婚礼・親族イメージ

【婚礼】50代の母親にふさわしい留袖選びとは?レンタルの活用法も

はじめに:50代の母親にふさわしい留袖選び

留袖は、日本の伝統的なフォーマルウェアであり、特別な場面に着用されます。女性が留袖を着る場面といえば、親族の結婚式を想像することが多いのではないでしょうか。特に、新郎新婦の母親として留袖を着用される方が多いことでしょう。

そういった場面で留袖を選ぶときは、年齢にふさわしい留袖を選びたいものです。この記事では、特に50代の母親に役立つ留袖の基本的な知識と、年齢に応じた選び方をご紹介します。

留袖の基本情報

留袖は、伝統的に黒地に家紋が入った着物で、結婚式などのフォーマルな場に適しています。留袖を着用することは、新郎新婦の親族としての立場を示す重要な意味を持っています。50代の母親が留袖を選ぶ際には、年齢にふさわしい落ち着いたデザインを選ぶとよいでしょう。また、親族の中での立ち位置によっても選ぶデザインを考慮する必要があります。

  • 年齢に合ったデザイン:留袖の柄は年齢とともに落ち着いたものを選びます。古典的な文様や自然をモチーフにしたデザインが一般的です。
  • 家紋の意味:家紋は留袖の格式を示す重要な要素です。一般的には五つ紋が用いられます。家紋の数が多いほど格式が高いとされ、五つ紋が最も格式が高いとされます。
  • 色の選択:留袖は基本的に黒が主流です。着物自体が落ち着いた印象を与えやすいため、帯は地味になりすぎないようにしましょう。

年齢に合わせた留袖の選び方

50代の母親に適した留袖を選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

  • 文様の選び方:古典的な吉祥文様や自然をモチーフにした文様が適しています。例えば、鶴や松竹梅などの文様は、長寿や繁栄を象徴し、50代の母親にふさわしく、お祝いの場にも合う紋様です。
  • サイズとフィット感:体型に合った留袖を選ぶことで、より美しく着こなすことができます。着物専門店には、さまざまなサイズの留袖が用意されていて、専門のスタッフが着付けをサポートしてくれます。
  • 小物の選び方:帯や小物も留袖との調和を考えて選ぶことが重要です。帯は格調の高い織りの袋帯、帯揚げや帯締めは白が基本で金糸や銀糸がアクセントに入っているものを選びます。

50代の母親が留袖を選ぶ際には、自身の立場や装いにふさわしいスタイルを考慮しながら、個人の好みや体型に合った留袖を選ぶことが大切です。納得できる一着を選んで、結婚式などの特別な日にふさわしい装いをしましょう。

アンティークきものレンタルゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えて、皆さまのお越しをお待ちしています。

まずは華やかな黒留袖を1枚ご覧いただきましょう。「御簾に芙蓉と菊の大彦、五つ紋付黒留袖」は、黒地に御簾と芙蓉や菊の花が手描き・手刺繍で描き出された、大彦の五つ紋付黒留袖と、着物愛好家が憧れる龍村の帯のコーディネートです。帯には桐の花が生き生きと描き出されています。またとない美術品のような、秀逸な作品の組み合わせですよ。

留袖の色と柄の選び方

留袖を選ぶ際には、色と柄はたいへん重要な要素です。特に50代の母親にとって、これらの選択は全体の印象を大きく左右します。ここでは、50代に合う色の傾向と柄の選び方に焦点を当ててご紹介します。

50代に合う色の傾向と特徴

50代の女性には、品格と落ち着きを兼ね備えた色の留袖が似合います。以下の点に注意して色を選んでください。

色からみる留袖の選び方
伝統的な留袖は黒が基調ですが、黒以外の色留袖と呼ばれるものもあります。親族として色留袖を着用するのは、祖母や伯母・叔母、姉妹といった立場の人におすすめです。50代におすすめの色留袖は、品格を感じさせる落ち着いた色合いのものを選ぶとよいでしょう。

色のニュアンス
同じ色の中にも、微妙なニュアンスの違いがあります。例えば、色留袖を選ぶ際には黒に近い紺や濃い茶色なども選択肢に含めてみてください。

光沢と質感
光沢のある生地や、上品な質感のものを選ぶことで、より格調高い印象になります。

シメント色に鶴と菖蒲の五つ紋付色留袖」は、シメント色の正絹地に、松・鶴・菖蒲の花が手描き・手刺繍で描かれた、五つ紋付のアンティーク色留袖です。裾から比翼には手絞りの正絹地があしらわれ、上品な色留袖です。格付けでは五つ紋付黒留袖とほぼ同格か、少しだけ下になります。

柄の選び方と年齢に応じた印象

留袖の柄は、その人の年齢や立場を表します。50代の母親にふさわしい柄の選び方についてご紹介します。

  • 古典的な文様の選び方:鶴や松、菊などの古典的な吉祥文様は、長寿や繁栄を象徴し、50代の母親にふさわしいです。ただし結婚式に母親として出席する場合は、新婦よりも控えめな柄を選ぶようにしましょう。
  • 文様の大きさと配置:文様の大きさや配置にも注目しましょう。全体的にバランスの取れたデザインを選ぶことが大切です。
  • モダンなアクセントの取り入れ方:伝統的な柄に、モダンな要素を取り入れた留袖も魅力的です。現代的な感覚を取り入れつつも、伝統的な美しさも大切にしましょう。

波間に舟が行く春の黒留袖」は、五三の桐が染め抜かれた昭和初期の五つ紋付きアンティーク黒留袖です。手描き友禅で、牡丹・桐・藤・アヤメ・菊・萩などが描かれ、手刺繍も施された、秋から春にかけてのお祝いの席でのお召し物です。波の模様は絞りのように見えますが、鹿の子柄です。裏は紅絹で、袖口や振りは比翼仕立てになっており、たいへん丁寧な仕事です。帯は、白地に笛・竹・菊などが手描き・手刺繍・金泥で描かれた穏やかな印象の一品です。

留袖の色と柄を選ぶ際には、50代の女性としての品格と落ち着きを表現することが重要です。伝統とモダンが調和した留袖を選ぶことで、特別な日の装いに華やかさと格式をもたらすことができます。

留袖レンタルのメリットと注意点

留袖のレンタルは、特別な機会に合わせた着物を選ぶ際に便利です。特に50代の母親にとって結婚式での留袖選びは、レンタルがおすすめ。ここでは、レンタル留袖の選び方と、注意すべき点を詳しく説明します。

50代におすすめのレンタル留袖

レンタル留袖は、豊富な選択肢と手軽さが一番の魅力です。50代の母親には次のような点でレンタル留袖を選ぶメリットがあります。

  • 購入するよりもお得:留袖は特別な場面で着用する着物であるため、購入しても着る機会が限られてしまいます。着る機会が少ない方にとって、留袖をレンタルするのはとても経済的です。
  • サイズの豊富さ:レンタル店舗では、さまざまな体型に合うサイズの留袖が提供されています。事前にサイズを確認し、自分にぴったりのものを選ぶことができます。
  • 小物の選択:レンタルでは、帯や小物も一緒に選ぶことができます。留袖に合った上品な小物を選びましょう。

レンタル時の注意事項

レンタル留袖を選ぶ際には、以下の点に注意してください。

  • 品質の確認:レンタルする留袖の品質をしっかりと確認しましょう。生地の状態や刺繍の細部に至るまで、丁寧にチェックすることが重要です。
  • 返却条件の確認:レンタル期間や返却条件を事前に確認しておくことが大切です。使用後のクリーニングや修理に関するポリシーも把握しておきましょう。
  • 予約のタイミング:人気のある留袖は早めに予約が埋まることが多いので、特に重要な式典の場合は早めに予約をしておきましょう。

留袖のレンタルは、結婚式などフォーマルな場で一度きり着用する上では大変便利なサービスです。ですが、レンタルする際には品質や条件の確認を忘れずに行うことが肝心です。これらのポイントを押さえておけば、50代の母親にふさわしい美しい留袖を手軽に楽しむことができるでしょう。

ゆめやのレンタルは、ネットや電話で試着のお申し込みをいただき、店舗またはご自宅にて試着。お気に召したら正式にご予約を入れていただき、小物は全てゆめやのベテランスタッフがコーディネートしてお届けいたします。ご自分で小物を選んでいただくこともできますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。ご着用後は専用の伝票で返送いただくだけです。

レンタルの詳しい流れは「ご利用の流れ」をご覧ください。ご不明点は「よくあるご質問」でご確認いただくか、「お問い合わせ」からお聞かせください。折り返しお返事させていただきます。

立場によって異なる留袖の選び方

留袖は、結婚式などのフォーマルな場において、着用者の立場や役割によって選び方が異なります。特に50代の女性が留袖を選ぶ際には、その立場に応じた適切なデザインやスタイルを選ぶことが求められます。ここでは、さまざまな立場でどのような留袖を選ぶべきかについて説明します。

仲人、伯母、叔母としての留袖の選び方

留袖の選び方は、結婚式における役割によって異なります。仲人、伯母、叔母など、それぞれの立場に合わせた留袖の選び方をご紹介します。

仲人としての留袖
仲人は結婚式での重要な役割を担うため、格調の高い黒留袖を選びます。新婦の隣に立つことが多いため、新婦を引き立てるように、伝統的な吉祥文様を落ち着いた色味で描いたシックなものを選ぶとよいでしょう。

岩と流水に松と鷲の五つ紋付黒留袖」は、苔むした岩と流れる清水に、松の木と鷲の家族が、手描き・手刺繍で描かれた五つ紋付きアンティーク黒留袖です。雄と雌のつがいに、5羽の雛が描かれ、たいへん縁起の良い絵柄です。袖口には比翼がほどこされ、正絹の上質さと、絵柄の貫録にあふれた着物です。しっかりと支えてくれそうな、頼りがいのある仲人婦人の印象です。

伯母・叔母としての留袖
親族としての立場である伯母や叔母は、新郎新婦の母親や仲人よりも格の高い留袖を着ることはふさわしくありません。少し控えめながらも品格のあるデザインを選ぶとよいでしょう。柔らかな色調の花柄や、同じ吉祥文様でも柄の数や色味が少ないものを選びましょう。新郎新婦の母親がどんな柄の留袖を着るのか事前に確認し、かぶらないようにする配慮が必要です。

水辺に咲くアヤメと貝桶の黒留袖」は、加賀友禅の五つ紋付きアンティーク黒留袖です。黒からグレーへのぼかしの中に、流水に添って、貝桶や貝合わせの貝・菊・アヤメ・檜扇などが手描き・手刺繍されていて、しっとりとした留袖です。裾回しにも同じ模様が手描きされ、裾が返った時に同じ柄が出てくるという粋な造りです。帯は、金地に扇面文が描かれた帯を結びました。末広がりのおめでたい吉祥紋様です。

母親としての留袖の着こなし方

結婚式での母親の立場は、特に重要です。以下のポイントに注意して、新郎新婦の母親としてふさわしい留袖を選びましょう。

  • 品格と品位を重視:母親として着用する留袖は、品格と品位を兼ね備えたものを選ぶことが重要です。伝統的な黒留袖に、上品な柄を選びましょう。
  • 文様の選び方:縁起の良い吉祥文様や、自然をモチーフにした文様が適しています。また、留袖に合わせた帯も重要。あまり地味な帯だと全体の印象が寂しくなってしまいます。一方で大胆な柄やカラフルなものは派手な印象を与えてしまうため、注意が必要です。
  • 小物のコーディネート:帯揚げや帯締め、草履、末広、かんざしなど小物も留袖とのバランスを考えて選ぶことが大切です。品よく金や銀で彩られた、上品な小物を選びましょう。

貝桶貝合わせの黒留袖」は、大正時代から昭和初期にかけてのアンティーク五つ紋付黒留袖です。黒い錦紗縮緬地にぼかしがほどこされ、地紙紋様に菊・紅葉・貝桶・貝合わせが手描き・手刺繍されています。秋のお召しものとなります。帯は、赤茶色の正絹に、亀甲が描かれ、鳳凰や吉祥の花が手刺繍されています。

留袖を選ぶ際には、自身が結婚式において担う役割を意識することが重要です。立場によって適切な留袖を選ぶことで、その場の雰囲気を高めることにつながります。

結婚式での留袖着用の流れとマナー

結婚式は、留袖を着用する最も重要な場の一つです。特に50代の母親にとっては、その日に着用すべき重要な衣装です。ここでは、結婚式における留袖の役割と、着物の正しい着用方法とエチケットについて詳しく説明します。

結婚式における留袖の役割

結婚式において留袖は、お招きした方々に感謝の気持ちや礼を尽くす、親族としての立場を示す重要な衣装です。以下の点に注意して、留袖を選びましょう。

  • 親族としての役割:留袖は、新郎新婦の親族としての立場を表す重要な衣装です。母親は、新郎新婦と共にゲストをもてなす立場にあるため、格式高い留袖を選ぶことが望ましいです。
  • 装いの印象:留袖は、落ち着いた印象を与えることが重要です。伝統的な黒留袖に、上品な柄を選びましょう。

着物の正しい着用方法とエチケット

留袖を着用する際には、正しい着付けとエチケットが必要です。以下のポイントに注意してください。

  • 着付けの流れ:留袖の着付けは手順を守って行いましょう。専門の着付け師に依頼するか、事前に着付けの練習をしておくと安心です。
  • 帯の選び方と結び方:帯は留袖の印象を大きく左右します。格式高い場にふさわしい袋帯を選びましょう。結び方は「良いことや慶び重なるように」という意味を持つ二重太鼓にしましょう。
  • 小物のコーディネート:小物選びも留袖の印象に大きく影響します。足袋や草履、バッグなども統一感のあるものを選びましょう。
  • マナーと振る舞い:留袖を着用する際には、所作や振る舞いにも注意が必要です。落ち着いた動作と立ち振る舞いで、品格を保ちましょう。

 

結婚式で留袖を着用することは、50代の母親にとって特別な意味を持ちます。正しい着付けとエチケットを守ることで、格調高く着こなし、上品で落ち着いた振る舞いをすることができます。

留袖選びのポイント:素材とデザインの重要性

留袖を選ぶ際には、素材とデザインはたいへん重要です。特に50代の母親にとって、留袖の素材とデザインは、印象を大きく左右します。ここでは、50代に似合う素材の選び方と、モダンと伝統的なデザインの違いについて詳しく説明します。

50代に似合う素材の選び方

留袖の素材は、着心地や見た目の印象に直結するため、慎重に選ぶ必要があります。以下の点に注意して素材を選んでください。

  • 高品質な生地の選択:留袖には、上品で高品質な生地を選ぶことが重要です。良質な絹の生地には、落ち着いた光沢と上品な質感があります。
  • 季節に合わせた素材:結婚式の季節に合わせて、素材を選ぶことも大切です。夏場に外で結婚式を行う際には、薄手の絽という生地で作られたものもあるため、必要に応じて選択するとよいでしょう。
  • 着心地の良さ:長時間着用することを考慮して、肌触りが良く、動きやすい素材を選ぶことが大切です。

ゆめやの留袖には、夏物もご用意しています。夏用を揃えていないレンタル店舗もあるようですので、お気を付けくださいね。「青海波に宝船の夏用五つ紋付黒留袖」は、正絹の絽で仕立てられた、夏用のアンティーク五つ紋付黒留袖です。金・銀・白・グレーの青海波に、にぎやかな宝船が手描きされています。宝船の帆の中には、撫子・桔梗・七宝・松などが描かれた、おしゃれな黒留袖です。裏も絽で仕立てられていますので、涼しくお過ごしいただけます。

モダンと伝統的なデザインの違い

留袖のデザインは、伝統的なものからモダンなものまで幅広くあります。着用する人の個性や好みで選びましょう。

  • 伝統的なデザイン:伝統的な留袖は、鶴や松竹梅、菊などの古典的な文様が特徴です。これらのデザインは、格調高く、格式ある場にふさわしい印象を与えます。
  • モダンなデザイン:モダンな留袖は、伝統的な文様に現代的な要素を加えたものです。これらは、伝統を重んじつつ、現代的な感覚を取り入れたい方に適しています。

留袖の素材とデザインを選ぶ際には、着用者の年齢、体型、好み、そして着用する場の雰囲気を考慮することが重要です。50代の母親にふさわしい留袖を選び、特別な日にふさわしい装いと印象を演出しましょう。

まとめ:50代母親にとっての最適な留袖選び

留袖選びは、50代の母親にとって特別な意味を持ちます。適切に留袖を選ぶことで、結婚式などのフォーマルな場における立場と品格を表すことができます。ここでは、選択した留袖が与える印象と、今後の留袖選びにおけるアドバイスについてまとめます。

留袖が与える印象

留袖は、着用者の立場、年齢、そして個性を表現する重要な衣装です。留袖の色、柄、素材などが与える印象について以下に示します。

  • 色と素材による印象:伝統的な黒留袖は格式と品格を表現し、高品質な素材は上品さと洗練された印象を与えます。
  • 柄とデザインの影響:柄やデザインは個性を表現する要素です。伝統的な文様は格式を、モダンなデザインは現代的な感覚を反映します。

留袖選びのアドバイス

留袖選びにおいては、以下のポイントを心掛けることが重要です。

  • 自身の立場とスタイルを考慮:自分の立場や参加する式典などの性質を考慮し、適切な留袖を選びましょう。
  • 着心地とサイズの確認:長時間の着用を考慮して、快適さとフィット感を重視した選択を心掛けてください。
  • 個性と好みを反映:自分の個性や好みを反映させた留袖を選ぶことで、より自分らしい装いを実現できます。

留袖は、大切な日を彩る特別な衣装です。50代の母親にとって、適切な留袖を選ぶことは、その日の印象を決定づけるだけでなく、自己表現をすることでもあります。この記事を参考にして、留袖選びに活かしていただければ幸いです。

ゆめやの婚礼」なら、1着レンタルするよりも、2着がだんぜんお得です。お見逃しなく。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/tomesode/50s-kurotome-mother/
https://kimono-rentalier.jp/column/tomesode/kurotome-hitsuyou/
https://www.haregino-marusho.co.jp/contents/irotomesode/2751.html
https://ichiru.net/column/kurotomesode/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/699/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

明るい紺色に亀甲の大島紬アンサンブル・袴付き【men10】

男性用袴の基本|着物としての特徴と選び方、着用シーン別着こなし術

はじめに 袴は、日本の伝統的な男性用フォーマルな衣装の一つで、成人式や卒業式、結婚式などの特別な場で広く用いられています。袴にはさまざまな種類やデザインがあり、色や素材の違いなど多くの選択肢があります。この記事では、男性 […]

ひとつ前の記事

青磁色グラデーション辻が花の訪問着【hou03】

【30代女性必見】結婚式にお呼ばれした際の着物の選び方ポイント解説

はじめに 結婚式にお呼ばれ! 30代の着物選びのポイント 結婚式に招待されることは、とても喜ばしいですね。特に30代の女性にとって、結婚式は友人や親族の大切な節目を祝う特別な場。そのような場にふさわしい着物を選ぶことは、 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!