考記事〉
https://www.yumeyakimono.jp/
https://shichi-go-san.com/mame/753year/2023.html
https://www.niigatahakusanjinja.or.jp/kaikan/753/index.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

明るい紺色に亀甲の大島紬アンサンブル・袴付き【men10】

男性用袴の基本|着物としての特徴と選び方、着用シーン別着こなし術

はじめに 袴は、日本の伝統的な男性用フォーマルな衣装の一つで、成人式や卒業式、結婚式などの特別な場で広く用いられています。袴にはさまざまな種類やデザインがあり、色や素材の違いなど多くの選択肢があります。この記事では、男性 […]

ひとつ前の記事

婚礼前撮りイメージ

【決定版】安心&おしゃれ!和装前撮りの基本とトレンド、撮影のコツ

はじめに 結婚式にはたくさんの準備が必要です。「何から手を付けていいのかわからない」「とっても忙しい」という思いもあられるでしょうが、しっかりと準備をして、大切な思い出を作りましょう。 準備の中でも、特別な記念となるのが […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!