お宮参りイメージ

【2024年版】お宮参りの母親必見!着物のレンタルと着付けガイド

はじめに

お宮参りは、赤ちゃんが初めて社会に紹介される重要な節目であり、家族にとって忘れられない一日となります。この伝統的な行事では、赤ちゃんの健康と将来の幸福を願いながら、家族の絆も深まります

特に母親の装いは、その日の華やかさを象徴し、写真に残る大切な思い出を彩ります。着物は日本の美を最も象徴する衣装の一つであり、お宮参りで母親が着用する着物は、家族の誇りと喜びを表現します。しかし、着物選びからレンタルサービスの選び方、着付けに至るまで、準備には多くの疑問と不安がつきものです。

この記事では、お宮参りにおける母親の着物に焦点を当て、その選び方からレンタルのメリット、着付けのコツ、当日の流れまで、実用的な情報をご紹介します。また、着物スタイルを引き立てるアクセサリーの選び方も紹介し、この特別な日をさらに美しく、思い出深いものにするためのヒントをお伝えします。

お宮参りの母親向け着物をレンタルで

お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を祈願し、社会に紹介する特別な日です。この日、母親が身に纏う着物は、祝福の気持ちを表現し、家族の記念写真にも華を添えます。しかし、着物選びからレンタルのプロセス、さらには着付けに至るまで、特に着物に不慣れな方にとっては、どう準備を進めればよいのか悩ましい問題です。

この章では、母親のためのお宮参り着物をレンタルする際のポイントを明確にし、レンタルサービスのメリットについて見ていきます。また、お宮参りの準備をスムーズに進めるために、着物レンタルサービスの料金体系やセット内容についても具体的に説明します。

レンタルで解決!お宮参りの日の母親服装の悩み

お宮参りでの母親の服装選びは、その日の思い出を左右する重要な要素です。高価な着物を購入する代わりに、レンタルサービスを利用するメリットは多岐にわたります。

最大の魅力は、一流品質の着物を手頃な価格でレンタルできること。また、レンタルセットには、帯や草履、バッグなどの小物が一式揃っているため、別途準備する必要がありません。

忙しい中でも、着物レンタルサービスを活用することで、母親自身の準備の手間を大幅に軽減できます。加えて、多くのレンタルショップでは、プロによる着付けサービスやヘアセットも提供しており、初めての方でも安心して当日を迎えられます

着物レンタルサービスの料金とセット内容について

着物レンタルサービスの料金は、セット内容やレンタル期間、着物の種類によって大きく異なります。通常、お宮参り用の着物レンタル料金は数千円から数万円と幅広く、詳細はレンタルショップのプランによります

基本的なレンタルセットには、着物、帯、草履、バッグに加え、着付け小物一式が含まれていますが、店舗によっては授乳に配慮したデザインの着物や、記念撮影用アクセサリー、ヘアセットサービスなど、付加価値を提供するところもあります。

選択する際は、セット内容を詳細に確認し、追加で必要なアイテムがないかをチェックすることが肝心です。予算に応じた最適なプランを選ぶためにも、事前の情報収集と比較検討が重要となります。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な着物をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。

お宮参りで母親が輝く着物の選び方

お宮参りは、赤ちゃんと家族にとって忘れられない一日です。この日、母親が身に纏う着物は、特別な意味を持ち、家族の未来への願いを象徴する大切な役割を果たします。母親の着物選びは、この記念日をより印象的にするために重要な要素です。

ここでは、一般的にお宮参りにおける母親の服装として選ばれる、色無地と訪問着の選び方から、祝着としての着物の色と柄に至るまで、母親がお宮参りでどのように輝くかを詳しくご紹介します。

色無地と訪問着の違いとは?

色無地と訪問着は、ともに準礼装としてお宮参りに適した着物の二大選択肢です。

  • 色無地: 色無地は無地の着物で、一色でまとめられ、シンプルで上品な印象を与えます。これは控えめながらも格式のある場での着用に適しており、アクセサリーや帯の選択により、さまざまな表情を見せることができます。
  • 訪問着: 訪問着は、色留袖に次ぐ格の準礼装で、裾に加えて、胸・肩・袖に柄が施されています。色無地に比べるとより華やかな着物で、お宮参りのような祝い事にも適しています。

左が色無地、右が訪問着です。

母親が色無地または訪問着を選ぶ際は、その日の雰囲気や、家族の衣装とのバランス、個人の好みを考慮することが重要です。

祝着としての着物:家族を想う色と柄の選定

母親がお宮参りで着用する着物を選ぶ際、暖色系の色、特に赤やピンクは、赤ちゃんの健やかな成長と明るい未来を願う伝統的な選択とされています。実際、母親が赤やピンクを着用することは、祝福と喜びの気持ちを表現する素晴らしい方法です。これらの色は、赤ちゃんの元気と幸せを願う家族の愛情を象徴し、お宮参りの写真を通じてその願いを後世に伝えることができます。

また、桜や松といった吉祥柄は、子供の成長や家族の幸福を象徴しており、母親の着物に取り入れることで、一層の意味を加えることができます。これらの柄を選ぶことで、着物はただの衣装ではなく、家族の希望と願いを込めたシンボルとなります。

母親の着物の色や柄の選び方は、この大切な日の記憶を美しく彩り、家族の未来への願いを表現する手段であるということを理解しておきましょう。

松井青々作、花車の手描き友禅訪問着」上品なピーチ色の地に、華やかな花車を描いた現代物の訪問着です。カメラのレンズを通しても映えるデザインにより、思い出深いお宮参りのひと時をカタチに残していただけます。

アイボリーに大きな鈴と草花の一つ紋付訪問着」金色で小菊やリンドウを表したアイボリー色の地に、大きく鈴を描いた訪問着です。重ね衿・帯揚げ・帯締めを赤色でまとめて、コントラストを利かせました。橙色に鈴や桜を手刺繍した帯を合わせて、色柄の統一感を大切にしています。

薄紅色に雪輪、菊、松の訪問着」地紋が浮かぶ光沢のある綸子地に雪輪や菊、小花を描いた訪問着です。随所に金駒刺繍や手刺繍が施された、精緻な手仕事が輝く一枚。はんなりとした色柄により、幅広い年齢にお召しいただけます。

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着」ぼかしを入れたブルーグレー色の地に、流れる小花を描いた手描き友禅の訪問着です。落ち着きのあるエレガントな色柄で、気品のある着姿を叶えます。現代の方に合うサイズに仕立てているため、背が高い方も安心してお召しいただけます。

母親のためのお宮参り着物の着付け入門

この章では、お宮参りに着物を着ていく母親のための、着物の着付け方について基本的な流れを解説していきます。

着付けの前に:足袋の選び方と着用方法

着物姿を完成させるためには、足袋の選び方と着用方法も重要です。足袋は着物の色や柄に合わせて選び、清潔感のある白色を選ぶのが一般的です。サイズは足のサイズに合わせて選び、足袋が足にぴったりとフィットすることが大切です。

足袋を履く際は、足袋の口を広げ、足をしっかりと入れてからかかとを合わせます。そして、足袋の紐をしっかりと結び、快適に歩けるように調整します。

着付けの基本:肌着から始める一連の流れ

着物の着付けは、適切な手順に従って丁寧に行うことで、美しい仕上がりを実現できます。初めての方でも分かりやすいように、基本的な流れを細かく解説します。お宮参りでは、母親が着物を着用することで、特別な日の装いとして家族の記念に残るため、正しい着付け方を学ぶことが大切です。

  1. 足袋と肌着の着用: 着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。これらの肌着は肌に直接触れるものなので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。肌着は着物のシルエットを美しく見せるためにも必要です。
  2. 体型の補正: 必ずしも必要ではありませんが、タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用: 長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。長襦袢には色や柄が付いているものもあり、袖口や振りからチラリと見せることによって、おしゃれ感をアップさせることができます。
  4. 着物の着用: 長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。さらに、衿元を整えましょう。女性の場合、首筋が美しく見えるように拳一つ分くらい、衿を少し後ろに引くのが一般的です。
  5. 帯の締め方: 帯を着物の腰部分に巻きつけ、一度しっかりと結びます。その後、帯を美しく整え、帯結び(お太鼓結びなど)をします。帯締めを使用して帯がずれないように固定し、全体のバランスを整えます
  6. 最終的な調整: 着物と帯の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。衿元や裾の長さなど、細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行います。

着物の着付けは慣れが必要ですが、一歩ずつ丁寧に進めることで、誰でも美しい着姿を完成させることができます。

このように、お宮参りの着物着付けは、肌着選びから始まり、足袋の選び方と着用方法に至るまで、一連の流れがあります。これらのステップをひとつひとつ丁寧に行うことで、母親はお宮参りの日を美しく、そして快適に過ごすことができます。

帯の締め方と美しいシルエットの作り方

お宮参りの日に母親が着物を着用する際、帯の締め方は着姿の印象を大きく左右します。帯は着物の中心的なアクセントとなるため、その締め方には特に注意を払う必要があります。この章では、帯の基本的な締め方から、美しいシルエットを作るためのポイントまでを解説します。

帯の基本的な締め方

帯を締める際の基本的な手順は以下の通りです。

  1. 帯を準備する: 帯を広げ、しわがないか確認します。帯の長さを調整し、体に巻き付ける準備をします。
  2. 帯を体に巻きつける: 帯の「て先」を肩にかけ、先端が伊達締めの下あたりに来るように位置を決め、胴に一周巻きます。続いて、肩にかけていた「て先」を外し、帯板を当て、さらにひと巻きします。
  3. たれを折り上げる: 仮紐やクリップなどを使って、帯のたれを折り上げましょう。
  4. 帯結びを行う: お太鼓結びや文庫結びなど、希望やシーンに合わせた帯結びをします。初心者の場合は、簡単な結び方から始めると良いでしょう。
  5. 帯揚げと帯締めを使う: 必ずしも必要ではありませんが、帯を結ぶ際には、帯揚げまたは帯締めも着用してみましょう。帯揚げは帯の上からチラリと見える色柄が装いのアクセントになります。帯締めは、帯揚げ同様、装いのアクセントになることに加えて、帯がずれるのを防ぎ、整った形を保つことにも役立ちます。

美しいシルエットを作るポイント

帯の締め方には、美しいシルエットを作るためのいくつかのポイントがあります。

  • 腰回りの調整: 帯を締める前に、着物の腰回りを整え、余分な布を抑えます。これにより、ふくらはぎまでのラインが美しく見えます。
  • 帯の高さと位置: 帯の位置は、身長や体型によって調整します。一般的には、胸の下から腰にかけての位置がバランス良く見えます。
  • 帯結びの形: 帯結びの形や大きさを工夫することで、着姿に変化をつけることができます。体型に合わせて最も似合う帯結びを選びましょう。

これらのポイントを意識することで、母親はお宮参りの日に美しい着物姿を完成させることができます。帯の締め方一つで全体の雰囲気が変わるため、美しいシルエット作りには帯の扱いが鍵となります。

着物レンタルサービス利用時のトラブル回避と対処法

着物のレンタルサービスを利用する際には、事前の準備と知識がトラブルを未然に防ぎ、お宮参りの日をスムーズに過ごすための鍵となります。特に初めて着物のレンタルサービスを利用する場合、予期せぬ問題が発生する可能性があります。この章では、レンタルサービスを利用する際に気をつけるべきポイントと、当日に起こり得るトラブルに対処する方法を詳しく解説します。

着物のレンタルで気をつけるべきポイント

レンタルサービスで着物を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • サイズの確認: 自分の身長や体型に合った着物を選ぶことが重要です。事前に自分のサイズを正確に測っておき、レンタル店に相談して最適な着物を選びましょう。できれば試着をすることで、より自分にあった着物を選択することをおすすめします。
  • 状態のチェック: 着物や小物が清潔で、破損や汚れがないかを受け取り時に確認します。万が一、問題があればすぐにレンタル店に報告してください。
  • 返却条件の理解: レンタル契約をする前に、返却に関する条件や期限、追加料金が発生する可能性について理解しておきましょう。

当日のトラブルシューティング

お宮参りの日にレンタルした着物を着て起こり得るトラブルには、以下のようなものがあります。

  • 着崩れ: 着物や帯が着崩れる場合は、事前に練習しておくことで対処できます。また、小さな安全ピンや着付けテープを用意しておくと、緊急時に役立ちます。
  • 汚れやシミ: 食事中に飲食物をこぼしてしまった場合は、できるだけ早く対処することが大切です。携帯用のシミ抜きシートやウェットティッシュを持参すると便利です。大きく汚損してしまった場合は、早めにレンタル店に相談しましょう。
  • 忘れ物: 小物を忘れてしまった場合は、レンタル店が近くにあれば追加で借りることができるかもしれません。また、事前に必要なもののリストを作成し、当日の準備時に確認することで忘れ物を防げます。

レンタルした着物を着用する際には、これらの対策を講じることで、多くのトラブルを避けることが可能です。万全の準備をして、お宮参りを安心して迎えましょう。

お宮参り当日の準備チェックリスト

お宮参りは、赤ちゃんの初めての大きな行事として、家族にとって大切な一日です。この特別な日を迎えるにあたり、母親として準備すべきことが数多くあります。特に、レンタル着物を利用する場合、当日までに準備しておくべき小物や、前夜に確認しておくべき事項があります。ここでは、お宮参り当日を迎えるためのチェックリストをご紹介します。

母親の着物に必要な小物一覧

母親の着物姿を完璧にするためには、以下の小物が必要です。これらを事前に準備しておくことで、当日の準備が楽になります。

  • 肌着(襦袢): 着物の下に着る肌着です。肌触りが良く、汗を吸収するものを選びましょう。
  • 裾除け: 着物と直接肌が触れないようにするための下着です。着崩れを防ぎます。
  • 長襦袢: 肌着と着物の間に着る下着です。肌と着物が直接触れることを防ぐのに加え、袖口や振りからチラリと見せることで、装いのアクセントにもなります。
  • 腰紐(こしひも): 着物の形を整えるために腰に巻く紐です。数本準備しておくと便利です。
  • : 着物を固定するための帯です。着物の色や柄に合わせて選びましょう。
  • 帯枕: 帯結びの形をきれいに保つための枕です。
  • 帯揚げ: 帯枕を包んで隠し、帯の形を整えるために使われます。帯の上からチラリと見えることでさりげないおしゃれを演出します。
  • 帯締め: 帯を固定し、装いを引き締めるアイテムです。
  • 足袋: 着物に合わせて履く靴下です。
  • 草履(ぞうり): 着物に合わせるための履物です。履き心地が良く疲れにくいものを選びましょう。

これらの小物を揃えることで、着物姿を美しく保つことができます。

お宮参り前夜:準備と心構え

お宮参りの前夜は、次の日の準備を整え、心の準備をする大切な時間です。

  • 着物と小物の最終チェック: 必要な小物がすべて揃っているか、着物にしわや汚れがないかを確認します。
  • アクセサリーの準備: 着物に合わせるアクセサリーを選び、準備しておきます。
  • 着付けの予習: もし自分で着付けをする場合は、着付けの手順を再確認し、必要に応じて練習しておくと良いでしょう。
  • 心の準備: 特別な日を迎える心構えを整えます。落ち着いて当日を迎えるために、早めに就寝することも大切です。

これらの準備と心構えを整えることで、お宮参り当日をよりスムーズに、そして心穏やかに過ごすことができます。特に、着物や小物は、前夜にしっかりと準備しておくことで、当日の朝に慌てることなく準備を進めることが可能となります。

また、着付けの手順に不安がある場合は、解説動画や着付けのガイドブックを参照することも一つの方法です。これにより、当日の着付けに自信を持つことができるでしょう。

最後に、万が一に備えて、小さな修正や調整ができるアイテム(安全ピンや小さなハサミ、着付けテープなど)を準備しておくと良いでしょう。これらは、着崩れや小さなトラブルに迅速に対応するために役立ちます。また、心穏やかに当日を迎えるために、事前に準備したチェックリストを見直すことも忘れずに行いましょう。

まとめ

お宮参りは、赤ちゃんがこの世に生まれて初めて社会に紹介される大切な日です。この特別な機会に、母親が着物を着用することは、伝統を尊重し、家族の絆を深める美しい方法です。本記事では、お宮参りに向けての着物の選び方から着付け、着物のレンタルサービスの利用方法に至るまで、幅広い情報をご紹介しました。ここで学んだポイントを総まとめし、お宮参りの日を迎えるための準備を確認しましょう。

  • 着物の選び方: お宮参りに適した着物には、色無地や訪問着などがあります。母親の個性や家族の希望に合わせて選びましょう。
  • 着付けのポイント: 着付けは肌着から始め、正しい順序で一つひとつ丁寧に進めることが重要です。特に帯の結び方は、着物姿の印象を大きく左右します。
  • 着物レンタルサービスの活用: 着物のレンタルサービスは、特別な日のための便利で経済的な選択肢です。サイズや状態の確認、試着、返却条件の確認を忘れずに。
  • 当日の準備: 母親の着物に必要な小物を事前にチェックし、お宮参り前夜には準備と心構えを整えましょう。

お宮参りの日は、家族にとって忘れがたい思い出となります。本記事によって、母親が着物を美しく着こなし、赤ちゃんの大切な節目を祝うお手伝いができれば幸いです。準備を万全にして、お宮参りの日を心から楽しみましょう。母親として、そして家族としての絆を深める、価値ある一日となることを心より願っています。

〈参考記事〉
https://ichiru.net/column/omiyamairi-mother-kimono/
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/omiyamairi/column/detail42.html
https://www.studio-mario.jp/event/omiya/article/026/
https://kimono-akinai.com/kituke-obi1/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

苺色の波間を花紋様舞う総絞りの振袖【fui48】

【2024年最新】成人式の振袖を貸衣装サービスで|レンタル完全ガイド

はじめに 成人式は、二十歳を迎えた若者たちにとって、人生の大切な節目となる儀式ですね。初めて振袖を身にまとい、晴れ着姿で新たな一歩を踏み出すその感動的なシーンを、親御さんをはじめ多くの方が心待ちにしていることでしょう。 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!