着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

椿と鉄線のトップが丸いバチ型かんざし【kzs134】

【婚礼】結婚式における母親の役割&黒留袖に合わせる髪飾りの選び方

はじめに

この記事では、結婚式に参列する母親の黒留袖の選び方から、髪型や髪飾りの選び方着こなしのポイントまでを、詳しくお伝えします。さらに和装に関する基本的な知識から、実際の結婚式のシーンでのマナーや注意点まで、幅広く取り上げています。

以下、この記事でご紹介する主な内容をまとめます。

  • 黒留袖の基本知識とその特徴
  • 適切なヘアアレンジや髪飾りの選び方
  • 和装小物やアクセサリーの使い方と選び方
  • 結婚式におけるマナーや礼装のポイント

和装や留袖に詳しくない方でも、この記事を読むことで、結婚式に向けての準備や選び方がスムーズになることを目指しています。また、美しい和装で結婚式を迎えるためのアドバイスや、上品で華やかな印象を与えるポイントもたくさん詰め込んでいます。

お子さまの結婚式に、母親として、そして一人の女性として、最高の一日を迎えるための準備を、この記事を参考にして進めていきましょう。

母親のための留袖のスタイリングとその重要性

結婚式は、当人にとって人生で一度きりの大切な節目のイベントです。新郎新婦はもちろん、その親族たちも心を一つにしてこの日を迎えます。中でも、花嫁とその母親は特別な存在。両者ともに、この日のためにとっておきの装いを選びます。

母親にとって、結婚式に着る留袖はたいへん意味のあるものです。留袖は、女性が着る和装で最もフォーマルな和装とされ、結婚式や式典などの大切な場にふさわしい装いです。黒を基調とした黒留袖は、特に上品で高級感があり、その美しい色使いで華やかさを加えてくれます。

また、留袖を着用する際の髪型や髪飾りもたいへん重要です。特に50代、60代の女性は、髪の長さや量、質感が若い頃とは変わってくるため、適切なヘアスタイルやアクセサリーの選び方が求められます。

以下のポイントが、母親の留袖スタイリングの重要性を示しています。

  • 華やかな場: 結婚式は華やかな場であり、母親もその一部として輝くべきです。
  • 立場の示唆: 着物の種類や色、柄はその人の立場や役割を示すもの。特に結婚式では母親としての役割が強調されるため、適切な着物選びが必要です。
  • 印象: 親族やゲストからの印象も考慮しながら、美しい和装で登場することで、一生の思い出に残る一日となるでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。まずは、最上格の五つ紋付黒留袖から「岩と流水に松と鷲の五つ紋付黒留袖」をご覧いただきましょう。苔むした岩と流れる清水に、松の木と鷲の家族が、手描き・手刺繍で描かれた五つ紋付きアンティーク黒留袖です。雄と雌のつがいに、5羽の雛が描かれ、たいへん縁起の良い絵柄です。

黒留袖の基本知識

結婚式は特別な日であり、参列する母親にとってもその装いはたいへん大切です。特に留袖は、最もフォーマルな和装として知られていて、その中でも黒留袖はその格式をより一層引き立てます。この章では、留袖の基本について深く掘り下げ、黒留袖の特徴やフォーマルさについて詳しくご紹介します。

留袖の定義: 和装の中での位置付けと特徴

留袖とは、女性の正式な和装の一つです。名前の「留袖」とは、振袖の袖の先が切られていることから来ています。「切る」では縁を切ることを連想させるため、「留める」という言葉を使っているそうです。未婚の女性が着る振袖とは異なり、結婚している女性が着るものとされています。

留袖の特徴を箇条書きでまとめると以下のようになります。

  • 和装の中で最もフォーマルな装い
  • 袖が短く、身体の下側に向かって垂れ下がる
  • 結婚している女性が主に着る

留袖の柄や色は、シーンや着る人の年齢、立場に応じてさまざまですが、結婚式に参列する母親が選ぶ際には、華やかでありながらも上品さを兼ね備えたものが求められます。

黒色の留袖: 黒留袖の特徴とそのフォーマルさ

黒留袖は、留袖の中でも特に格式が高く、格式ある場所や結婚式に特にふさわしいとされています。黒を基調とした地色に、五つ紋が入るのが一般的です。紋は家紋や、一般的な紋様の中から選べます。柄には、四季を感じさせる植物や花、鳥などが描かれていることが多く、これにより一層の華やかさが加わります。

黒留袖の特徴として挙げられるのは以下の点です。

  • 基本的に黒を基調とした地色
  • 五つ紋が入ることが一般的
  • 柄には四季の花や鳥、植物などが描かれている

ゆめやの留袖から、花と鳥の「色とりどりの鶴舞う黒留袖」をご覧いただきましょう。朝日に輝く赤い鶴、流水の青、梅の白、笹の金茶、それぞれが光り輝き、明るい門出を祝うかのような大正時代のアンティーク五つ紋付黒留袖です。手描き、手刺繍のたいへん豪華な一着です。鶴は花嫁を表していると言われ、婚礼に好んで用いられる絵柄です。

黒留袖は、他のカラフルな留袖や訪問着に比べて、その色の落ち着きと上品さから、結婚式などのフォーマルな場での母親の装いとして最も選ばれることが多いです。また、40代、50代、60代と年齢を重ねるごとに、その落ち着いた美しさと格式を持つ黒留袖の魅力が増してくるといわれています。

ですが、黒留袖を選ぶ際には、柄や紋、また素材や縫製の質など、多くのポイントを確認する必要があります。それにより、自身の立場や好みに合った、最もふさわしい黒留袖を見つけることができるでしょう。

結婚式における母親の役割

結婚式は、新郎新婦をはじめ、親族や友人たちが集まり、一生の思い出となる特別な日です。特に花嫁の母親として参列する場合は、多くの役割が期待されています。そのため、服装選びはたいへん大切です。この章では、結婚式での母親の役割について、そして礼装としての留袖の選び方について詳しくご紹介します。

花嫁のサポート: 母親としての重要な役割とポジション

結婚式当日は、花嫁は緊張や興奮でいっぱいです。その中で、母親の存在はたいへん大きなものといえるでしょう。花嫁のサポートとして、精神的な支えはもちろん、準備や当日の流れにおいても手助けが求められます。

母親としての役割を箇条書きで整理すると、以下のとおりです。

  • 花嫁の衣装や髪型の選び方のアドバイス
  • 和装や礼装のマナーに関する知識の共有
  • 当日のスケジュール管理や連絡係としての役割
  • 花嫁の気持ちを理解し、落ち着かせる存在としての役割

母親が果たす役割は多岐にわたりますが、何よりも大切なのは、花嫁の気持ちを理解し、支えることです。そのためには、母親自身が知識を持ち、経験を生かしてアドバイスやサポートを行うことが必要です。

礼装としての留袖: 留袖を選ぶ際のポイントと注意点

結婚式では、礼装として留袖を着ることが一般的です。特に黒留袖は、格式があり、結婚式などのフォーマルな場にふさわしいとされています。ですが、留袖を選ぶ際にはいくつかのポイントや注意点があります。

留袖を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 留袖の色や柄を選ぶ際は、季節や式のテーマに合わせる
  • 40代、50代、60代と年齢に応じて、上品で落ち着いた柄や色を選
  • 留袖の価格帯は幅広いため、予算に合わせて選ぶ
  • 着物のサイズや長さも確認し、自分の体型や身長に合ったものを選ぶ

年配のお母さまは、前身頃の下部分にだけ絵柄がある留袖が好印象です。「大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖」は、大彦の黒留袖と、龍村の帯、どちらも牡丹のデザインで、その手仕事の存在感は圧巻です。凄まじいデザインの牡丹が手刺繍でほどこされています。真っ白い絹糸でびっしりと手刺繍された牡丹、金糸だけで縁取りされた牡丹、ぼかし染めの青と緑の葉。しっかりとした枝も描かれ、芯の強い絵柄です。

留袖を選ぶ際の注意点としては、過度に派手な柄や色は避けること。結婚式は花嫁や新郎新婦が主役の場であり、親族としては控えめな装いが求められます。また、留袖のレンタルも一つの選択肢としてあり、予算や使用頻度に応じて、レンタルを選択するのもよいでしょう。

結婚式は、一生に一度の大切な日です。母親として花嫁をサポートし、自身もすてきな装いで式に参列することで、より一層、特別な一日となることでしょう。

黒留袖の髪型とヘアアレンジ

結婚式の母親として参列する際は、留袖の選び方だけでなく、髪型やヘアアレンジもたいへん重要です。特に、50代、60代の女性にとって、どのようなヘアスタイルがふさわしいのか、どのようにアレンジすれば良いのかは気になるところですよね。この章では、留袖に合わせたヘアスタイルの基本やアレンジのテクニックについて詳しくご紹介します。

基本のヘアスタイル: 50代、60代におすすめのヘアスタイル

留袖を着る際の髪型は、その美しさを際立たせる要素の一つです。特に50代、60代の女性にとっては、上品さと落ち着きを兼ね備えたヘアスタイルが求められます。

以下、留袖に合わせておすすめのヘアスタイルをいくつかご紹介します。

  • アップヘア: 留袖には、頭頂部にボリュームを持たせ、後ろでしっかりとまとめるスタイルがおすすめです。首筋がすっきりと見え、留袖の美しさを引き立てます。
  • ボブ: ショートからミディアムの長さのボブスタイルは、若々しさを演出し、和装にも洋装にも合わせやすいでしょう。
  • ハーフアップ: 上半分をまとめて、下半分を自然に下ろすスタイルは、顔周りをすっきりとさせつつ、女性らしさも演出します。

いずれのスタイルも、留袖の上品な印象とマッチします。また、ヘアアクセサリーとして、べっ甲の簪や真珠のヘアピンなど、和装に合った小物を使用すると、より一層の華やかさを加えられます。

ヘアアレンジのテクニック: シンプルから華やかなアレンジまで

基本のヘアスタイルを選んだら、次はアレンジのテクニックです。留袖を纏う結婚式の母親として、シンプルでありながらも、華やかさを取り入れると、一味違う印象を持たせられます。

以下に、アレンジのテクニックをいくつか紹介します。

  • 簪(かんざし)を使用: 和装小物の中でも特に簪は人気です。髪の中央や側面に簪を使用すると、シンプルなヘアスタイルにアクセントを加えられます。
  • 髪飾りの活用: 花のデザインがあしらわれたヘアピンやクリップは、ヘアアレンジのポイントとして大活躍します。特に、留袖の色や柄に合わせて選ぶと、統一感のあるスタイルになるでしょう。
  • ヘアの巻き方に工夫: カールアイロンやヘアアイロンを使い、髪の束を外向きに軽く巻くことで、上品なウェーブを作れます。

ヘアアレンジをする際のポイントとして、過度に派手なアレンジやアクセサリーの使用は控え、留袖とのバランスを取ることが大切です。また、結婚式当日は長時間着物を着用することとなるため、ヘアアレンジもできるだけ持続するように工夫しましょう。

まとめた髪にお似合いのかんざしをご紹介しましょう。左端「べっ甲に牡丹とトルコ石のバチ型かんざし」は、べっ甲調のバチ型に白い牡丹の花が手描きされたかんざしです。花芯の青いトルコ石が印象的です。中央「椿と鉄線のトップが丸いバチ型かんざし」は、丸いフォルムのバチ型かんざしです。柔らかい雰囲気を出したいお母さまに最適でしょう。右端「べっ甲に菊の手彫りと金塗りの櫛型かんざし」は、本べっ甲です。縁には菊の花が手彫りされ、金の塗りがほどこされています。貫禄がありますね。かんざしをさりげなく挿したい方におすすめです。

結婚式は特別な日。母親として、留袖を纏い、髪型やヘアアレンジもこだわりを持って、美しい一日を迎えてください。

髪飾りと和装アクセサリーの選び方

着物や留袖を着る際は、髪型やヘアアレンジだけでなく、髪飾り和装アクセサリーも大切な要素です。これらの小物は、着こなしの完成度を高めるための鍵となります。この章では、結婚式などのフォーマルな場での髪飾りや和装アクセサリーの選び方について、詳しくご紹介します。

髪飾りの種類: 簪、ヘアピン、ヘアアクセサリーなどの違い

和装に合わせる髪飾りにはさまざまな種類があります。それぞれの特徴や用途に合わせて、適切なアイテムを選びましょう。

  • 簪(かんざし): 伝統的な和装小物で、長い棒状のもの。木やべっ甲、金属などさまざまな素材があり、先端や中間に装飾が施されています。
  • ヘアピン: 簪よりも小さめで、髪を留めるのに使います。真珠やラインストーンが施されたものなど、さまざまなデザインがあります。
  • ヘアーアクセサリー: クリップやコーム型、リボン型など多彩な種類があり、シーンやヘアスタイルに合わせて選べます。

アップスタイルにできなくても、髪飾りを挿すことは可能です。編み込みをしたり、ねじりを入れたりするスタイルにして、髪飾りを挿す部分を作ってもらうようにしましょう。また、襟足にある程度の長さのあるショートやボブでしたら、付け毛を使うなどしてアップスタイルにできる可能性もあります。ゆめやのかんざしの写真を美容師さんにご覧いただいてくださいね。

左端「白から紫メインの洋花のビーズ細工かんざし」は、小花が流れるように配置されています。華やかで若々しい印象のかんざしです。中央「黒地に小花のワイヤーアートの洋風かんざし」は、大人気のワイヤーアートです。黒や白が中心となっていますので、黒留袖にもすんなりと馴染むでしょう。右端「金色の葉っぱに真珠や宝石デザインのかんざし」は、パールや宝石を模した細工物が取り付けられています。水面を表現するかのような、さわやかな印象の髪飾りです。

髪飾りの違いを理解して、着物や留袖の色やデザイン、ヘアスタイルに合わせた髪飾りを選ぶことで、全体のコーディネートが引き締まります。

適切な髪飾りの選び方: 結婚式や季節、髪型に合わせた選び方

髪飾りを選ぶ際のポイントは、以下のとおりです。

  • 結婚式の格式や季節: フォーマルな結婚式には、伝統的な簪や上品なデザインのヘアピンがおすすめ。季節に合わせて、桜や牡丹などの花をあしらったものも人気です。
  • 髪型: アップスタイルなら簪、ダウンスタイルやボブならヘアピンやヘアアクセサリーを選ぶと、バランスがとれます。
  • 留袖や着物の色や柄: 装いの全体のバランスを考え、髪飾りの色やデザインを選びます。黒留袖ならば、金色や銀色のアクセサリーが映えるでしょう。

派手にしたくない場合は、小振りのかんざしを挿しましょう。左端「椿と鉄線のトップが丸いバチ型かんざし」は丸いフォルムが優しい印象のかんざしです。中央「べっ甲に菊の手彫りと金塗りの櫛型かんざし」は本べっ甲のかんざしです。右端「唐草の透かし彫りのべっ甲調のかんざし」は、少し透明感があります。透明感のあるべっ甲はお若い方向けですが、この程度の透明度でしたら、年配者でも着けていただけるでしょう。

和装小物の役割: 上品さや華やかさを出すための小物の使い方

和装小物は、見た目を華やかにするだけでなく、上品さや格式を演出する役割もあります。以下、和装小物の役割と使い方のポイントをいくつか紹介します。

  • 帯留め: 礼装で帯留めを着けることは好まれませんが、カジュアルな結婚式でお着けになる方もいらっしゃいます。帯留めは帯の中央につけるアクセサリーで、全体のアクセントとなる部分です。色やデザインを選び、留袖の雰囲気に合わせます。
  • 末広: 扇ぐものではなく、結界として帯に挿す扇子です。和装に合わせた色や柄を選ぶと、より一体感が出ます。
  • べっ甲や蒔絵の小物: 和装の高級感を出すためのアイテム。上品な輝きやデザインが、装いの品格を高めます。

和装を楽しむ上で、髪飾りや和装小物は重要なアイテムです。適切なアイテムを選び、コーディネートの一部として取り入れることで、より美しく、格式のある着こなしが可能です。せひ、この機会に髪飾りや和装小物についての知識を深め、すてきな結婚式を迎えてください。

黒留袖のレンタルと購入のポイント

和装の女性の中で最も格式のある「黒留袖」は、母親や親族が結婚式で着ることの多い和装です。そんな留袖は、レンタル購入、どちらがよいのでしょうか。それぞれのメリットや注意点を知って、自分に合った選択をしましょう。

レンタルのメリット: 費用や選び方、注意点

黒留袖は高級な着物の一つで、購入するとかなりの費用がかかります。そのため、結婚式などで一度しか着ない場合は、レンタルが経済的です。

また、レンタルショップでは、さまざまなデザインや柄の黒留袖を取り揃えています。自分の好みや結婚式の雰囲気に合わせて、自由に選べることも魅力です。

ただしレンタルする際は、いくつか注意点があります。返却期限や損傷時の対応、追加料金など、契約内容をよく確認しておきましょう。また、事前に試着をして、サイズやデザインを確かめることが大切です。

ゆめやの留袖は、着物を選んでいただくだけで、かんざし/髪飾り以外の必要な小物は全てセットでお届けいたします。コーディネートも提案させていただきますので、ご安心ください。東京と山梨に店舗がございますので、お近くの方はぜひご試着にお越しください。

ゆめやのレンタルについての疑問点は「よくあるご質問」をご覧いただくか、「お問い合わせ」からお知らせください。着物に詳しいベテランスタッフがお返事させていただきます。

購入の際の注意: 持ち歩きや保存方法

購入すると、自分だけの留袖を持つことができ、何度でも着用できます。ですが、購入する際は以下の点に注意してください。

  • 持ち歩き: 留袖は重く、持ち歩きが大変です。特に結婚式などのイベントでは、他の荷物と一緒に運ぶことを考慮してください。
  • 保存方法: 留袖は湿気や日光を避け、風通しの良い場所で保管することが推奨されます。また、定期的に畳み直しをして、シワや型崩れを防がなくてはいけません。
  • 長く着る予定がある場合の選び方: 何度も着る予定があるなら、シンプルで飽きのこないデザインを選ぶとよいでしょう。また、購入する際には、サイズや素材、柄などをじっくりと選び、長く愛用できるものを選ぶことがおすすめです。

留袖を選ぶ際に、レンタルと購入のどちらが良いのかは、その人のライフスタイルや予算、用途によります。どちらの方法も、それぞれのメリットや注意点があるので、自分の状況に合わせて最適な方を選択をしましょう。

まとめ

着物の中でも格式のある「黒留袖」は、結婚式などのフォーマルな場で着用することが多いです。特に母親や親族の女性が選ぶ際は、その美しさと格式を持った装いが大切な場の雰囲気を高める要素となります。そこで、今回は留袖の魅力や選び方、ヘアアレンジやアクセサリーのコツについて詳しくお伝えしてきました。

最後に、当記事で紹介したポイントを振り返りましょう。

  • 自分に合った留袖を選ぶ: 体型や好みに合わせて留袖を選ぶことで、一番美しい自分を演出できます。
  • 購入とレンタルの選択: 何度も使用する予定があるなら購入、一度きりの使用を考えているならレンタルを選ぶと経済的です。
  • 髪飾り: 簪やヘアピン、ヘアアクセサリーなど、さまざまな髪飾りがありますが、留袖に合わせる際は、シンプルで上品なものを選ぶとよいでしょう。
  • ヘアアレンジ: アップスタイルやボブ、ヘアアレンジなど、留袖の装いにふさわしいヘアスタイルを選びましょう。

これからの結婚式やフォーマルな場面で、今回学んだ知識を活かして、最も美しい自分を演出するのに役立ててください。

ゆめやのレンタルなら、花嫁さま、ご姉妹さま、ご主人さまとセットでレンタルなさるとお得ですよ。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

ちりめんに牡丹の手刺繍と畳表の草履【zor012】

【プロ監修】​着物と草履をレンタルで!小物も含めた選び方と注意点

はじめに 昨今、多くの方が特別な日の装いとして「着物」と「草履」を選んでいます。その理由として、伝統的な和の装いが持つ独特の魅力やエレガントさが挙げられます。ですが、一般的に良質な着物や草履は価格が高く、手軽に購入するの […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!