着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

結婚式の招待状をもらった。何を着ればいい?訪問着?振袖?

ゆめやの婚礼:結婚式の参列では何を着ればいいの?振袖?訪問着?

「結婚式に参列するのですが、何を着るといいでしょうか?」よく聞かれます。

 

親しい仲なので、ぜひ和服で!と張り切ってはみるものの、この着物で正解なのかしら?失礼に当たらないかしら?何を着ればいい?帯は?バッグは?草履は?と不安になってしまいますよね。

 

和装で婚礼行事に参加する場合は、いくつかのルールがあります。今日はじっくりと解説いたしますので、お立場や季節などを考慮して、すてきな着物女子になりましょう。

 

➀新郎・新婦の母親

②兄弟姉妹など近い親族

③友人・職場の関係者

④おすすめの訪問着

⑤おすすめできない訪問着

⑥未婚のお嬢さんはぜひ振袖を

 

大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖

 

➀新郎・新婦の母親

 

新郎・新婦の母親の場合は、黒留袖を着用いたします。黒地に裾模様の入った五つ紋付の留袖がよろしいでしょう。帯や小物は白か金銀でまとめ、格式高いコーディネートにいたします。帯の模様は軽いものではなく、七宝・亀甲・蜀江・松竹梅・正倉院など格式の高い紋様をデザインしたものがおすすめです。

 

新郎新婦の母は、挙式・披露宴をとおして、いちばん高い格式の装いをしなければなりません。参列者様よりも軽いコーディネートにするわけにはまいりませんので、どうぞ留袖や帯の格式にはお気をつけください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

青磁色グラデーション辻が花の訪問着【hou03】

【着物のプロが監修】レトロ着物レンタルで感じる日本の美

はじめに レトロ着物レンタルの魅力 レトロ着物レンタルは、時代を超えた着物の美しさを気軽に体験できるサービスです。古典的な柄やアンティークな風合いが特徴のレトロ着物は、特別な日の装いや記念撮影、文化イベントなど、さまざま […]

ひとつ前の記事

ゆめやの成人式:総絞りとは?〜お友達とかぶらない総絞り振袖のススメ〜

人とかぶらない振袖をお探しのお嬢さんに、とっておきの着物をご紹介しましょう。手間暇をかけた総絞りの振袖です。世の中では黒系統の単色が多いなかで、ゆめやではアンティークからレトロまで、カラフルな総絞りをレンタルしています。 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!