結婚式ゲストドレス50イメージ

お呼ばれ結婚式!50代女性の服装&ドレスガイド

結婚式は、親しい友人や親族の幸せを祝う特別な機会です。50代女性がお呼ばれした際には、年齢や立場にふさわしい上品な装いを心がける必要があります。そのためには、自分に似合い、会場や季節、立場に合った服装を選ぶことが重要です。しかしながら、「どのような服装を選べば良いか分からない」という方も多いでしょう。そんな方は、ぜひ本記事をご覧になってください。きっと悩みが解決するはずです。

例えば、友人の結婚式では華やかなドレスを、親族の結婚式では上品なスーツやワンピースを選ぶとよいでしょう。特に50代女性には、体型をカバーできるロングドレスやジャケットとスカートのセットアップがおすすめです。素材はシフォンやレースなど、女性らしいものを選ぶと良いです。色は黒やネイビーなどの落ち着いたカラーを基本に、季節に応じた色も取り入れられますが、明るすぎる色や派手な柄は避けましょう。

アクセサリーは控えめなものを選び、全体のバランスを取ることが大切です。例えば、パールネックレスやシンプルなイヤリングは上品な印象を与えます。また、肌の露出は控えめにし、ノースリーブのドレスにはボレロやストールで肩をカバーする工夫をしましょう。

このように、本記事では、50代女性の結婚式の服装選びのポイントやドレスの選び方について一つずつ丁寧に解説していきます。ぜひ本記事を参考に、新郎新婦の門出を美しい装いで祝い、素敵な一日を過ごしてくださいね。

\訪問着選びなら、迷わずゆめやで。プロのアドバイスであなたにぴったりの一着を見つけよう!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

50代女性の結婚式服装の選び方の基本

結婚式のマナーを理解する

結婚式は、特別な気持ちで参列される方が多いものです。50代女性として招待される立場での服装選びは、華やかさを演出するだけでなく、マナーも重視したいところです。以下、基本的なポイントについて紹介します。

色の選び方

結婚式では、主役である新郎新婦を尊重し、適切な色のドレスやワンピースを選ぶことが大切です。例えば、新郎新婦より目立ってしまうようなカラーや、花嫁と見間違うような白は避け、ネイビーやベージュなど落ち着いたカラーを選ぶと良いでしょう。

丈とデザイン

ロング丈のドレスやスカートは、フォーマルな場にふさわしいです。また、体型をカバーするデザインや素材選びも重要です。例えば、シフォンやレースが使われているドレスは、エレガントな印象を与えます。

アクセサリーと小物

上品なパールネックレスや小ぶりで美しいパーティバッグなどを用いて、過剰にならない範囲で華を添えましょう。靴選びも忘れずに。服装にマッチするパンプスを選びましょう。

季節と会場のチェック

夏には涼やかな素材、冬には温かみのある素材を選ぶと、季節感を楽しむことができます。会場が和装を前提としている場合や、特定のテーマがある場合は、その情報を事前にチェックし、服装に反映させるよう心がけましょう。

結婚式は、親族や友人としての立場、自分自身の年齢などさまざまな要素が絡む場です。それぞれのシーンに応じたおしゃれを楽しんで、新郎新婦のお祝いに華を添える存在となれるよう、服装選びに気を付けることが大切です。

50代の女性が結婚式に参列する際の服装選びには、このようなマナーが求められます。大人の女性らしく品のある装いで、素敵な一日を過ごせるようにしましょう。

50代の体型をカバーする服装選びのポイント

50代女性が結婚式などのフォーマルな場に招待される際に、自身の体型を美しく見せる工夫は大切です。以下に、体型をカバーする服装選びのポイントを紹介します。

シルエットの選び方

ドレスやワンピースを選ぶ際は、シルエットに注目しましょう。例えば、Aラインのドレスは、ウエストからフレアに広がるデザインで、体型カバーに効果的です。また、ジャケットのセットアップも体型カバーがしやすいです。

素材とデザイン

シフォンなど、やわらかい素材のドレスは、体のラインをすっきりと見せる効果があります。また、総レースや刺繍などのデザインは、上品な印象を演出します。

色と柄の選び方

落ち着いた色合いのドレスは体型を引き締めて見せる効果があり、スタイルアップさせてくれます。小さな花柄などの柄は、上品な印象を与えられます。

適切なサイズ選び

着る服が大きいと、余計に体型を大きく見せてしまうことがあるため、ぴったりとしたサイズを選びましょう。最近はサイズが豊富な商品も増えているので、しっかりとした採寸で、自分に合うものを選ぶよう心がけましょう。

アクセサリーと小物のコーディネート

エレガントなパールネックレスやシンプルなブレスレットなどの小物使いで、全体のバランスを整えます。靴とバッグも服装に合わせて選びましょう。上手に小物を選ぶと、装い全体に統一感が出て、よりすっきりとした印象になります。

50代の女性が結婚式などにお呼ばれした際の服装選びは、自分の体型を素敵に見せる工夫も大切です。適切なシルエット、デザイン、色、小物使いを心がければ、どのような体型でも素敵な装いができますよ。

美しい服装で自信を持ち、結婚式をより楽しみましょう。

上品なコーディネートの秘訣

50代女性が結婚式やパーティーに出席する際は、上品なコーディネートをすることがおすすめです。ですが、「上品」と言われても何を着ればいいのか迷ってしまう方も多いかもしれません。そこで、上品なコーディネートの秘訣をご紹介します。

落ち着いたカラー選び

ネイビー、ベージュ、グレーなど、落ち着いたカラーは、上品さを演出します。派手すぎず、品のある色を選ぶことで、大人の女性らしい雰囲気を醸し出すことができます。

素材感とデザイン

シルクやシフォンなど上質な素材を選び、レースやリボンなどの女性らしいデザインも取り入れると良いでしょう。また、羽織ものとしてショールやボレロを合わせると、肌の露出を抑えられエレガントな印象になります。

丈とシルエット

丈は膝が隠れる長さが無難です。シルエットに関しては、体型をきれいに見せるAラインやストレートラインがおすすめです。

アクセサリーのコーディネート

パールやシルバーのアクセサリーは品を添えてくれます。派手すぎず、控えめに品のあるアイテムを選ぶとバランスの取れたコーディネートになります。

バッグと靴の選び方

バッグと靴もコーディネートに欠かせないアイテムです。素材や色が揃っていると、全体の統一感が出て、洗練されたスタイルに仕上がります。

シーズンに合った選び方

季節に応じて素材や色を選ぶことも重要です。夏は涼しげなシフォン、冬は温かみのある素材を選ぶなど、季節感を楽しむのも上品なコーディネートの秘訣です。

オールシーズン対応のアイテム

透け感のあるストールやシンプルなパンプスなど、オールシーズン使えるアイテムも持っていると、コーディネートの幅が広がります。

結婚式やお呼ばれのシーンでのドレスアップは、楽しみの一つです。品格を保ちつつ、自分らしいスタイルを楽しんでください。

アンティークきものレンタル ゆめや は、アンティークの着物や、草履・バッグなどの和装小物を取り扱うレンタルショップですが、ゆめやのバッグは意外とドレスにも似合います。日本のアンティークビーズは光の加減で七色に見えるほどの深い輝きを放っていて、芸術品のような佇まいです。ちょっと覗いてみてください。

\TPOに合わせた理想の訪問着が必ず見つかる!豊富な品揃えと安心のサポートで特別な日を。/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

50代女性向けのおすすめドレススタイル

人気のワンピース&フォーマルドレス

50代女性が結婚式やパーティーへ出席する際の服装選びは、時に悩むことがあるかもしれませんね。そんな時に最も人気なのが、ワンピースやフォーマルドレスです。落ち着いた色合いと上品なデザインが特徴で、素材にもこだわりが感じられます。

例えば、シフォンのワンピースは軽やかで、動きやすく、フォーマルな場でも映える一着です。シフォンの流れるようなラインは、体型カバーにもなり、女性らしさを引き立てます。
また、50代の母親や、叔母として姪・甥の結婚式に参列する際は、ロング丈のフォーマルドレスが格式ある装いとして最適です。ネイビーやベージュなどの落ち着いたカラーを選ぶと、上質な品格を感じられます。

レースや刺繍のデザインは、大人の女性の美しい雰囲気を引き出し、同時に華やかさもプラスします。素敵なアクセサリーや小物とのコーディネートも忘れずに。パールネックレスやシャンタンのバッグなどを合わせれば、さらに品のある着こなしになります。

サイズや袖の長さの選び方

50代女性がドレスを選ぶ際のポイントは、サイズと袖の長さです。まずサイズは、体型に合ったものを選ぶことが重要です。きつすぎず、ゆったりとした着心地がおすすめですが、大きすぎるとだらしなく見えることも。上品なラインを意識しましょう。

袖の長さも、季節やシーンに応じて選ぶことが大切です。夏の結婚式では、涼しげな半袖やノースリーブが良いでしょう。冬のフォーマルな場では、長袖や羽織ものが適切です。

また、50代女性は肌の露出を控えめにしたい方も多いかと思います。そういった場合には、ボレロやショールなどの小物も活用しましょう。

このように、自分の体型や、参列する結婚式やパーティーの季節やシーンに合わせて、ドレスのサイズや袖の長さを選ぶことが大切です。

上品なフォーマルスーツやパンツスタイル

最近の結婚式やフォーマルな場では、ドレスだけでなく、スーツやパンツスタイルも増えてきています。特に50代以上の女性には、ジャケットとパンツのセットアップなども人気です。

スーツの場合は、上品なブラックやネイビー、グレーなどの色合いが無難です。ただし、ブラックフォーマルは喪服に見えることがあるため、小物で華やかさを取り入れるなどの工夫をするか、結婚式では避けた方が無難でしょう。

素材選びもこだわりたいポイントです。シャンタンやジャガードなど、上質で光沢のある素材で高級感を演出しましょう。

パンツスタイルの場合は、すっきりとしたシルエットが美しい印象を与えます。足元は、落ち着いたカラーのエレガントなパンプスにすると、全体のバランスが取れます。

40代・60代との違いとは?

50代女性のドレススタイルは、40代や60代とは少し異なるポイントがあります。40代の方が求めるのは、トレンドを取り入れた華やかなスタイルかもしれません。一方、60代の方は、格式を重視した落ち着いた装いが多いでしょう。

50代女性は、これらの中間に位置します。若々しさを保ちつつ、落ち着きと品格を感じさせるスタイルがおすすめです。流行にとわわれず、自分らしい装いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

例えば、結婚式や二次会などの場で、シンプルなワンピースにエレガントなジャケットを羽織ると、上品で大人っぽい印象に。アクセサリーやバッグの色使いにも工夫を凝らし、年齢を感じさせない洗練されたスタイルを目指しましょう。

以上、50代女性向けのドレススタイルについてご紹介しました。年齢に合った美しい着こなしを楽しみ、パーティーや結婚式などで自信を持って楽しんでくださいね。

\訪問着選びなら、迷わずゆめやで。プロのアドバイスであなたにぴったりの一着を見つけよう!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

立場別での結婚式服装

親族や母親としてのスタイル

結婚式の場において、親族や母親としての服装選びはたいへん重要なポイントです。特に50代女性の方には、上品さと品格を兼ね備えたスタイルが求められます。

結婚式で新郎新婦の母親や親戚として参列する方におすすめなのが、留袖です。既婚女性の第一礼装で、格式高く上品な装いができます。結婚式に来てくださったゲストに対し、敬意と感謝の気持ちを表すことができます。留袖は黒地に金や銀、鶴などの吉祥文様が映え、お祝いの席にぴったりです。

帯は袋帯を選び、柄は着物に合わせつつ慶びの席にふさわしいものにし、帯は「良いことが重なるように」という願いのこもった二重太鼓を結びましょう。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物を取り扱うレンタルショップです。とくに婚礼には力を入れていて、お母さまやお祖母さま、ご姉妹さまにおすすめの黒留袖や色留袖、ご友人さまやご親族さまにおすすめの訪問着など、たくさん取り揃えています。

着物を選んでいただくだけで、帯・バッグ・草履をはじめ、着物に必要な小物はフルセットでお届けします。コーディネートは熟練のゆめやスタッフに、安心しておまかせください。

お母さまにおすすめの留袖をご紹介しましょう。「色とりどりの鶴舞う黒留袖」は、朝日に輝く赤い鶴、流水の青、梅の白、笹の金茶、それぞれが光り輝き、明るい門出を祝うかのような大正時代のアンティーク五つ紋付黒留袖です。手描き、手刺繍のたいへん豪華な一着です。

お呼ばれや叔母としてのドレスコーディネート

結婚式にお呼ばれした際や、叔母として出席する際のドレスコーディネートも、50代の女性にとって楽しいものです。フォーマルな場である結婚式では、品のある装いが求められますが、同時におしゃれも大切にしたいものです。

おすすめは、シンプルなデザインのワンピースに華やかなジャケットやボレロを合わせるスタイルです。素材はシフォンやシルクのものを選ぶと、上品な印象を与えてくれますよ。小物選びでは、パールやシルバーのアクセサリーを取り入れ、エレガントな印象を強調します。

カラー選びは大人の女性に似合うベージュやネイビーが基本ですが、少し明るく華やかな色味のブラウスやスカートを取り入れてみるのもおしゃれです。

また、何よりも大切なのは、自分の体型に合った服装です。体型カバーができるデザインや丈を選ぶことも気を付けましょう。さまざまなサイズの商品が用意されている専門店での購入がおすすめです。

ゆめやの訪問着も見ていただけますか? 「紅藤色と瑠璃色グラデーションの辻が花の訪問着」は、どのように格式の高い結婚式場でも、見劣りすることのない訪問着です。辻が花染めのたいへん手の込んだ作りで、色合いは甘辛ミックス。50代女性にこそ着ていただきたい逸品です。

二次会や披露宴での服装

二次会や披露宴の服装は、少しカジュアルな雰囲気もあるため、選択の幅が広がります。

友人や姪、甥からの招待なら、パーティードレスやパンツスーツのコーディネートも素敵です。ブラックフォーマルは避け、カラフルで華やかなカラーを取り入れると良いでしょう。また、花柄など柄の入ったデザインもおしゃれで、パーティーにぴったりです。

シフォンやレースなど軽やかな素材のショールやストールの使用もおすすめです。肌の露出を控えめにしつつ、エレガントな印象を加えることができます。また、季節感を取り入れた小物選びも忘れずに。夏なら軽やかな素材、冬なら温かみのある素材を選ぶと、より一層素敵な装いに仕上がります。

どのような立場であれ、結婚式の服装選びは、自分らしさを表現する楽しい時間です。2023年の最新トレンドを取り入れつつ、上品で品のあるスタイルを心がけてみてください。最適なアイテムを選ぶために、信頼できる専門店のサイトを参考にするのも良い方法です。

ここまで、結婚式の立場別の服装についての紹介でした。

\TPOに合わせた理想の訪問着が必ず見つかる!豊富な品揃えと安心のサポートで特別な日を。/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

季節別の結婚式服装のポイント

春・夏の涼しげなドレススタイル

春夏の結婚式では、気温が高くなる季節特有の華やかさと涼しげな装いを心掛けると良いでしょう。
まずは、素材選びが大切。シフォンのような軽やかで透け感のある素材は春夏にぴったりです。特に50代女性におすすめなのが、フレアワンピースにパールネックレスを合わせたエレガントなスタイルです。袖付きのデザインなら、肌の露出を控えて、上品な印象を演出できます。また、ジャケットやボレロを羽織ると、体型カバーになるのでおすすめです。

人気のある色は、春は桜のようなピンクやグリーン、夏は爽やかなブルーやベージュです。コーディネートでその季節らしい色合いを楽しむのも素敵ですよ。靴は軽やかな印象のものを選びましょう。ただ、オープントゥのものは結婚式にはカジュアルすぎる上に縁起が悪いと言われているので、選ばないように注意してくださいね。バッグはシンプルなクラッチバッグで、全体のコーディネートを引き締めましょう。

秋・冬の暖かいコーディネート

寒い季節の結婚式。秋冬の結婚式服装は、温かみのある素材と色で、上品にまとめるのがポイントです。

例えば、シックなブラックのドレスに、グレーのエレガントなショールを合わせるのはいかがでしょう。素材はウールやカシミヤが暖かく、高級感もあります。また、金やシルバーの刺繍を入れると、より華やかな印象に。

足元はクローズドトゥのパンプスで、バッグはシックなカラーで高級感のあるものを選べば、秋冬らしさが楽しめます。

母親や叔母など新郎新婦の親族の方は、フォーマルスーツや着物の留袖も素敵ですね。和装は格式があるため、披露宴での立場を意識したいときにふさわしい選択です。

ゆめやでは、花嫁さまと留袖のセット留袖と訪問着や振袖のセット留袖と羽織袴のセットなど、ご家族やご親族でまとめてお得にレンタルしていただけるセットをご用意しています。1着ずつレンタルなさるよりもずいぶんお得ですので、和装の方はまとめてどうぞ。

各季節のNGな服装とは?

結婚式での服装選びは楽しいもの。しかし、季節に応じたマナーも忘れないようにしましょう。

春夏には薄着になりがちですが、肌の露出が過ぎないよう注意が必要です。例えば、ノースリーブのドレスはショールで上品にカバーしましょう。

また、冬は厚着しすぎてしまうことも。こちらもバランスが大切で、必要以上に厚着するのは避けたいところです。

全体的に言えることは、派手すぎる色や大きな柄、露出の多い服装は避けるように心掛けましょう。新郎新婦に失礼に当たらないよう、品のある素材やデザインを選ぶことが大切です。

季節ごとのコーディネートを楽しんで、素敵な結婚式に参列したいですね。。最近のトレンドも取り入れつつ、自分らしいスタイルでお祝いの席を楽しみましょう。

\訪問着選びなら、迷わずゆめやで。プロのアドバイスであなたにぴったりの一着を見つけよう!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

まとめ

50代女性が結婚式で輝くための服装のポイント

結婚式は、新郎新婦をはじめ、参列者全員にとって特別な日です。お祝いの気持ちや敬意を表せる装いをしましょう。50代の女性が結婚式にお呼ばれした際の服装の選び方をまとめます。

上品なドレス選び

50代の女性が結婚式に参列する際は、ドレスの選び方が大切です。長さ、色、デザインなど、さまざまな要素を考慮する必要があります。ロングのワンピースやフォーマルドレスが人気です。シフォンやレースの素材のものは、エレガントで上品な印象です。ただし、肌の露出は控えめにし、膝下の丈を選ぶことがマナーとされています。

スーツやパンツスーツの選び方

ドレスではなく、スーツやパンツスーツを選ぶ方も増えてきました。ジャケットとスカート、もしくはパンツのセットアップは、品のある大人の女性らしいスタイルを演出してくれます。特にネイビーやグレー、ベージュなどの落ち着いたカラーは、50代の女性によく似合います。また、シンプルなデザインのものを選ぶことで、さらに上品な印象になります。

アクセサリーや小物のコーディネート

服装だけでなく、アクセサリーや小物の選び方もポイントです。例えば、パールネックレスやシンプルなピアスは、洗練された大人の雰囲気を演出してくれます。また、シフォンやレースのショール、ボレロを羽織ることで、華やかさをプラスすることができます。バッグや靴も、落ち着いた色合いとデザインのものを選ぶと、全体のバランスがよくなります。

体型カバーのポイント

50代の女性は、若い頃とは異なる体型の変化に気を付けながら、服装を選ぶことが大切です。例えば、ウエストが気になる方は、ウエストマークのデザインや、フレアスカートがおすすめです。また、腕が気になる方は、長袖や5分袖のドレスやスーツを選ぶと良いでしょう。

最後に

結婚式に参列する際に、50代の女性が気を付けるべき服装のポイントをご紹介しました。上品で落ち着いた雰囲気の中に、少しの華やかさを取り入れるのがおすすめです。マナーを守ってお祝いの気持ちを示しながらおしゃれな装いを楽しみ、素敵な一日を過ごしてください。

\TPOに合わせた理想の訪問着が必ず見つかる!豊富な品揃えと安心のサポートで特別な日を。/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

赤地に雲取、花薬玉の小振袖【hak17】

【小学生の親御さん必見】小学校卒業式での袴選びとレンタル活用法

はじめに 小学生の卒業式は、一生の思い出に残る大切なイベントです。特に女の子にとっては、袴を着て華やかに装うことが楽しみの一つとなっています。しかし、初めての袴レンタルには多くの疑問や不安がつきものです。本記事では、小学 […]

ひとつ前の記事

着物お手入れイメージ

【プロが監修】着物染み抜きの秘訣:簡単&効果的な方法

はじめに 着物を長く愛用するためには、綺麗な状態で保ち続けることが重要です。何十年と親の世代やその上の世代から引き継ぎ、長く着ることのできる着物ですので、大切にしたいものです。ただ、着物を着用する上で避けられない問題があ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!